傷心凉粉
About me
中川正道。四川省公認の四川料理の専門家、麻辣連盟総裁、時色株式会社代表。2002~2006年まで四川省に滞在、四川料理に魅了される。2012年に単身、四川省へ行き、四川の仲間たちと200店舗の四川料理店を食べ歩き「おいしい四川」サイトをリリース。2014年夏に日本初!四川料理食べ歩きガイドブック「涙を流して口から火をふく、四川料理の旅」を出版。2日間で6.5万人を動員した四川フェス主催。得意技は四川料理、デザイン、巻き込み力。


各地方都市にはそれぞれ特色ある料理があり、文化があります。

四川料理は成都、重慶を含めた各地方都市の特色ある料理が組み合わさったもの。

以下、成都郊外のおすすめ料理をまとめました。

【華陽】新鮮すぎ!地鶏は注文後しめる、里芋入り鶏鍋

芋儿焼鶏

“芋儿焼鶏” (yùér shāojī)
里芋と地鶏を煮込んだ鍋料理。味は麻辣。肉は柔らかくとても新鮮、里芋もつるっとしていて味がよく染みこむ。

新鮮すぎ!地鶏は注文後しめる、里芋入り鶏鍋「芋儿焼鶏」

 

【洛帯】客家が生んだ名物四川料理

明朝末期に戦乱を逃れて客家達は四川へやって来ました。

彼らは四川の生活にも慣れ、だんだん飲食、文化、習慣も変わり独自の発展をとげます。

結果、洛帯はオリジナルな名物料理がたくさん生まれました。

 

泣くほど傷つく味!客家が生んだ超激辛の小吃

傷心凉粉

“傷心凉粉” (shāngxīn liángfěn)
原料はエンドウ豆。調味料を十数個混ぜ合わせて作る四川客家料理名物。

口当たりよくつるっと食べれますが、とんでもなく辛い料理。

 

grm01_20_03

“油燙鵝” (yóu tàng é)
かなり複雑な工程ですが、簡単に書くとガチョウを薫製にした後、

漢方入り醤油ダレで煮込み、その後熱した油で油通しを行う料理。

薫製の香りが素晴らしく、味は少し甘い感じ。

食感は弾力があり、完璧。この辺一帯の有名な名物料理。

【動画】大爆発の辛さが脳まで刺激!洛帯の客家が生んだ「傷心涼粉」

 

ここでした食べれない!独自の燻製レシピ「洛帯鴨」

grm01_22_01

“洛帯鴨” (luò dài yā)

油燙鵝と似たような料理。薫製の香りが素晴らしく、食感も弾力があってよい。

お酒のつまみに最適。

【洛帯】独自の燻製レシピ「洛帯鴨」ここでした食べれない!

 

【龍泉】地元の人にきいたおすすめ、山芋と漢方蒸し鶏料理「手撕鶏」

grm01_24_02

“手撕鶏” (shǒu sī jī)
三黄鶏を使用。購入時に手で(ビニール袋のをして)一口サイズに引き裂してくれることから手撕鶏という。

漢方独特の香り、食感もよくあっさりとしたさわやかな味。
※三黄鶏(sān huáng jī)とは「羽、爪、くちばし」が黄色の地鶏。

【龍泉】山芋と漢方蒸し鶏料理「手撕鶏」!地元の人にきいたおすすめ

 

【広漢連山鎮】20cmある巨大回鍋肉をたべる

連山回鍋肉

広漢の連山回鍋肉

回鍋肉の起源は民間の祭祀から来ています。

火を通した豚肉を鬼神、祖先に捧げ、その後、捧げた肉を鍋に入れ炒めて調理する。

それをみんなで食べたのが起源といわれています。

 

大きすぎる!自家製豚で作る伝説の料理「連山回鍋肉」

 

