img_20190726
About me
中川正道。四川省公認の四川料理の専門家、麻辣連盟総裁、時色株式会社代表兼デザイナー。2002~2006年まで四川省に滞在、四川料理に魅了される。2012年に単身、四川省へ行き、四川の仲間たちと200店舗の四川料理店を食べ歩き「おいしい四川」サイトをリリース。2014年夏に日本初!四川料理食べ歩きガイドブック「涙を流して口から火をふく、四川料理の旅」を出版。2日間で6.5万人を動員した四川フェス主催。 これまでの活動が実を結び、2018年のマー活、花椒がブームに。「今年の一皿」ではしびれ料理が準グランプリになる。


目次

 

今年の四川フェスも多くの方に来場いただきありがとうございました!

既に四川フェスが終わって三ヶ月。まだクラファンリターン(中国まで新花椒を仕入れに等)や経費などの会計処理の最後の仕上げを行っています。

L1050713

四川フェス2019来場者数は10万人

初めて四川フェスを開催した2017年、中野観光局のご厚意により、ある一定区間のスマホ保持者のGPSで割り出し、来場者をカウント。四川フェスでは、そのデータを基に食数と売上を方程式に入れて、来場者を計算しています。

L1050135

上の芝生でブロガー「さぷら伊豆」さんたちの仲間たちが行っている酒盛りはスタッフの休憩スポットに

 

その結果、四川フェス2019は2日で

・来場者 :10万人前後

・合計食数:5万食 ※飲み物含む

というぼくらが目標に掲げていた目標を達成することができました!

 

img_sampke_03

 

四川フェス2017 四川フェス2018 四川フェス2019
2017年4月2日 2018年4月7日~8日 2019年4月20日~21日
2.5万人 6.5万人 10万人
16ブース 23ブース 31ブース

 

日本&中国の政府から補助金もなし、予算ゼロという気が遠くなる状況での、この快挙。これってすごいことなのでは!?と達成したぼくら自身も驚いています。

今回、規模も大きくなり、かかった経費は700万以上。天候にも左右され、リスクが半端ない四川フェス。今年もいろいろな方の協力も有、奇跡的に大大大成功。本当に無事に終わってよかった…

この実績をもって、いろいろな仕事を展開していく予定です。今年はどんなことがおきるのか、おこせるのか楽しみです!

 

四川フェスは四川料理オールスターが出店する

四川フェスのコンテンツの目玉は出店店舗が作る超本格的な四川料理。ミシュランを取得している有名店から路地裏の現地系のお店まで選りすぐりのお店の構成です。

 

出店店舗の構成をつくるときのコンセプトは「四川料理オールスター」

・日本人がつくる人気の四川料理店

・在日中国人がつくる中国人の人気の四川料理店

・四川省を代表する本場の料理人がつくる四川料理

この三つが「四川料理オールスター」の要素です。

 

L1040606

お馴染みの青島ビール、約6000本を販売…恐るべし!青島ビールアンバサダーの斎藤夫妻、テリーさんなど仲間たちと和気あいあいと販売!

L1040629

ぐるなび「しびれグランプリ」から縁をいただきヨーグルト販売で出店。辛い料理を中和する力をもつヨーグルト!

L1040640

ミシュランも取得したやまのべシェフの2号店会員制レストラン「CHU FANG」。和牛ソーセージと麻辣うなぎというセンスが光る料理が人気でした!

L1040652

菰田シェフ率いるファイヤーホール4000。昨年初出店で驚異の売上を記録し、今年は大型を用意して参戦。黄色の麻辣拌猪肚に悶絶する人、続出でした!

L1040659

昨年は物販で参加。好評だったの今回は念願のキッチンカーを用意。四川人のオーナーの王さんが作る家庭的な四川料理。最後の広場舞を踊る姿が可愛かったです!

L1040666

日本の四川料理の礎をつくった赤坂四川飯店。酸辣冒菜というマニアに響く料理はスタッフも大好評。建太朗さん、田中料理長と来ていただき、感謝です!

L1040687

2017年、2018年と二年連続で売上NO.1を記録した陳家私菜。今年は二日で5800食という販売数を記録。ぶっちぎりで一位でした!

