上池面館
About me
中川正道。四川省公認の四川料理の専門家、麻辣連盟総裁、時色株式会社代表兼デザイナー。2002~2006年まで四川省に滞在、四川料理に魅了される。2012年に単身、四川省へ行き、四川の仲間たちと200店舗の四川料理店を食べ歩き「おいしい四川」サイトをリリース。2014年夏に日本初!四川料理食べ歩きガイドブック「涙を流して口から火をふく、四川料理の旅」を出版。2日間で6.5万人を動員した四川フェス主催。 これまでの活動が実を結び、2018年のマー活、花椒がブームに。「今年の一皿」ではしびれ料理が準グランプリになる。


念願の回鍋肉面を食べる

今年の四川フェスでは、カカさんの尽力もあり、豆瓣醬工場の社長や大きな飲食店経営の方たちを含む成都美食促進協会の方たちが来日。東京で今、麻辣ブームが起きている現象を生で感じてもらいました。

L1040635

四川省成都から来日した成都美食促進協会の方たち

 

そのお返しということで、5月に亜細亜美食節に招待をしていただきました。世界中から華僑たち約100人が集まり、四川省をあげての大イベント。宿泊するホテルもかなり豪華で市内のど真ん中の5星万達ホテル。

 

このエリア、市内のど真ん中にありますが、いろいろなおいしいお店があることでも有名。特に錦江賓館の裏手にある「回鍋肉面」。

 

たまたま飛行機で隣に座った芸大生の成都人が

「成都で一番の麺は上池街にある回鍋肉面!」

と自慢げに話す。四川フェスのたまり場、新宿南口から徒歩1分にあるcafé cloudのオーナーの清水さん(元錦江賓館日本食レストランのマネージャー)曰く

「成都に帰ったら、一番食べたいのが回鍋肉面」と。

そんな成都在住の人たちの胃袋をガッツリとつかんでいる上池面館に恋い焦がれて1年。今年の五月にようやく食べることができました!

 

Cloud (クラウド) https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13216003/

※新宿南口から徒歩1分。5星ホテルのレシピで作っている本格ランチ。打合せ、仕事で最適な場所

 

朝からにぎわう上池面館

上池面館

地下鉄の錦江賓館から歩いて約5分。朝から地元民でにぎわっている上池面館(シャンチーミェングァン)。狭い店なので、外で食べている人もたくさんいます。お風呂の椅子に座って食べるのが、いかにも成都って感じです。

上池面館

中国の麵屋でよく見る光景。あらかじめベースのタレを配合しておく。

上池面館

麺は汁ありの汤(タン)と汁なしの干拌(ガンバン)に分かれます。今回は看板料理の回鍋肉面の干拌を注文。

上池面館

通常の回鍋肉の場合は蒜苗(ニンニクの葉)を使いますが、こちらのお店は尖椒(万願寺唐辛子のようなもの)を使用。尖椒はピリッと辛い中国の細長ピーマンです。

上池面館

肉は回鍋肉なので、豚肉。脂身は少ない肉を使っていますね。

上池面館

麺をゆでて、タレがはいった器に麺をいれて、上に回鍋肉をいれて、完成!

上池面館

汁なしなので、ガンガンまぜて食べます。もちもちしたコシのある麺に回鍋肉という最高の組み合わせ。これは絶妙においしい!辛さは抑え目、旨味は抜群でした。

 

四川料理の中で一番好きな料理が回鍋肉

昔、留学時代に通っていた麵屋には汁ありの回鍋肉面があり、週1で食べていました。回鍋肉炒飯も大好きで、お茶屋で仕事していると必ず食べていました。もちろん家でもよく作ります。二刀肉は売っていないので、豚バラブロックをかい、ニンニクの葉の代わりにピーマンを使用。青椒回鍋肉は得意な料理の一つ。

スタバでマフィンよりもお茶屋で回鍋肉チャーハンを食べたい

そんな大の回鍋肉好きでも、これはまた食べたい!と思わせてくれる、そんな麺でした。

 

最後に

イベント亜細亜美食節へ参加していた3日間、5星のグレートな朝食をパスし、徒歩15分歩き、食べに行った上池面館(1杯10元ほど)。真の贅沢とは「選択できる自由」なのではないでしょうか。

 

5星の朝ごはんを食べるのもよし、ドローカルで人気の麵屋へ行き、地元民に紛れて食べるのもよし。好きなものを好きなだけ食べれるのは、まさに口福ですね!

