武砂鍋
About me
中川正道。四川省公認の四川料理の専門家、麻辣連盟総裁、時色株式会社代表兼デザイナー。2002~2006年まで四川省に滞在、四川料理に魅了される。2012年に単身、四川省へ行き、四川の仲間たちと200店舗の四川料理店を食べ歩き「おいしい四川」サイトをリリース。2014年夏に日本初!四川料理食べ歩きガイドブック「涙を流して口から火をふく、四川料理の旅」を出版。2日間で6.5万人を動員した四川フェス主催。 これまでの活動が実を結び、2018年のマー活、花椒がブームに。「今年の一皿」ではしびれ料理が準グランプリになる。


【楽山】武砂鍋 | 品質、価格ともに偽りなし

  牛肉砂鍋

“牛肉砂鍋” (niúròu shāguō)
牛肉を砂鍋に入れ煮込んだ料理。味は濃く辛く香りも強い、下ごしらえをきちんとしているので食感もいい。

血旺

“血旺” (xiě wàng)
鴨の血を砂鍋に入れ煮込んだ楽山の名物料理。新鮮な血で臭さもなく何よりも食感がいい。成都では食べれない楽山の味。

“脳花砂鍋” (nǎohuā shāguō)
豚の脳みそを砂鍋に入れ煮込んだ料理。脳みそに味が染みこみ、柔らかい食感と合う。えぐいかもしませんが、一口食べるとはまります。

粉蒸牛肉

“粉蒸牛肉” (xiě wàng)
牛肉に米粉をまぶしセイロで蒸し上げた料理。沢山のパクチーと一味唐辛子をまぜて食べます。

本当は教えたくない!地元民が通う砂鍋の聖地で食べる「武砂鍋」

楽山(らくざん)でよく目にする光景、それは蒸篭(セイロ)からモクモクとでる湯気。そう、楽山の人たちは蒸し料理が大好き!

武砂鍋

地元の人がこよなく愛するこのお店の店先からもモクモクと温かい湯気が上がっていました。蒸し料理の中でも、特にお墨付きなのは「粉蒸牛肉」。 細かい粒子の米粉をまぶした牛肉を、昔ながらの竹の蒸篭で蒸すと、竹のやわらかな品のある香が満ちて、食べる前から幸せな気分です。

武砂鍋

蒸しあがったばかりの牛肉に、新鮮なパクチー、唐辛子、山椒を仕上げにふりかけてもらえば、さぁできあがり。ふくよかな香ととろけるようなやわらかさに驚いてしまいました。 成都でも、同じ料理をいただきましたが、米粉の粒子の細かさ、蒸し時間の長さ、調味料の新鮮さ、何をとってもこちらのお店の方が、一段も二段も上手といった感じです。

このお店の看板メニュー「砂鍋」(shā guō)もおすすめの一品。「砂鍋」は、どこでもよく出されている料理ですが、このお店のものは、とっておきのおいしさでした。 スープはぴりぴりと辛く、焼き鍋の中であつあつに煮られたさまざまな野菜とともにいただきます。

武砂鍋

もうひとつこのお店でうれしいのが、ちょっと珍しい、大人の料理とでも言っていいでしょうか、おいしい「血旺」(xuè wàng)をいただけるということ。 中国では定番の鴨の血を固めてつくるこの品は、おいしくないお店で食べると、固かったり、臭かったりしますが、このお店の「血旺」は新鮮で、噛むとぱちんとはじける食感。

武砂鍋

ハイレベルな料理の数々、自信をもっておすすめする一軒です。

食べ方

粉蒸牛肉は唐辛子等を混ぜて食べる。砂鍋は非常に熱いので火傷しないよう気を付けてください。

注文方法

メニューを見て注文します。お金は後で支払います。

牛肉砂鍋を注文する場合
「牛肉砂锅,一份」 (niúròu shā guō, yī fèn)

血旺を注文する場合
「血旺,一份」 (fěn zhēng niúròu, yī fèn)

脳花砂鍋を注文する場合
「脑花砂锅,一份」 (nǎo huā shā guō, yī fèn)