L1040696

創業1862年、麻婆豆腐発祥のお店「陳麻婆豆腐」2年連続の出店。王道の味に来場者の皆さんしびれました!

L1040707

日本人、中国人の料理人を集めて夜中に行う講習会。現地系の四川料理を広めた立役者「川香苑」初出店。

L1040725

在日中国人のトップ料理人が集まる団体「在日中国厨師精英協会」。四川、重慶出身の料理人が作る本場の四川料理。

L1040746

成都人のオーナーが手掛ける可愛いパンダがアイコンの本格四川料理店「本格熊猫」。成都名物の「蛋烘糕」に四川人も大喜び!

L1040754

塚田農場でお馴染みのAPカンパニーの新しい火鍋店「上海香火鍋 新天地」。こちらの火鍋も人気でした!

L1040871

四川料理の魂である豆瓣醬、花椒の多くを輸入している貿易会社「三明物産」と成都美食文化促進会がコラボで出店。

L1040998

高田馬場にあるタピオカミルクティーの三茶一生と重慶出身の周さんがタッグを組み重慶式ソーセージを提供!

L1050106

重慶宮廷料理人直伝の汁なし担担麺のお店を出している「麺処よっちゃん」がテント出店。子供たちや家族総動員で販売するアットホームな雰囲気。

L1050112

ぐるなび「しびれグランプリ」知り合った田中農場さん。アジアを彷彿させるプリンセスかおり米がTwitter上で大人気に。

L1050125

赤いハッピがインパクト大!味覇でお馴染みの「廣記商行」。はじめて四川フェスを行った2017年からずっと出店していただき感謝!

L1050688

四川省の田舎「洪雅」からきた四川省を代表する優良企業「幺麻子」。生の山椒(藤椒たんじゃお)を搾り取る藤椒油の味は天下一品!

L1050851

飲み物系の屋台がほしい!と思い、出店していただいたのはアジアフードトラック。タイ人の方が運営しているサバイサバイな感じ。

L1050861

2年連続で出店の池袋の「品品香」。オーナーの張さんは本当に優しい方でフェススタッフに激辛回鍋肉麺を差し入れし、みなで朝からしびれました。

L1050879

辛くて濃い四川料理を堪能した後はのどが渇く…そんな時にほしいのがお水、ということで、プレミアムウォーターさんも出店。

L1050881

新宿のご当地唐辛子「内藤とうがらし」。昨年から縁あって四川フェスに参加していただいています。今田新聞店さんには四川フェスチラシの折り込みもやっていただき感謝です!

L1050885

麻辣命!四川料理しびれ王という先見の明ある商品を2013年から作っているアライドさん。麻辣ポテトチップスなど麻辣商品はよいお土産に!

L1050889

こちらもぐるなび「しびれグランプリ」で知り合った炒飯の素でお馴染みの「あみ印」。新しい四川料理の味、しびれる商品も開発。

L1050897

中華業界にいれば誰しもが知っている名店「神田・雲林」。オリジナルな3料理を用意し、今年初参加。ものすごい行列でした!

L1050902

前々から出野さんとは知り合いでしたが今年念願の初参加。神田・雲林と並び、ずっと行列ができていました。担担麺分野で一番人気!

L1050917

井桁シェフ率いる瓢香さん。本格的に味つけでかつマニアックな四川料理は四川人の心もつかむ。最速で売り切れていました!

L1050926

当時四川省最年少で中国料理コンクールで賞をとった特級厨師の楊聡シェフ。リアル中華一番として、大行列ができたいました。

 

新しく追加した三つの挑戦

四川フェスは公募はほぼしていません。知り合いの知り合いなどから紹介をうけたところをメインに出店を決めています。ただ、今回は全く違ったアプローチでお店を選出させたく、以下の三つのポイントを作り、出店店舗を募りました。

 

1.ぐるなび主催のしびれ鍋グランプリ受賞した2店舗の参加

2.若手料理人の参加

3.フレンチの有名店がつくる新しい四川料理

 

そのお店がこちらです。

L1040741

しびれ鍋グランプリにて受賞した銀座の居酒屋「ちゃぼうず」初参加!

L1050932

「維新」しびれ鍋グランプリで鈴木亜美さんが一押しで受賞、遠くの茨城から初出店!