【温江】東坡肉を作った蘇東坡は四川出身!絶品の東坡肘子を食べる

東坡肘子

“東坡肘子” (dōngpō zhǒuzi)
日本でもなじみのあるトンポーロー。中国語で「東坡肉」、もともとは浙江省の料理。

ここ四川では進化し「東坡肘子」となっています。

外はカリ、中はとろっとし、甘辛いソースに覆われた逸品。

想像を絶する肘肉の滑らかさに甘辛いソースがよく合う名品。

 

grm05_25_02

“干煸肘子” (gānbiān zhǒuzi)
インゲンを干煸で炒め肘肉とからめる料理。味は麻辣。

肘肉の表面はカリ、中はトロとしていてパンチのある味付けによく合い美味しい。

 

 

grm05_25_01

“舒肘子” (shū zhǒu zi)
豚の肘肉をとろとろになるまで煮込み、春菊を添えて食べる。

スープには漢方で使われるカルダモンの実が入っていいます、この豆のような実も食べれます

。味はあっさりしているのでタレにつけて食べます。

口の中で肘肉が溶ける、そんな味わいです。

東坡肉を作った蘇東坡は四川出身!絶品の東坡肘子を食べる

【入場無料】四川フェス2019 4.20~21

累計来場者数10万人以上、消費者主導で行う世界最大の四川料理の祭典「四川フェス」を新宿中央公園にて開催決定。日本にいる四川料理シェフ、日本在住の四川料理シェフ、四川省からの有名シェフが集まる四川料理ドリームチームをつくり、最高においしい四川料理でしびれる麻辣革命をおこしましょう!

四川フェス2019

第四弾・麻辣を極める四川省と重慶を食べつくす旅

今回の食べ歩きツアーは重慶市内はもちろんのこと、重慶の東の地区を回ります。例えば重慶大足、璧山、江津、郵亭、荣昌といったエリアです。断言できるのは「こんな地方都市行く人はまずいない」ということ。

そんなドローカルな場所へ大型バスを乗りつけ、1日6食ほど食べ、白酒で祝杯をあげて、楽しむツアーです!詳しくはこちらから!

四川料理超食べ歩きツアー

四川料理情報を発信する無料メルマガ

四川料理の仲間を募集

来場者6.5万人以上!中華一番!極、鈴木亜美さんと激辛コラボ

四川料理フェス

来場者2万人以上!日本初の四川料理の祭典、四川フェス2017

四川料理フェス

麻辣連盟 | 四川料理を愛する仲間たち

四川料理を愛し中華料理が大好き!麻辣党では普段日本で食べられている四川料理ではなく、本場の料理を皆で食べる食事会を中華料理店とコラボして、全国で開催します。食の好奇心に刺激され、まだ見ぬ大陸の味を日本で食しましょう!参加される方は入党ください!

麻辣連盟についてはこちらから

【出版】四川省・成都を中心にした食べ歩き旅行の決定版

SNSでも発信しています!

おいしい四川公式ページ

最新四川料理場はツイッターにて!

取材してきた四川料理画像を公開中

ご案内

人気記事まとめ

  1. 日本炒飯協会がオススメ!横浜で食べてほしいチャーハンベスト5
  2. 花椒でしびれまくるマー活!パクチーを超える次のブームへ
  3. 成都旅行が初めての方!絶対食べるべき5つの四川料理
  4. 一度は行ってみたい!本店「陳麻婆豆腐」100年以上の老舗
  5. 担担麺だけじゃない!世代を超えて愛される四川の麺40選

おいしい四川運営者について

辛い料理と食べ歩きを愛している方に、日本にはない本場の料理を食べるチャンスを提供する「四川料理の専門家・麻辣連盟総裁」の中川正道です
お気軽に友達申請ください。申請時は一言お願いします! facebookを見る


自分の人生を生きる、ワクワクする仕事を

中川正道、1978年島根県生まれ。2012年にドイツへ移住。0からWEBデザインを勉強し、フリーのデザイナーとしてドイツで起業。2017年に日本へ帰国。「人生の時を色どる体験をつくる」をテーマに妻の中川チカと時色 TOKiiRO 株式会社を設立。
民間主導、世界最大の四川料理の祭典「四川フェス」を主催。二日間で6.5万人を動員。四川料理、しびれ、麻辣、マー活ブームに火をつけ中華業界を盛り上げる。三国志、水滸伝などの歴史小説好き。熱いアニメ「宇宙兄弟」が大好き。 https://masamichi-design.com/