About me
中川正道。四川省公認の四川料理の専門家、麻辣連盟総裁、時色株式会社代表。2002~2006年まで四川省に滞在、四川料理に魅了される。2012年に単身、四川省へ行き、四川の仲間たちと200店舗の四川料理店を食べ歩き「おいしい四川」サイトをリリース。2014年夏に日本初!四川料理食べ歩きガイドブック「涙を流して口から火をふく、四川料理の旅」を出版。2日間で6.5万人を動員した四川フェス主催。得意技は四川料理、デザイン、巻き込み力。


 

Twitter上でこんなつぶやきを発見。

 

 

調べてみたところ元ネタはコチラの記事

 

■中国で昨年だけで四川料理店が4万軒減少 あっさり味好む中国人が増加中

http://j.people.com.cn/n3/2018/0523/c94475-9463420.html

■《中国餐饮报告2018》发布 川菜退烧 一年减少4万家

http://www.cwroom.com/hangye/zixun/cwroom_hangye_152734222415113.html

 

中国本土の四川料理ブームはピークを向かえたのか?

特にここ五年ぐらい四川料理の浸透ぶりはすごく、中国全土では四川料理のお店がぼこぼこと乱立。もともと人気があった四川料理がさらにブームになった印象がありました。

 

ところが…つい最近のデリバリーアプリ・美団の「中国飲食業界報告2018」の統計によると、中国全土の四川料理店がこの1年で4万軒減少した。16年と比べると、成都や重慶を含む多くの都市の四川料理店の数が減少した。北京を見ると、この1年で約4000軒、上海は約3000軒減少。

 

どうやらこの傾向は中国全土であるようです。以下の記事には広州の記者の方が広州市の四川料理店が密集する場所にて、実態を確認するために取材へ行ってきた内容がまとまっています。

 

出典:广州川菜馆进入“退烧期”,一年关门1626家!

http://baijiahao.baidu.com/s?id=1601454372284096605&wfr=spider&for=pc

 

広州での四川料理店の人気は?

 

広州市で人気四川料理店が密集している以下の場所。

 

  • 广州市天河区兴盛路
  • 广州市天河区体育西路体育西横街

 

こちらの記事よると兴盛路では大龙燚、小龙坎、蜀大侠、大嘴猫、川西坝子、水川石、禄鼎记、大宅门等、人気火鍋店、四川料理店では8割以上の稼働率。

 

実際に兴盛路にて四川料理店を経営している老板に話をきくと、

昨年から少しづつお客が減ってきた、特に若い客。ただし、一定数のお客はいる。有名な四川料理店ということもあり、集客はできている。

体育西横街の方はというと、こちらは有名な四川料理チェーンではなく、知名度がないローカルな店が多い。なので、だんだんと淘汰され、減少している。

 

まとめ

 

結論はというと、記事の中のこの言葉に要約されているかと。

 

“不时不食,不鲜不食”的广州,广州的消费者口味转变相当迅速

わかりやすく訳すと

旬と鮮度を大切に食べる…それが広州。広州の消費者の流行り廃りは早い。

 

これは何も広州だけの話ではありません。食べることに並々ならぬ関心を示す中国。食の流行は次から次へと移り変わります。

 

ここ最近は味がしっかりした四川料理がトップを走りつつ、湖南料理も後に並ぶという感じでしたが、飽和してくると次は「重口味(重いガッツリ系)」→「品鮮型(新鮮さっぱり系)」に移るのかもしれません。

 

実際に四川省成都でも日本料理の人気が半端なく、いまやいたるところで日本料理のお店があります。これも味覚の多様化によるものかと。

 

ただし、変わらない四川の味というのはずっと継承されるはずです。その証拠として、10年前は一斉を風靡した菜種油など植物性の油を使った清油火鍋から、今は伝統回帰、ガッツリ系の牛油火鍋に戻っています。

 

そして、火鍋の聖地重慶では油を濾して使いどんどん味が染み込んでいく老油を使った火鍋も普通に存在します。

 