L1050911

若手枠で出店した「笑龍」。田口シェフとは第四弾四川料理食べ歩きツアーで知り合い、オフ会の際に皆で四川フェスやろう!と盛り上がり、初出店!

L1050330

若手枠は成田「SABOTEN」の石曽根シェフが参戦。四川省の横の貴州料理を提供するマニアックな料理で初参加!

L1050871

中華とは全く違うジャンル「フレンチ」からの出店「メリメロ」。宗像シェフはランチ時間に四川料理を食べ歩きまくり、独自の料理を仕上げてくれました。初参加!

 

支援いただいた協賛企業と後援

年々規模が大きくなっている四川フェス。今年の四川フェス2019は過去2回と比べて、

・出店数

・協賛企業、後援企業

もかなり増えました。

 

2019年の協賛企業

logo_01

2019年の後援団体・企業

logo_02

 

四川フェス2017 四川フェス2018 四川フェス2019
協賛企業:8

後援団体:7

協賛企業:10

後援団体:9

協賛企業:13

後援団体:15

 

では、一体どのように協賛企業や後援企業を集めるのか?集める方法はまとめると2つあります。

 

昨年、協賛・支援していただいた企業に提案する

・当たり前のことですがフェスが終わったら、まずは完了報告を行う。

・報告書を作成し、送付する。

・お礼もかねて、対面で説明する。

 

新規で協賛・支援をいただく企業を探す

これが一番難しい。ぼくらの方法は2つあります。

・まず興味を持ってくれそうな企業をピックアップし、友人などに訪ねる。

・接触できる機会をつくる。四川フェス協賛お願いします!というあからさまなお願いをすると、大概は引きますよね。なので、興味を持ってくれそうな「おもしろいイベント」を企画します。または協賛してくれそうな企業が参加するイベントに参加します。

 

あとはゆっくりと話してみて、価値観が会う人であれば次は提案ベースで話をする。資金提供がベスト。しかし、いきなり資金を得るのは難しい場合が多い…ここであきらめずに折衷案を作り、協賛品やコラボで関わりを持つ企画をする。その実績が次に生かされます。

 

とにかく長い目で見て、まず何かしてみるのが重要。

 

協賛集めは中川夫婦で責任もって行った

四川フェス主催の中川正道&知香で企業回りを担当

四川フェス主催の中川正道&知香で企業回りを担当

 

協賛企業13と後援団体15と合わせると28社(団体含む)。28社と交渉し、密に連絡をするのは至難の業。この作業を主に担当したのは中川正道と妻の知香。各企業や団体に連絡をしてくれたのは中川知香。一緒に提案資料を作り、長野から何度も東京へ行き、提案をくりかえしました。

 

この提案を行うのは会社でいうと営業的な仕事です。ぼくは元々エンジニアだったので営業は苦手。むしろ嫌いな業務。しかし、四川フェスとなると俄然やる気になる。それは「好きなことを実現する」ためだからでしょうね。

 

四川フェスをつくる仲間を集める、大人の文化祭をつくる

通常のフェスであれば、

・出店店舗がきまった!

・協賛集めの目途がついた!

となれば、ひと段落でもう安心だ!となりますが、四川フェスの次の課題は「仲間をいかにして集める」か。

 

予算が潤沢にあれば専用のイベントスタッフを招集して対応すればいい。しかし、それだと愛がない。四川料理が好き、中国料理が好き、中国が好き…そんなメンバーがつくるフェスは愛にあふれるフェスになるんですよね。

 

四川フェスが他の食フェスと一番違うのはここだと考えています。

 

四川フェス実行委員会は四川料理が好き、麻婆豆腐が好き、辛いものが好きというゆるいつながりが集まるメンバーたちが集まります。四川フェス実行委員会のfacebookグループはいつの間にか400人に。

 

おいしい四川というWEBメディアを軸にfacebook、Twitter、Instagramを使い、ぼくは仲間を集めます。次に必要なのはその仲間を統制する人です。それが菊池さん。

 

麻辣連盟幹事長であり、盟友羊齧協会主席の菊池さん

麻辣連盟幹事長であり、盟友羊齧協会主席の菊池さん

 

