仙ノ孫
About me
中川正道。四川省公認の四川料理の専門家、麻辣連盟総裁、時色株式会社代表兼デザイナー。2002~2006年まで四川省に滞在、四川料理に魅了される。2012年に単身、四川省へ行き、四川の仲間たちと200店舗の四川料理店を食べ歩き「おいしい四川」サイトをリリース。2014年夏に日本初!四川料理食べ歩きガイドブック「涙を流して口から火をふく、四川料理の旅」を出版。2日間で6.5万人を動員した四川フェス主催。 これまでの活動が実を結び、2018年のマー活、花椒がブームに。「今年の一皿」ではしびれ料理が準グランプリになる。


 

四川フェス最大のコンテンツは、やっぱり四川料理!

本日からフェスに向けて、個性際立つ13の飲食ブースと物販3店舗をご紹介していきます!


 

四川料理店「中国料理 仙ノ孫」

P1420886

まずご紹介したいのが、九州男児・早田哲也オーナーシェフが腕を振るう四川料理店「中国料理 仙ノ孫」。今回「四川フェス」では、同店の冬の名物「火鍋」を提供します。

仙ノ孫 火鍋

その特徴は、牛脂に複数の香辛料を入れ、じっくりと加熱して香りを引き出す作り方。これは火鍋の本場・重慶式の製法で、複雑な香りとうまみ、さらにガツンとした辛さで後を引く味!

仙ノ孫 火鍋底料

通常は数日前に予約しないと食べられない一品ですが、「四川フェス」ではその火鍋を食べやすいスタイルで提供予定。

仙ノ孫

やみつきになる味を、ぜひこの機会に味わってください!

仙ノ孫

さらにもう一品は「白キクラゲ・雪燕(桃の樹液)・クコの実のキンモクセイシロップ煮」。いずれも肌や美容によいといわれる食材で、火鍋でしびれた口をひんやり癒してくださいね。

 

実家のご両親が育てた大分直送の新鮮

ちなみに店の自慢は、シェフの実家のご両親が育てた大分直送の新鮮野菜と、新鮮な内臓類を使った料理の数々。

仙ノ孫

料理によって使い分けている複数の辣油はもちろん、自家製の発酵唐辛子や水トウチなど、珍しい調味料をすべて自家製。いい食材を確かな技術で四川料理に仕立て上げています。

仙ノ孫

早田シェフは、中国料理業界では面倒見がよいお兄さん的存在。料理も男らしく、かつ繊細な味わいで、店にいったらすべての料理を食べてみたくなってしまうはず…。まずはフェスの料理にご期待ください!

基本情報

所在地: 東京都杉並区西荻北4丁目4−2
電話: 03-3390-4808
定休日:月曜日・火曜日 水曜日ランチ
http://www.sennomago.com/

 

第六弾!四川料理超食べ歩きの集大成!田舎に眠る料理を探し出せ!

【令和元年10月22日祝日】10月13日(金)~10月23日(水)1000kmを駆け抜け、11の街へ行き名物料理を食べ歩く四日間。四川料理超食べ歩きの集大成!田舎に眠る料理を探し出せ!麻辣ブームの火付け役、四川料理の専門家とゆく過去最大18店舗を食べ歩く贅沢でグルメな旅!

第六弾!四川料理超食べ歩きの集大成!田舎に眠る料理を探し出せ!

四川料理を愛する仲間募集!四川料理情報を発信する無料メルマガ

四川料理の仲間を募集

【2日で10万人来場!】四川フェス2019 4.20~21

四川フェス2019

東京麻辣ストーリー~しびれる恋の行方

四川省成都からきた留学生「小桃(シャオタオ)」、麻婆豆腐好きの日本人大学生そう太。シャツにラー油がついた···から始まる四川料理恋愛ストーリー!

東京麻辣ストーリー

来場者6.5万人以上!中華一番!極、鈴木亜美さんと激辛コラボ

四川料理フェス

来場者2万人以上!日本初の四川料理の祭典、四川フェス2017

四川料理フェス

麻辣連盟 | 四川料理を愛する仲間たち

四川料理を愛し中華料理が大好き!麻辣党では普段日本で食べられている四川料理ではなく、本場の料理を皆で食べる食事会を中華料理店とコラボして、全国で開催します。食の好奇心に刺激され、まだ見ぬ大陸の味を日本で食しましょう!参加される方は入党ください!

麻辣連盟についてはこちらから

【出版】四川省・成都を中心にした食べ歩き旅行の決定版

涙を流し口から火をふく、四川料理の旅 (KanKanTrip)
中川 正道 張 勇
書肆侃侃房 (2014-08-25)
売り上げランキング: 30,730

SNSでも発信しています!

おいしい四川公式ページ

最新四川料理場はツイッターにて!

取材してきた四川料理画像を公開中

ご案内

人気記事まとめ

  1. 日本炒飯協会がオススメ!横浜で食べてほしいチャーハンベスト5
  2. 次世代の四川料理!麻辣刀削麺マニアおすすめの3店舗
  3. 成都旅行が初めての方!絶対食べるべき5つの四川料理
  4. 一度は行ってみたい!本店「陳麻婆豆腐」100年以上の老舗
  5. 花椒でしびれまくるマー活!パクチーを超える次のブームへ

おいしい四川運営者について

辛い料理と食べ歩きを愛している方に、日本にはない本場の料理を食べるチャンスを提供する「四川料理の専門家・麻辣連盟総裁」の中川正道です
お気軽に友達申請ください。申請時は一言お願いします! facebookを見る


世界を遊び場に仕事をつくる

中川正道、1978年島根県生まれ。四川師範大学にて留学。四年間四川省に滞在し、四川料理の魅力にはまる。2012年にドイツへ移住。0からWEBデザインを勉強し、フリーのデザイナーとしてドイツで起業。2017年に日本へ帰国。「人生の時を色どる体験をつくる」をテーマに妻の中川チカと時色 TOKiiRO 株式会社を設立。
四川料理マニアたちがつくる四川料理の祭典「四川フェス」主催。過去動員数累計20万人。四川料理、しびれ、麻辣、マー活ブームに火をつけ中華業界を盛り上げる。