アバター
About me
中川正道。四川省公認の四川料理の専門家、麻辣連盟総裁、時色株式会社代表兼デザイナー。2002~2006年まで四川省に滞在、四川料理に魅了される。2012年に単身、四川省へ行き、四川の仲間たちと200店舗の四川料理店を食べ歩き「おいしい四川」サイトをリリース。2014年夏に日本初!四川料理食べ歩きガイドブック「涙を流して口から火をふく、四川料理の旅」を出版。2日間で10万人を動員した四川フェス主催。 これまでの活動が実を結び、2018年のマー活、花椒が話題になる。2019年の麻辣ブームの火付け役。


 

「四川辣妹子LEA @美味四川」Youtube始めました!

2016年から四川料理メディア「おいしい四川」の運営や中川の仕事を手伝ってくれているLEA(https://twitter.com/LeackyI)。

 

コロナ前に地元の四川省に帰郷。いつか動画を撮ってみたい…という思いをもっていたので、2022年から

新しい四川を発見する!

をテーマに毎週動画を更新していく予定です。ぜひ、チャンネル登録してみてみてください!

【成都・夜市】ユネスコに選ばれるアジア初の「世界美食の都」四川省成都市の夜市を3ヶ所巡った!最も人気な日本のB級グルメとは?

成都生まれ成都育ちのLEAが成都で行くべき「3つの夜市」をご紹介します!

 

見どころのポイント

①成都の繁華街の中心地「春熙路」:昼は美女を見て、夜はおいしいものを食べてぶらぶら

②新城市広場店にある夜猫子(イェ・マオ・ズー)夜市:とにかく豊富な屋台、お店があり満腹間違いない!

③昔ながらの通りがオシャレになっていた「望平街(ワンピンジエ)」:たまたま広西省の友達と遭遇、民芸品の屋台通り

 

 ①成都の繁華街の中心地「春熙路(チュン・ルー・シー)」

昼は成都美人を夜は小腹にいれる小吃がおすすめ!

 

最初にご紹介するのは、成都で最もにぎやかな街『春熙路』。伊勢丹の近くにあり、屋台の数はそこまで多くはありませんが、中国・韓国・日本の3か国のグルメが集まっています。

 

四川の代表的なB級グルメでウサギの頭や、叶儿粑(もち米の粉で作った生地で芽菜と豚ひき肉を包み、外側に葉で包んだ蒸した点心)、担担麺など、ここの夜市ではなんでもあります。

 

②新城市広場店にある夜猫子(イェ・マオ・ズー)夜市

 

2か所目は『夜猫子』。『夜猫子』はフクロウ、宵っ張り(※夜遅くまで起きていて、朝遅くまで寝ているこ)という意味。

 

この夜市はたくさんのグルメがあるので、食べ歩きが好きな人にはとてもおススメ。屋台も100軒近くあり、四川の現地グルメから日本・韓国はもちろん、東南アジアの料理やアメリカのホットドックまで、たくさんのグルメに出会える。

 

さらにタピオカのお店も10件以上あり、タピオカ好きな人にはとても嬉しいエリアです。

 

③昔ながらの通りがオシャレになっていた「望平街(ワンピンジエ)」

 

3か所目は『望平街』。ここはおしゃれなカフェや本屋さんがたくさんあるので、晩御飯のあとにゆっくりするのにおススメです。

オシャレな場所もたくさんあるので、デートにもいいですよ!

 

屋台はグルメというよりは、手作り雑貨の屋台がメインになっています。アクセサリーや伝統的な木製品、インコも売られていたりします。もちろんグルメもたくさんありますよ!

 

まとめ

成都は中国内陸では多くの民族が生活をしている街。そのためなのか、包容力と調和性があり、他の省の人にとってもすごく住みやすい街。幸福度も毎年、中国で一番高いのが成都。

 

最近では四川料理以外も沢山の料理が食べれるようになった。夜市に行くと四川の伝統的料理から海外の料理まで気軽に楽しむことができる。

 

成都に行ったときは、昼は美女を探し、おいしい四川料理を食べて、お茶を飲む。夜は屋台をぶらぶら散策もおすすめの過ごし方です!

 

四川辣妹子LEA @美味四川のYoutubeチャンネルはこちら


 
 
 

2008年からスタート。13年をかけた四川料理プロジェクトの全貌はこちら!

四川料理プロジェクト

6000人が購読!四川料理を愛する仲間募集!四川料理情報を発信する無料メルマガ

四川料理の仲間を募集

東京麻辣ストーリー~しびれる恋の行方

四川省成都からきた留学生「小桃(シャオタオ)」、麻婆豆腐好きの日本人大学生そう太。シャツにラー油がついた···から始まる四川料理恋愛ストーリー!

東京麻辣ストーリー

麻辣連盟 | 四川料理を愛する仲間たち

麻辣連盟

四川料理を愛し中華料理が大好き!麻辣連盟では普段日本で食べられている四川料理ではなく、本場の料理を皆で食べる食事会を中華料理店とコラボして、全国で開催します。食の好奇心に刺激され、まだ見ぬ大陸の味を日本で食しましょう!参加される方は入党ください!

麻辣連盟についてはこちらから

【出版】四川省・成都を中心にした食べ歩き旅行の決定版

涙を流し口から火をふく、四川料理の旅 (KanKanTrip)
中川 正道 張 勇
書肆侃侃房 (2014-08-25)
売り上げランキング: 30,730

SNSでも発信しています!

おいしい四川公式ページ

最新四川料理はツイッターにて!

取材してきた四川料理画像を公開中

ご案内

人気記事まとめ

  1. 日本炒飯協会がオススメ!横浜で食べてほしいチャーハンベスト5
  2. 四川でよく食べるお馴染みの川魚ベスト10
  3. 中国人が選ぶ!成都の絶対食べ逃してはいけない美食ベスト31四川料理2018年版
  4. 家に生きたまま天然記念物オオサンショウウオ(養殖)が届く!?焦りまくって火鍋屋へ…広元市青渓古鎮は野生生物の宝庫なんです。
  5. 楽山名物の本場「跷脚牛肉」を食べる

おいしい四川運営者について

辛い料理と食べ歩きを愛している方に、日本にはない本場の料理を食べるチャンスを提供する「四川料理の専門家・麻辣連盟総裁」の中川正道です
お気軽に友達申請ください。申請時は一言お願いします! facebookを見る


世界を遊び場に生きる

中川正道
中川正道、1978年島根県生まれ。四川師範大学にて留学。四年間四川省に滞在し、四川料理の魅力にはまる。2012年にドイツへ移住。0からWEBデザインを勉強し、フリーのデザイナーとしてドイツで起業。2017年に日本へ帰国。「人生の時を色どる体験をつくる」をテーマに妻の中川チカと時色 TOKiiRO 株式会社を設立。
四川料理マニアたちがつくる四川料理の祭典「四川フェス」主催。過去動員数累計24.5万人。四川料理、しびれ、麻辣、マー活ブームに火をつけ中華業界を盛り上げる。