集まってきた有能のメンバーをチーム分けしてもらい、各リーダーをつくり、仲間たちを組織化する。

四川料理愛があり、価値観が同じ仲間たち。そして、フェス実行委員会に参加するぐらいノリがいい。最高のメンバーが集めればやることは飲み会。飲んで騒いで話して仲良くなり、でかいことしようぜ!と盛り上がります。

こうやって四川フェスは少しづつ形になっていきます。

 

好奇心をカタチにするコンテンツ

四川フェスは四川料理を食べることだけじゃありません。せっかく四川フェスに来たのなら、一日中楽しんでほしいと考えています。なので、四川フェスでは様々なエンターテインメントを用意しています。

ステージの演者をプロデュース

BUBBLE-Bことバボさん

左がBUBBLE-Bことバボさん、右はステージADのイケピーさん

今回、ステージをプロデュースしていただいたのはBUBBLE-Bさん。全日本麻婆豆腐連盟、通称「全マ連」の会長であり、1号店ジャーナリストであり、DJでもあり、青島ビールの歌を以前つくっていただいた…多彩なBUBBLE-Bさん。

 

ステージを全部任せたら、きっと最高になるに違いない!と予算もどんぶり勘定で丸投げ。とにかく楽しい感じでお願いします!とできたのがこのステージ構成。

 

EVENT

 

友情出演!孤独のグルメ作者の久住さん

スクリーン

孤独のグルメの音楽を奏でる久住さん率いる「THE SCREEN TONES」

四川フェスは仲間たちのコネクションと四川料理愛でできています。1日目のトリを務めていたのは、なんと孤独のグルメ作者であり、劇中の音楽も担当している「THE SCREEN TONES」。料理人の遠藤氏の紹介のもと四川フェスでのライブ実現しました。ありがとうございます!

 

四川フェス2019ステージのダイジェスト

L1040757

まずは二胡からスタート!2017年から出演していただいている二胡奏者:酒井さんのデュエット

L1040930

問合せがあり、ぜひ参加したい!と名古屋からきた大橋氏

L1040986

中華料理マニアな四川フェス実行委員会のみんなでマニアックトークを展開!

L1050158

ステージの合間で各協賛企業の紹介を行っていました!中国服が素敵なワークショップメンバー

L1050201

ぼくら実行委員会はもちろんのこと、協賛企業もみんなで盛り上げるのが四川フェス

L1050356

1日目一番盛り上がったのは間違いなく、Queenの完璧コピーをしていただいたフレイディ・マーキュリー。見事な口パクでした!

L1050433

ノリノリのフレイディ・マーキュリーと四川料理という世界観、最高です!

L1050490

1日目の最後トリは春秋航空協賛の重慶行き航空券をかけた大じゃんけん大会

L1060195

テクノと空手を融合した元気溢れるパフォーマンス!子供たちのキレッキレの動きがすごい!

L1060272

青島ビールイベントで何回かお会いしたことがあるポリゴン太氏。ディスクジャッキー(DJ)、青島ビールの箱・・・センス最高です!

L1060275

ポリゴン太さんの後にきたのはジャッキチェンそっくりのージャッキーちゃん。コミカルな動きがまた素晴らしい。もうおもしろすぎます!

L1060629

平成最後の激辛トークということで、激辛女王:鈴木亜美さんと激辛研究家の金姫成さんを向かえる。豪華なメンバー、四川フェス大盤振る舞いです!

L1060667

四川フェスエンターテインメントのトリは上野パンダアイドルの小泉花恋さん。昨年の四川フェスでスタッフ一同みな心を奪われたアイドル。引退ということで、最後の花見を四川フェスで用意しました!

L1060694

「四川フェスはれんれんちゃんを忘れない」というメッセージ。人気ブログ「さぷら伊豆」のオカモーさんが用意。思わず涙しているところがまた泣けました。

 

 

四川フェスを応援するキャラクターたち

昨年Twitter経由で作者の小川先生に連絡をして、まさかのコラボが実現した「中華一番!極」(講談社)。四川フェスオフィシャルページやパンフレット、シェア用の画像など様々なところで画像を使用させていただきました。

今年の四川フェスに2日連続できたいただい小川先生!ありがとうございました!

今年の四川フェスに2日連続できたいただい小川先生!ありがとうございました!

