餃子
About me
中川正道。四川省公認の四川料理の専門家、麻辣連盟総裁、時色株式会社代表兼デザイナー。2002~2006年まで四川省に滞在、四川料理に魅了される。2012年に単身、四川省へ行き、四川の仲間たちと200店舗の四川料理店を食べ歩き「おいしい四川」サイトをリリース。2014年夏に日本初!四川料理食べ歩きガイドブック「涙を流して口から火をふく、四川料理の旅」を出版。2日間で6.5万人を動員した四川フェス主催。 これまでの活動が実を結び、2018年のマー活、花椒がブームに。「今年の一皿」ではしびれ料理が準グランプリになる。


今年の5月、6月に成都へ取材した際、夜食としてよく食べたのが餃子です。

成都名物の紅油餃子ではなく、東北系のもっちりとした餃子。

 

2015年の統計によると日本人が一番好きな中華料理は「餃子」です。

出典:好きな中華料理のメニューランキング(2015.07.11)

出典:好きな中華料理のメニューランキング(2015.07.11)

 

日本の餃子と言えば、焼き餃子が主流でスープ入りの水餃子、蒸し餃子が大半を占めます。

 

一番人気がある焼き餃子は皮が薄く、ご飯のお供、またはおつまみとして人気のおかず。

焼き餃子の具材はお店によって異なりますが、ニラ入りの餃子が多いですね。

餃子

中国の家庭ではよく餃子を作る。皮はお店で買ってきて、中の餡は自家製。

 

中国では餃子と言えば「煮る餃子」が主流です。

そして、その餡の種類がまた多い!

 

餃子

 

よく通っていた東北餃子、哈爾濱餃子では以下のような餃子の餡がありました。

 

  • 韭菜猪肉饺(ニラと豚肉)
  • 芹菜猪肉饺(セロリと豚肉)
  • 白菜猪肉饺(白菜と豚肉)
  • 韭菜蛋饺(ニラ玉)
  • 西葫芦饺(ズッキーニ)
  • 大葱猪肉饺(ネギ豚肉)
  • 青椒猪肉饺(ピーマンと豚肉)
  • 酸菜猪肉饺(白菜の漬物と豚肉)
  • 香菇猪肉饺(しいたけと豚肉)
  • 玉米猪肉饺(トウモロコシと豚肉)
  • 香菜猪肉饺(パクチーと豚肉)
  • 牛肉水饺(牛肉餃子)
  • 羊肉水饺(羊肉餃子)

などなど

 

お気に入りは「トウモロコシ」と「パクチー」の餡。

トウモロコシの甘さ、香菜の香りが病みつきになり、ビールを飲みながらよく食べていました。

 

中国人いわく、日本の焼き餃子定食はありえない

 

中国人の感覚でいうと餃子は主食。パンのようなものです。

なので、餃子をおかずにごはんを食べる焼き餃子定食はありえない。

たしかにパン定食はちょっとないですよね。

焼き餃子

しかし、だからと言って、中国人が日本風の焼き餃子がきらいかというと、

そうではなく、「ちょっと違うけどおいしい」そんな感覚です。

 

むしろ中国の鍋貼(焼き餃子)と日本の焼き餃子を比較したら、

自分は日本の焼き餃子のほうが好きです。

 

鍋貼(グオティエ)があれば、とりあえず食べてみるというスタンスで

いろいろと四川の鍋貼を食べましたが、これは!というものにはまだ出会えていません。

 

閬中で食べた鍋貼もまずまず。

鍋貼

成都市内にある鶏汁鍋貼もまずまず。

成都で食べる焼き餃子!四川名物の「鶏汁鍋貼」

 

湖南省の老舗のこちらのお店もまぁまぁでした。

 

行列のできる餃子屋!長沙の老舗「向群鍋餃」

 

まとめ

成都で一番の餃子専門店!ラー油をたっぷりほんのり甘い「紅油餃子」

 

麺のおともとなるサイドディッシュとしては四川の紅油餃子を食べる。

主食としてがっつり食べる場合は東北系の餃子を食べる。

焼き餃子を食べたいときは日本の餃子を食べる。

 

これが一番ベストな餃子の食べ方なのではと考えています。

みなさんいかがでしょうか?

 

四川料理を愛する仲間募集!四川料理情報を発信する無料メルマガ

四川料理の仲間を募集

【2日で10万人来場!】四川フェス2019 4.20~21

四川フェス2019

東京麻辣ストーリー~しびれる恋の行方

四川省成都からきた留学生「小桃(シャオタオ)」、麻婆豆腐好きの日本人大学生そう太。シャツにラー油がついた···から始まる四川料理恋愛ストーリー!

東京麻辣ストーリー

第五弾・旬の麻辣、藤椒を収穫し名物料理を食す旅

第四弾・麻辣を極める四川省と重慶を食べつくす旅

四川料理超食べ歩きツアー

来場者6.5万人以上!中華一番!極、鈴木亜美さんと激辛コラボ

四川料理フェス

来場者2万人以上!日本初の四川料理の祭典、四川フェス2017

四川料理フェス

麻辣連盟 | 四川料理を愛する仲間たち

四川料理を愛し中華料理が大好き!麻辣党では普段日本で食べられている四川料理ではなく、本場の料理を皆で食べる食事会を中華料理店とコラボして、全国で開催します。食の好奇心に刺激され、まだ見ぬ大陸の味を日本で食しましょう!参加される方は入党ください!

麻辣連盟についてはこちらから

【出版】四川省・成都を中心にした食べ歩き旅行の決定版

涙を流し口から火をふく、四川料理の旅 (KanKanTrip)
中川 正道 張 勇
書肆侃侃房 (2014-08-25)
売り上げランキング: 30,730

SNSでも発信しています!

おいしい四川公式ページ

最新四川料理場はツイッターにて!

取材してきた四川料理画像を公開中

ご案内

人気記事まとめ

  1. 日本炒飯協会がオススメ!横浜で食べてほしいチャーハンベスト5
  2. 次世代の四川料理!麻辣刀削麺マニアおすすめの3店舗
  3. 成都旅行が初めての方!絶対食べるべき5つの四川料理
  4. 花椒でしびれまくるマー活!パクチーを超える次のブームへ
  5. 一度は行ってみたい!本店「陳麻婆豆腐」100年以上の老舗

おいしい四川運営者について

辛い料理と食べ歩きを愛している方に、日本にはない本場の料理を食べるチャンスを提供する「四川料理の専門家・麻辣連盟総裁」の中川正道です
お気軽に友達申請ください。申請時は一言お願いします! facebookを見る


世界を遊び場に仕事をつくる

中川正道、1978年島根県生まれ。四川師範大学にて留学。四年間四川省に滞在し、四川料理の魅力にはまる。2012年にドイツへ移住。0からWEBデザインを勉強し、フリーのデザイナーとしてドイツで起業。2017年に日本へ帰国。「人生の時を色どる体験をつくる」をテーマに妻の中川チカと時色 TOKiiRO 株式会社を設立。
四川料理マニアたちがつくる四川料理の祭典「四川フェス」主催。過去動員数累計20万人。四川料理、しびれ、麻辣、マー活ブームに火をつけ中華業界を盛り上げる。