四川フェス2017
About me
中川正道。四川省公認の四川料理の専門家、麻辣連盟総裁、時色株式会社代表。2002~2006年まで四川省に滞在、四川料理に魅了される。2012年に単身、四川省へ行き、四川の仲間たちと200店舗の四川料理店を食べ歩き「おいしい四川」サイトをリリース。2014年夏に日本初!四川料理食べ歩きガイドブック「涙を流して口から火をふく、四川料理の旅」を出版。2日間で6.5万人を動員した四川フェス主催。得意技は四川料理、デザイン、巻き込み力。


 

いよいよ春の祭典、四川フェス2018に向けて動き出します!

 

場所は中野から新宿へ。1日から2日へとさらにパワーアップ。
あの異様な盛り上がり、わけがわからないまま終わった感動をまた味わいましょう!

・場所:新宿中央公園
・日程:2018年4月7日~8日(10時~18時)
・出店店舗:20~25店舗

規模も大きくなり、来年は5万人の来場予定。前回のようにあたふたしないよう、これから企画を作っていきます!

 

花見の真っ盛りの新宿中央公園

四川フェス新宿中央公園

はじめ場所の交渉は東京タワー、池袋西口公園と話を進めていましたが、東京タワーは高すぎる…池袋西口公園は四川だけやるのはいかがなのものか?と華僑に苦言を言われ世田谷区はなぜ世田谷でやるべきなのか?
コンセプトを問われと難航していました。
新宿区へきまったのは、朝日企画というイベント会社を運営されている台湾人の劉さんという方が有力な政治家の方を紹介してくれたからです。

 

こういう話は政治家を通すんですね!と一つ交渉ルートの勉強にもなりました。場所探しは菊池さんにお任せだったので、感謝です!

 

調理の問題が勃発

四川フェス新宿中央公園

場所が新宿と決まったのはよいですが次はテントで料理を作っていはNGという問題が発生。これは公園的に禁止なので、どうしようもない。

 

ただし、キッチンカーならよい!という話に落ち着きました。このキッチンカー結構な値段します。

 

中型の2tを二日レンタルする場合、約13万~20万かかります。通常のフェスですと、これを出店店舗に負担させ出店費用がどんどん積みあがるのですが、

 

四川フェスは
四川料理をもっと多くの人に知ってもらう!麻辣革命を起こす!
というのがコンセプトです。

 

1000円でちょびっとしかない料理を提供するのは絶対いやです。なので、出店費用をできるだけ、安くさせたい。

できれば10万円くらいで出店できるように努力をしています。出店費用を新宿区公園課の方にいうと安すぎませんか…と逆に心配されたほどです。。

 

そのためには資金が必要

 

前回、アパホテル問題で消えてしまった四川省からの協賛交渉を10月からスタート。成都日報とカカさんを介して、年末までに予算確保を目指します。

 

中国は口座にお金が入るまで気が抜けない、もちろん日本での協賛もこれから本格的にスタート。協賛していただく企業や政府と交渉するのは結構大変そう…と思われるかもしれませんが、実はこれ、楽しいんですよ!

 

決定者の方はほとんどの人は経験豊富で本当の四川料理が何なのか知っている。

 

だから、話も早く、ノリもよい。話が合うから楽しい、一緒にやりましょう!となるんですよね。

 

四川フェス実行委員会について

四川フェス実行委員会

前回は以下のようなチームに分かれました。皆さん超絶に頑張ってくれました!

 

委員長:中川正道(麻辣連盟総裁、四川料理の専門家)
副委員長:菊池一弘(麻辣議長、羊齧協会主席)

  • 広報チーム(プレスリリース、宣伝記事、SNS、ポスター、チラシ等を作る)
  • ステージチーム(ステージのアーティストアサイン、設置等)
  • 菊池さん率いるフェス運営実務チーム(区との折衝、保健所、経理、お店等の説明等)
  • 中川は四川省との交渉、スポンサー交渉、全体企画、マスコミ対応、WEB担当等

 

そして、当日にボランティアとして、活動してくださった40名以上の方々。感謝です!