 

中華一番!極と鉄鍋のジャン!の奇跡のコラボレーション

今年はさらにマニアックな漫画とコラボしたい!と思い、高校時代に呼んでいた「鉄鍋のジャン!」作者の西条先生にコラボ打診の連絡をしてみました。その後、担当の方につないでいただきわかったのは、昨年、「中華一番!極」とのコラボをいいな~!と見ていたとKADOKAWAさん。

 

ぜひ、コラボしましょう!ということで、こんな奇跡のステージイメージができあがりました。

 

中華一番!極みと鉄鍋のジャン!2ndの奇跡的なコラボを実現!!

中華一番!極みと鉄鍋のジャン!2ndの奇跡的なコラボを実現!!

今から約20年前の高校生の自分に言ってやりたい。チャンピオンとマガジンのあの料理漫画と将来コラボするんだぞ!っと。

 

四川省公認の麻婆豆腐好きの辛・まぁぼーちゃん

mapochan_panda_cheering_party_190224_hd

昨年、上野氏たちがつくったキャラクター「辛・まぁぼーちゃん」。四川省公認のキャラとして、今年も新しいバージョンをいただきました。ありがとうございます!

 

まさに四川フェス応援団の団長。ちなみにこの四川料理を軸に萌化する現象をこちらの人気記事(中国語)でも紹介されています。

 

日本人为什么这么爱川菜?(日本人はなぜそんなに四川料理が好きなのか?)

https://mp.weixin.qq.com/s/fvCbo7tPbVlVxfT7475Mww

 

東京麻辣STORY~しびれる恋の行方

東京麻辣ストーリー ~ しびれる恋の行方

東京麻辣ストーリー ~ しびれる恋の行方

 

四川フェスPR漫画として、ラー油がシャツについていますよ…という一言から生まれるしびれる恋の物語「東京麻辣ストーリー」を制作。脚本を中川正道が担当し、絵を上海在住の初さんが担当。編集は陳ワンイン。

 

思いつきで始めたことらの漫画ですが思ったより、作るのが大変!漫画をつくるって相当難しいとわかりました。でも楽しいいい経験。ちなみに、この漫画を考えるときはいつもback numberの「高嶺の花子さん」を聞いていました(笑)

 

初のクラウドファンディング!

sisenfes_img

 

いつかやりたい!と思っていたクラファン。でも、お店の調整や協賛企業回り、全体の管理などで去年までは余裕がなくできませんでした。しかし、今年は1名専属担当を入れて、やってみることに。

 

“本気の素人”がつくる、世界最大の四川料理の祭典「四川フェス」を成功させたい!

 

担当してくれたのは妻である中川知香の妹の明日香。まさに家族対応。長野まで取材に来てもらい、ぼくらのストーリーをわかりやすく文章化。支援に対するリターンのディレクションを担当。

 

目標の100万円までいかなかったですが、91人の方に支援していただき…感謝感激でした。本当ありがとうございます!リターン気合入れすぎて、四川省まで買い付けにいき、郵送が遅れています。ようやく納得いくものをそろえられたので、これから順次郵送していきます。

 

初!TikTokチャレンジ企画

四川フェスのPRはうまいね!といろいろな方に言われますが、そんなに変わったことはしていません。しているのは主に

  • 自社メディアをフルフル使う
  • プレスリリースを流す
  • snsで情報をガンガンシェアする

– FACEBOOKページでイベントを立て、イベントができるまでをシェアする。

– Twitterで情報を常に小まめに配信

– INSTGRAMでおいしそうな画像をシェア

  • 仲がいいメディアに企画を持っていく

の四つです。

 

この四つでPRをする場合、画像がいいお店や有名な店が度々ピックアップされ、露出することが多くなります。露出が多くなるとそれが売り上げに直結することもあるので、ここを是正したい。

 

お店や料理人自らが発信する情報でもっと多く人に届くようにしたい!と思い、考え付いたのがTIKTOKとのコラボ。TIKTOKは昨年世界を席巻した超人気動画アプリ。30秒の短い動画を簡単に編集し、かっこいい音楽をつけてシェアすることができるツール。

 

やればやるほどシェアされるので、意欲があればどんどん露出する仕組み。

2019tiktok_img

 