粉蒸牛肉を注文する場合
「粉蒸牛肉,一份」 (fěn zhēng niúròu , yī fèn)

基本情報

価格、おすすめ 5~25元。おすすめ:粉蒸牛肉、血旺、牛肉砂鍋、脳花砂鍋
住所 四川省乐山市市中区柏杨东路139号
住所(英語) sìchuānshěng lèshānshì shìzhōngqū bòyángdōnglù 139 hào
営業時間 11:30 ~ 15:00
17:30 ~ 20:00
環境 店の外で食べると気持ちがいい
その他 更新:2013/02/01

新南バスターミナルから、楽山へ。楽山到着後、三輪車、又はタクシーで向かう。

第六弾!四川料理超食べ歩きの集大成!田舎に眠る料理を探し出せ!

【令和元年10月22日祝日】10月13日(金)~10月23日(水)1000kmを駆け抜け、11の街へ行き名物料理を食べ歩く四日間。四川料理超食べ歩きの集大成!田舎に眠る料理を探し出せ!麻辣ブームの火付け役、四川料理の専門家とゆく過去最大18店舗を食べ歩く贅沢でグルメな旅!

第六弾!四川料理超食べ歩きの集大成!田舎に眠る料理を探し出せ!

四川料理を愛する仲間募集!四川料理情報を発信する無料メルマガ

四川料理の仲間を募集

【2日で10万人来場!】四川フェス2019 4.20~21

四川フェス2019

東京麻辣ストーリー~しびれる恋の行方

四川省成都からきた留学生「小桃(シャオタオ)」、麻婆豆腐好きの日本人大学生そう太。シャツにラー油がついた···から始まる四川料理恋愛ストーリー!

東京麻辣ストーリー

来場者6.5万人以上!中華一番!極、鈴木亜美さんと激辛コラボ

四川料理フェス

来場者2万人以上!日本初の四川料理の祭典、四川フェス2017

四川料理フェス

麻辣連盟 | 四川料理を愛する仲間たち

四川料理を愛し中華料理が大好き!麻辣党では普段日本で食べられている四川料理ではなく、本場の料理を皆で食べる食事会を中華料理店とコラボして、全国で開催します。食の好奇心に刺激され、まだ見ぬ大陸の味を日本で食しましょう!参加される方は入党ください!

麻辣連盟についてはこちらから

【出版】四川省・成都を中心にした食べ歩き旅行の決定版

涙を流し口から火をふく、四川料理の旅 (KanKanTrip)
中川 正道 張 勇
書肆侃侃房 (2014-08-25)
売り上げランキング: 30,730

SNSでも発信しています!

おいしい四川公式ページ

最新四川料理場はツイッターにて!

取材してきた四川料理画像を公開中

ご案内

人気記事まとめ

  1. 日本炒飯協会がオススメ!横浜で食べてほしいチャーハンベスト5
  2. 次世代の四川料理!麻辣刀削麺マニアおすすめの3店舗
  3. 成都旅行が初めての方!絶対食べるべき5つの四川料理
  4. 一度は行ってみたい!本店「陳麻婆豆腐」100年以上の老舗
  5. 花椒でしびれまくるマー活!パクチーを超える次のブームへ

おいしい四川運営者について

辛い料理と食べ歩きを愛している方に、日本にはない本場の料理を食べるチャンスを提供する「四川料理の専門家・麻辣連盟総裁」の中川正道です
お気軽に友達申請ください。申請時は一言お願いします! facebookを見る


世界を遊び場に仕事をつくる

中川正道、1978年島根県生まれ。四川師範大学にて留学。四年間四川省に滞在し、四川料理の魅力にはまる。2012年にドイツへ移住。0からWEBデザインを勉強し、フリーのデザイナーとしてドイツで起業。2017年に日本へ帰国。「人生の時を色どる体験をつくる」をテーマに妻の中川チカと時色 TOKiiRO 株式会社を設立。
四川料理マニアたちがつくる四川料理の祭典「四川フェス」主催。過去動員数累計20万人。四川料理、しびれ、麻辣、マー活ブームに火をつけ中華業界を盛り上げる。