 

上池面館の基本情報

おすすめ;干拌回鍋肉面

住所;四川省成都市青羊区上池正街39号

営業時間; 7時~15時(平日) ※朝と昼しかやっていないので注意!

口コミはこちら;http://www.dianping.com/shop/5645566

 

 

第六弾!四川料理超食べ歩きの集大成!田舎に眠る料理を探し出せ!

【令和元年10月22日祝日】10月13日(金)~10月23日(水)1000kmを駆け抜け、11の街へ行き名物料理を食べ歩く四日間。四川料理超食べ歩きの集大成!田舎に眠る料理を探し出せ!麻辣ブームの火付け役、四川料理の専門家とゆく過去最大18店舗を食べ歩く贅沢でグルメな旅!

第六弾!四川料理超食べ歩きの集大成!田舎に眠る料理を探し出せ!

四川料理を愛する仲間募集!四川料理情報を発信する無料メルマガ

四川料理の仲間を募集

【2日で10万人来場!】四川フェス2019 4.20~21

四川フェス2019

東京麻辣ストーリー~しびれる恋の行方

四川省成都からきた留学生「小桃(シャオタオ)」、麻婆豆腐好きの日本人大学生そう太。シャツにラー油がついた···から始まる四川料理恋愛ストーリー!

東京麻辣ストーリー

来場者6.5万人以上!中華一番!極、鈴木亜美さんと激辛コラボ

四川料理フェス

来場者2万人以上!日本初の四川料理の祭典、四川フェス2017

四川料理フェス

麻辣連盟 | 四川料理を愛する仲間たち

四川料理を愛し中華料理が大好き!麻辣党では普段日本で食べられている四川料理ではなく、本場の料理を皆で食べる食事会を中華料理店とコラボして、全国で開催します。食の好奇心に刺激され、まだ見ぬ大陸の味を日本で食しましょう!参加される方は入党ください!

麻辣連盟についてはこちらから

【出版】四川省・成都を中心にした食べ歩き旅行の決定版

涙を流し口から火をふく、四川料理の旅 (KanKanTrip)
中川 正道 張 勇
書肆侃侃房 (2014-08-25)
売り上げランキング: 30,730

SNSでも発信しています!

おいしい四川公式ページ

最新四川料理場はツイッターにて!

取材してきた四川料理画像を公開中

ご案内

人気記事まとめ

  1. 日本炒飯協会がオススメ!横浜で食べてほしいチャーハンベスト5
  2. 成都旅行が初めての方!絶対食べるべき5つの四川料理
  3. 次世代の四川料理!麻辣刀削麺マニアおすすめの3店舗
  4. 一度は行ってみたい!本店「陳麻婆豆腐」100年以上の老舗
  5. 四川でよく食べるお馴染みの川魚ベスト10

おいしい四川運営者について

辛い料理と食べ歩きを愛している方に、日本にはない本場の料理を食べるチャンスを提供する「四川料理の専門家・麻辣連盟総裁」の中川正道です
お気軽に友達申請ください。申請時は一言お願いします! facebookを見る


世界を遊び場に仕事をつくる

中川正道、1978年島根県生まれ。四川師範大学にて留学。四年間四川省に滞在し、四川料理の魅力にはまる。2012年にドイツへ移住。0からWEBデザインを勉強し、フリーのデザイナーとしてドイツで起業。2017年に日本へ帰国。「人生の時を色どる体験をつくる」をテーマに妻の中川チカと時色 TOKiiRO 株式会社を設立。
四川料理マニアたちがつくる四川料理の祭典「四川フェス」主催。過去動員数累計20万人。四川料理、しびれ、麻辣、マー活ブームに火をつけ中華業界を盛り上げる。