四川フェス1ヶ月前に急遽決まったコラボ。いや厳しい…という皆の反対を押し切り、やってみましたが収穫はありました。こういう新しい挑戦を行うと、新しいコンテンツが生まれ、新しい四川料理ファンが生まれます。

 

四川フェス2019をつくった四川フェス実行委員会

こちらが四川フェス実行委員会の組織図です。

sohiki01soshiki02

全実務担当の菊池さん

57588187_2232979683437555_7343625088035454976_o

羊齧協会主席で一緒に中華料理もっと向上委員会をつくり、仕事をしている菊池さん。四川フェス一回から一緒に作っている盟友です。四川フェスの多岐にわたる実務。イベント会場とのやり取り、会場設営、四川フェス実行委員会の仲間の統率などありがとうございました!

 

エンターテインメントをつくるプロ集団

いつも最大限に盛り上げてくれる名人MCの三遊亭楽生師匠、中国語MCは斉月さん。その二人をサポートするのはマトン太郎氏と俳優の黒木くん。ステージ全体をプロデュースしてくれたBUBBLE-Bさん。最高のメンバーで四川フェスを盛り上げていただきました!!本当ありがとうございます!!!

 

L1050820

ステージを作り上げてくれた仲間たち!ステージは毎年どんどんパワーアップしています!

L1050221

お昼ご飯は龍の子さんに無理言って作ってもらった特製弁当を用意!

L1040792

中国語MCの斉月さんのドレスはいつも美しいです!

 

四川フェス店舗をまとめあげる店舗チーム

58375054_1976544735824345_261219167913377792_n

お店と一番やり取りが多いのが店舗チーム、女性陣のきめ細かい対応に各店舗も癒されます。

L1060103

店舗チームのマスコットキャラクター「本格パンダ」、店舗に問題があれば即対応・・・大変な任務でした、ありがとうございました!

ANAのチケットを当てたのは店舗チームの牧野さん!!スタッフも抽選会には参加、四川フェスを楽しみます!

ANAのチケットを当てたのは店舗チームの牧野さん!!スタッフも抽選会には参加、四川フェスを楽しみます!

 

四川フェスを設営・当日の運営を行うチーム

57486404_1976544875824331_4739560603717206016_n

朝は看板設置、各店舗の前の行列を誘導する印つくりなど盛りだくさんの仕事!

57604346_2232978883437635_9092660827529412608_o

昨年から四川フェス運営隊長の山ピー、さすがのコミュ力でチームを見事にまとめる!

57575309_10210697560554806_7436805116486746112_o

朝から看板をつけたり、テントは張ったりといろいろな仕事をします!

57703212_1976544515824367_8160669769159147520_n

運営は「アルファ」「ブラボー」「チャーリー」「デルタ」とエリアに分かれてチームを構成。今年は皆の動きがすごかったです!

57297763_1976544469157705_618692457055387648_n

上のエリアは「デルタ」。甘露の店主であり、デザイナーの向井隊長が指揮をとる

57774984_10210697554714660_2367797860918886400_o

腰の道具が本職感ある原さん、手際よい設営、本当に助かりました!!

58375978_1976544899157662_2253042231759863808_n

チーム「アルファ」の頼りがいがある男たち!10万人がきても混乱しなかったのはみんなのおかげです!

58375362_1976544785824340_1966608620816695296_n

四川料理5万食を食べたら、当然ラー油汚れがすごい・・・みんなでごしごしと掃除もします!

58374185_2232979640104226_6155985945435832320_o

チーム「チャーリー」隊長のチャーリーさんは皆の盛り上げ役、隣の原さんは名古屋から参戦

58745115_2232980476770809_8980052643363684352_o

フットワーク軽い、テッシーこと寺島さんは昨年から参加、ありがとうございます!

58462393_2232978990104291_3299816621828210688_o

チーム「ブラボー」隊長の河内さん。すべてを任せられる真面目でグルメで頼りになる男!

何万人もの来客者を捌く受付チーム

57303970_1976544492491036_5274615461810536448_n

メディア、ゲスト、問合せなどすべての問合せがくる受付。声が枯れるまで対応してくれたツグミさんはじめ皆さん、本当にありがとうございました!

 

TikTokガラポンチーム

L1060217

新宿中央公園から徒歩5分ところにあるTikTok。サイコロなどいろいろなグッズをかりて、いい感じのブースを作りました!