 

四川フェスへ参加する

 

四川フェスに携わりたい、何かしたい方は四川フェス実行委員会グループがありますので、ぜひ、ご参加ください!

https://www.facebook.com/groups/966266520176136/

前のめりにがっつり入って企画からやりたい!とにかくおもしろいことをやりたい!そんな方は中川まで個別でメッセージくださいませ。

 

四川フェス実行委員会へご招待します。一緒にフェスを作り上げましょう!もうすでに数名で動き出していますが、まずはキックオフを年初に行う予定です!

 

 

【入場無料】四川フェス2019 4.20~21

累計来場者数10万人以上、消費者主導で行う世界最大の四川料理の祭典「四川フェス」を新宿中央公園にて開催決定。日本にいる四川料理シェフ、日本在住の四川料理シェフ、四川省からの有名シェフが集まる四川料理ドリームチームをつくり、最高においしい四川料理でしびれる麻辣革命をおこしましょう!

四川フェス2019

第四弾・麻辣を極める四川省と重慶を食べつくす旅

今回の食べ歩きツアーは重慶市内はもちろんのこと、重慶の東の地区を回ります。例えば重慶大足、璧山、江津、郵亭、荣昌といったエリアです。断言できるのは「こんな地方都市行く人はまずいない」ということ。

そんなドローカルな場所へ大型バスを乗りつけ、1日6食ほど食べ、白酒で祝杯をあげて、楽しむツアーです!詳しくはこちらから!

四川料理超食べ歩きツアー

四川料理情報を発信する無料メルマガ

四川料理の仲間を募集

来場者6.5万人以上!中華一番!極、鈴木亜美さんと激辛コラボ

四川料理フェス

来場者2万人以上!日本初の四川料理の祭典、四川フェス2017

四川料理フェス

麻辣連盟 | 四川料理を愛する仲間たち

四川料理を愛し中華料理が大好き!麻辣党では普段日本で食べられている四川料理ではなく、本場の料理を皆で食べる食事会を中華料理店とコラボして、全国で開催します。食の好奇心に刺激され、まだ見ぬ大陸の味を日本で食しましょう!参加される方は入党ください!

麻辣連盟についてはこちらから

【出版】四川省・成都を中心にした食べ歩き旅行の決定版

SNSでも発信しています!

おいしい四川公式ページ

最新四川料理場はツイッターにて!

取材してきた四川料理画像を公開中

ご案内

人気記事まとめ

  1. 日本炒飯協会がオススメ!横浜で食べてほしいチャーハンベスト5
  2. 花椒でしびれまくるマー活!パクチーを超える次のブームへ
  3. 成都旅行が初めての方!絶対食べるべき5つの四川料理
  4. 一度は行ってみたい!本店「陳麻婆豆腐」100年以上の老舗
  5. 担担麺だけじゃない!世代を超えて愛される四川の麺40選

おいしい四川運営者について

辛い料理と食べ歩きを愛している方に、日本にはない本場の料理を食べるチャンスを提供する「四川料理の専門家・麻辣連盟総裁」の中川正道です
お気軽に友達申請ください。申請時は一言お願いします! facebookを見る


自分の人生を生きる、ワクワクする仕事を

中川正道、1978年島根県生まれ。2012年にドイツへ移住。0からWEBデザインを勉強し、フリーのデザイナーとしてドイツで起業。2017年に日本へ帰国。「人生の時を色どる体験をつくる」をテーマに妻の中川チカと時色 TOKiiRO 株式会社を設立。
民間主導、世界最大の四川料理の祭典「四川フェス」を主催。二日間で6.5万人を動員。四川料理、しびれ、麻辣、マー活ブームに火をつけ中華業界を盛り上げる。三国志、水滸伝などの歴史小説好き。熱いアニメ「宇宙兄弟」が大好き。 https://masamichi-design.com/