アバター
About me
中川正道。四川省公認の四川料理の専門家、麻辣連盟総裁、時色株式会社代表兼デザイナー。2002~2006年まで四川省に滞在、四川料理に魅了される。2012年に単身、四川省へ行き、四川の仲間たちと200店舗の四川料理店を食べ歩き「おいしい四川」サイトをリリース。2014年夏に日本初!四川料理食べ歩きガイドブック「涙を流して口から火をふく、四川料理の旅」を出版。2日間で10万人を動員した四川フェス主催。 これまでの活動が実を結び、2018年のマー活、花椒が話題になる。2019年の麻辣ブームの火付け役。


 

成都女子、成都一大きな烤魚にチャレンジ!

今日は成都で最も大きいと言われる烤魚(カオユィー)が食べれる「李小孬卤煮小龙虾·麻辣烤鱼」へ来ました!

至尊巨無覇烤魚(スーパーメガ盛り焼き魚)を食べる

通常の烤魚とは異なり、豚の脳みそ・車えび・ホルモン(豚の大腸)など、たくさんの具材があり、3~4人分の量を盛り込んでいるらしい…烤魚マニアとしてだいぶ前から気になっていた。早速お店に入ってどれほどのメガ盛りなのか見てみましょう!

 

烤魚を頼んでますが、できるまでは30分かかる模様。その前に、まずおつまみやスイーツを食べてみましょう。

 

大福や「脆炸牛奶」(牛乳のサクサク揚げ)脆炸牛奶はもちもち。銀耳湯の銀耳はとても柔らかく煮られていて、口に入れるとすぐ溶けてしまう。甘さ控え目なのもうれしい。さらに、茹でピーナッツやサービスでもらった小さい油条(中華揚げパン)も美味。

 

たくさんのおつまみで、待ち時間を潰すのは贅沢ですね!ただ、烤魚を食べる前に既にお腹がいっぱいになりそう…

 

30分後、ついに来た至尊巨無覇烤魚

烤魚が来ました!超デカーーい!

目の前にしたら食欲が湧いてきました!ホルモンは事前にスパイスで煮込んであり、さらに烤魚入りのスープでじっくり煮込んでいて味が染み込んで超絶おいしい!

この中にある食材はすべて私の大好物ばかり。今日は絶対ドカ食いの日だ!!!

豚の脳みそは豆腐よりずっと柔らかくて、口当たりもすごくよくてクリーミーで滑らか。

さて、メインの烤魚は超デカい!!そして小骨がない!下も深い…どれくらい大きい魚か分からないですね。最初はそこまで辛くなかったが食べれば食べるほど辛くなってくる料理

 

まるでフランスパンのような油条

店員さんが大きな油条をサービス。これは本当に大きくて、私の腕より長い(笑)

これは普通の油条の3倍くらいの大きさ!烤魚に油条を入れて食べるのがおすすめのようなので、カットして入れてもらいます。

さっそくこちらの揚げたての油条をスープにつけて食べる。これはもうカロリー爆弾(笑)。でも、たくさんの汁をつけて、たっぷりとスープを吸い込んだ油条は最高にうまい!!

 

最後に、至尊巨無覇烤魚を食べる時の注意事項

油条は味が染み込むので、すごく辛い。私は自分が辛さに強い方だと思うけど、私でも本当に辛かった。。染み込んだ油条を食べたら、口に入れるた瞬間、辛さが爆発🔥

頑張ったけど食べきれなかったから、お持ち帰りもできます。

さすがに食べきれませんでした。ボリュームが本当に凄いので、食べに来るなら友達を連れてくるの忘れないでくださいね!

店舗情報

店名:李小孬卤煮小龙虾·麻辣烤鱼
営業時間:11:00- 翌日2:00(年中無休)
住所:成都市高新区世紀城路970号

 

 

金の太陽花椒プロジェクト

最貧困地域だった四川省涼山彝族自治州の金陽県。青花椒の生産がうまくいき、経済も活性化。この奇跡は「涼山に輝く金の太陽」と賞されました。この成果を日本へ持っていき、沢山の人をシビレさせるのが「金の太陽花椒プロジェクト」です。

金の太陽花椒プロジェクト

2021年【麻辣グランプリ】開催!

四川フェススピンオフ企画「本当においしい麻辣商品を決める!」麻辣グランプリを開催します。麺、ラー油、火鍋の素、麻婆豆腐の素、お菓子の部門に分け、販売されている麻辣商品のグランプリを決める祭典。審査はすべて実食。麻辣好きな有識者で行います。

プロ、アマの商品問わず、国境も問いません。我こそは最高の麻辣商品を持っているという個人、法人が対象です。まずはエントリーください!

麻辣グランプリ

6000人が購読!四川料理を愛する仲間募集!四川料理情報を発信する無料メルマガ

四川料理の仲間を募集

【コロナ禍イベント】四川フェス2020@オンライン

四川フェス2020

【2日で10万人来場!】四川フェス2019

四川フェス2019

東京麻辣ストーリー~しびれる恋の行方

四川省成都からきた留学生「小桃(シャオタオ)」、麻婆豆腐好きの日本人大学生そう太。シャツにラー油がついた···から始まる四川料理恋愛ストーリー!

東京麻辣ストーリー

麻辣連盟 | 四川料理を愛する仲間たち

四川料理を愛し中華料理が大好き!麻辣連盟では普段日本で食べられている四川料理ではなく、本場の料理を皆で食べる食事会を中華料理店とコラボして、全国で開催します。食の好奇心に刺激され、まだ見ぬ大陸の味を日本で食しましょう!参加される方は入党ください!

麻辣連盟についてはこちらから

【出版】四川省・成都を中心にした食べ歩き旅行の決定版

涙を流し口から火をふく、四川料理の旅 (KanKanTrip)
中川 正道 張 勇
書肆侃侃房 (2014-08-25)
売り上げランキング: 30,730

SNSでも発信しています!

おいしい四川公式ページ

最新四川料理はツイッターにて!

取材してきた四川料理画像を公開中

ご案内

人気記事まとめ

  1. 日本炒飯協会がオススメ!横浜で食べてほしいチャーハンベスト5
  2. 四川でよく食べるお馴染みの川魚ベスト10
  3. 家に生きたまま天然記念物オオサンショウウオ(養殖)が届く!?焦りまくって火鍋屋へ…広元市青渓古鎮は野生生物の宝庫なんです。
  4. 夏を彩る四川風かき氷 「冰粉(びんふぇん)」 成都と東京のおすすめ人気店を紹介!
  5. 中国人が選ぶ!成都の絶対食べ逃してはいけない美食ベスト31四川料理2018年版

おいしい四川運営者について

辛い料理と食べ歩きを愛している方に、日本にはない本場の料理を食べるチャンスを提供する「四川料理の専門家・麻辣連盟総裁」の中川正道です
お気軽に友達申請ください。申請時は一言お願いします! facebookを見る


世界を遊び場に仕事をつくる

中川正道、1978年島根県生まれ。四川師範大学にて留学。四年間四川省に滞在し、四川料理の魅力にはまる。2012年にドイツへ移住。0からWEBデザインを勉強し、フリーのデザイナーとしてドイツで起業。2017年に日本へ帰国。「人生の時を色どる体験をつくる」をテーマに妻の中川チカと時色 TOKiiRO 株式会社を設立。
四川料理マニアたちがつくる四川料理の祭典「四川フェス」主催。過去動員数累計20万人。四川料理、しびれ、麻辣、マー活ブームに火をつけ中華業界を盛り上げる。