58373822_10210697560794812_5565283347866845184_o

当日どういう風にガラポンを回すか、もう出たとこ勝負!おかげ様で2日で700名分すべてガラポン完了!

 

Twitterトレンドにもなった奇跡の四川フェスPR

L1050160

ステージ横のテントではスマホとPCで常に情報発信をするPRチーム。売り切れ情報、コンテンツ情報などタイムリーにシェア。そしたら、まさかのTwitterトレンド入りに!

 

Twitterつながり、四川フェスが終わった翌日にバズる

こちらのツイートがバズり→togetterでまとめができる→ねとらぼで記事ができる→yahooニュースにのる→日経新聞から取材をうける!

わざわざ鳥取からきた田中農場さんに素敵プレゼント。四川フェスに参加するという挑戦を神様はしっかりみていたんですね。

常に近くにいて、全体を支えてくれた

L1050829

10年前に四川料理プロジェクトを始めた時はぼくと中川知香の二人だけだった

四川フェスは沢山の人が関わっています。その中で最高幹部はぼくと知香、菊池さんの三人です。

・ぼくはどちらかというと理想先行型で大きな絵を描き、人を巻き込み、プロジェクトを推進していく。

・菊池さんは実際にフェスをどう運営するか実務メインで考える。

・この二人の間で大量のこぼれ落ちる仕事を広い集め、形にしていたのが知香

なので、みんなには見えない部分は多かったかもしれませんが、実はかなり仕事量がありました。

 

近くにいるので、いつでも相談できる。頭の回転も速いし、1言えばすべてやってくれる。協賛企業集めも今年はプランを大幅に変えて、組みなおしをしました。その案を考えたのは知香。知香が考えて、ぼくがそれをデザインして、形にする。そんな二人三脚で仕事をしていました。

 

感謝!!!沢山の方たちがきてくれました!

L1040635

真ん中の方は鳩山由紀夫事務所の髙巴氏。成都から来た成都美食促進協会の皆さまとの記念撮影。

L1040664

近くに高級ホテルが多いので、外国人のみんなもたくさん遊びにきていました!

L1040737

四川省にある易中餐豆瓣醤工場の社長も来日!

L1040956

Retty TOP Pro user仲間の森田隼人氏と仲間たち!

L1050019

江戸中華・やまのべシェフ、さぷら伊豆・オカモーさん、南三・水岡シェフという濃いスリーショット!

L1050035

新宿中央公園なので、犬もOK!犬が青島ビールを!

L1050082

成都美食促進協会の会長さんも来日!

L1050087

やまのべシェフのファンの方?若い方に四川料理は人気です!

L1050241

外国人の方もたくさんきていまして!揃って青島ビール!?

L1050530

刺激的な四川料理はどの国の方でもおいしい!国境を越えますね!

L1050535

アンケートを獲ったら、60%以上が20代~30代!刺激的な麻辣は若い人に人気です!

L1050969

ノリノリのお兄さんたち、手に持っているのはたくさん配った炒飯油!

L1060067

イケメン変面師と中華一番の小川先生!

L1060645

四川を代表する五粮液をもっている白酒を販売する日和商事さんと力士の天一さん!

L1060646

2日で5800食を販売した陳家私菜の陳社長を囲み、みんなで記念撮影。四川フェスの仲間たちはどんどん増えていきます!

 

最後に

東京赤くする麻辣革命をおこす!

麻辣革命とは、「本当の四川料理をもっと多く人に知っていもらい、本場の料理が食べれる環境をつくる」活動です。

 

多くの中国料理のシェフたちは自身の郷土料理が一番おいしいと知っています。しかし、ぼくら消費者が現地の味を知らない、食文化を知らないばかりに一般的な中華料理を提供しています。

 

もちろん一般的なローカライズされた中華料理もぼくは大好きです。ただ、本場の料理はもっと豪快で、素晴らしくおいしい。麻婆豆腐のその先へ、まだまだ知られていない本当のおいしい四川料理、中国料理をぼくら一般の消費者が食し、求めることができれば、中国料理のシェフたちの本領を発揮できます。

 

四川フェスで提供している料理のように、現地感あふれる料理や日本人が自分の感性で再構築する料理が溢れたら、きっと楽しいですよね。日本と中国の関係も胃袋で結ばれます。

 

この一連の改革が麻辣革命です。

 

四川フェス2019を行った二日間。確かに麻辣革命はおきた。おこしたのはぼくらです。

L1050812

 

その波をさらに大きく、さらにおいしく。麻辣はあくまでスタートです。これからもっとおもしろく、刺激的でおいしい世の中をみんなで作っていけたら、最高におもしろいですね!

 

L1070133

四川フェス、多くの方にたすけていただきました。来年もまた違う形でさらなる挑戦をして、開催したいと思います。ぜひ、よろしくお願いいたします!!

 

四川フェス実行委員会・委員長:中川正道

※写真提供:廣田妃呂子さん、椎野さん、寺島さん

 

 

第六弾!四川料理超食べ歩きの集大成!田舎に眠る料理を探し出せ!

【令和元年10月22日祝日】10月13日(金)~10月23日(水)1000kmを駆け抜け、11の街へ行き名物料理を食べ歩く四日間。四川料理超食べ歩きの集大成!田舎に眠る料理を探し出せ!麻辣ブームの火付け役、四川料理の専門家とゆく過去最大18店舗を食べ歩く贅沢でグルメな旅!

第六弾!四川料理超食べ歩きの集大成!田舎に眠る料理を探し出せ!

四川料理を愛する仲間募集!四川料理情報を発信する無料メルマガ

四川料理の仲間を募集

【2日で10万人来場!】四川フェス2019 4.20~21

四川フェス2019

東京麻辣ストーリー~しびれる恋の行方

四川省成都からきた留学生「小桃(シャオタオ)」、麻婆豆腐好きの日本人大学生そう太。シャツにラー油がついた···から始まる四川料理恋愛ストーリー!

東京麻辣ストーリー

来場者6.5万人以上!中華一番!極、鈴木亜美さんと激辛コラボ

四川料理フェス

来場者2万人以上!日本初の四川料理の祭典、四川フェス2017

四川料理フェス

麻辣連盟 | 四川料理を愛する仲間たち

四川料理を愛し中華料理が大好き!麻辣党では普段日本で食べられている四川料理ではなく、本場の料理を皆で食べる食事会を中華料理店とコラボして、全国で開催します。食の好奇心に刺激され、まだ見ぬ大陸の味を日本で食しましょう!参加される方は入党ください!

麻辣連盟についてはこちらから

【出版】四川省・成都を中心にした食べ歩き旅行の決定版

涙を流し口から火をふく、四川料理の旅 (KanKanTrip)
中川 正道 張 勇
書肆侃侃房 (2014-08-25)
売り上げランキング: 30,730

SNSでも発信しています!

おいしい四川公式ページ

最新四川料理場はツイッターにて!

取材してきた四川料理画像を公開中

ご案内

人気記事まとめ

  1. 日本炒飯協会がオススメ!横浜で食べてほしいチャーハンベスト5
  2. 成都旅行が初めての方!絶対食べるべき5つの四川料理
  3. 次世代の四川料理!麻辣刀削麺マニアおすすめの3店舗
  4. 一度は行ってみたい!本店「陳麻婆豆腐」100年以上の老舗
  5. 四川でよく食べるお馴染みの川魚ベスト10

おいしい四川運営者について

辛い料理と食べ歩きを愛している方に、日本にはない本場の料理を食べるチャンスを提供する「四川料理の専門家・麻辣連盟総裁」の中川正道です
お気軽に友達申請ください。申請時は一言お願いします! facebookを見る


世界を遊び場に仕事をつくる

中川正道、1978年島根県生まれ。四川師範大学にて留学。四年間四川省に滞在し、四川料理の魅力にはまる。2012年にドイツへ移住。0からWEBデザインを勉強し、フリーのデザイナーとしてドイツで起業。2017年に日本へ帰国。「人生の時を色どる体験をつくる」をテーマに妻の中川チカと時色 TOKiiRO 株式会社を設立。
四川料理マニアたちがつくる四川料理の祭典「四川フェス」主催。過去動員数累計20万人。四川料理、しびれ、麻辣、マー活ブームに火をつけ中華業界を盛り上げる。