流行りに振り回されない伝統的で本当においしい料理は長くずっと愛されるていく・・・四川料理はそういう料理です。一時のピークがきてもずっと愛されつづける料理。

 

四川料理は時代の流行にもなり、伝統回帰した古典料理にもなり、今後も中国、日本、世界中でぼくらを楽しませてくれるはず。

 

ということで、四川料理は流行り廃りを超越する料理へと進化していく、ぼくら四川料理マニアとしては、そう願いつつ、今日もおいしい四川料理を探し、食べつくしていきます。

 

いつか日本でも中国と同じように四川料理店が飽和状態となり、淘汰されるという現象が起きるかもしれません。しかし、その時には四川料理はさらに進化し、流行りを超越してスタンダードになっていく…それぐらいポテンシャルがある料理だと感じています。

 

さぁ、今日もおいしい四川料理を作り、食べましょう!!

 

【入場無料】四川フェス2019 4.20~21

累計来場者数10万人以上、消費者主導で行う世界最大の四川料理の祭典「四川フェス」を新宿中央公園にて開催決定。日本にいる四川料理シェフ、日本在住の四川料理シェフ、四川省からの有名シェフが集まる四川料理ドリームチームをつくり、最高においしい四川料理でしびれる麻辣革命をおこしましょう!

四川フェス2019

第四弾・麻辣を極める四川省と重慶を食べつくす旅

今回の食べ歩きツアーは重慶市内はもちろんのこと、重慶の東の地区を回ります。例えば重慶大足、璧山、江津、郵亭、荣昌といったエリアです。断言できるのは「こんな地方都市行く人はまずいない」ということ。

そんなドローカルな場所へ大型バスを乗りつけ、1日6食ほど食べ、白酒で祝杯をあげて、楽しむツアーです!詳しくはこちらから!

四川料理超食べ歩きツアー

四川料理情報を発信する無料メルマガ

四川料理の仲間を募集

来場者6.5万人以上!中華一番!極、鈴木亜美さんと激辛コラボ

四川料理フェス

来場者2万人以上!日本初の四川料理の祭典、四川フェス2017

四川料理フェス

麻辣連盟 | 四川料理を愛する仲間たち

四川料理を愛し中華料理が大好き!麻辣党では普段日本で食べられている四川料理ではなく、本場の料理を皆で食べる食事会を中華料理店とコラボして、全国で開催します。食の好奇心に刺激され、まだ見ぬ大陸の味を日本で食しましょう!参加される方は入党ください!

麻辣連盟についてはこちらから

【出版】四川省・成都を中心にした食べ歩き旅行の決定版

SNSでも発信しています!

おいしい四川公式ページ

最新四川料理場はツイッターにて!

取材してきた四川料理画像を公開中

ご案内

人気記事まとめ

  1. 日本炒飯協会がオススメ!横浜で食べてほしいチャーハンベスト5
  2. 花椒でしびれまくるマー活!パクチーを超える次のブームへ
  3. 成都旅行が初めての方!絶対食べるべき5つの四川料理
  4. 一度は行ってみたい!本店「陳麻婆豆腐」100年以上の老舗
  5. 担担麺だけじゃない!世代を超えて愛される四川の麺40選

おいしい四川運営者について

辛い料理と食べ歩きを愛している方に、日本にはない本場の料理を食べるチャンスを提供する「四川料理の専門家・麻辣連盟総裁」の中川正道です
お気軽に友達申請ください。申請時は一言お願いします! facebookを見る


自分の人生を生きる、ワクワクする仕事を

中川正道、1978年島根県生まれ。2012年にドイツへ移住。0からWEBデザインを勉強し、フリーのデザイナーとしてドイツで起業。2017年に日本へ帰国。「人生の時を色どる体験をつくる」をテーマに妻の中川チカと時色 TOKiiRO 株式会社を設立。
民間主導、世界最大の四川料理の祭典「四川フェス」を主催。二日間で6.5万人を動員。四川料理、しびれ、麻辣、マー活ブームに火をつけ中華業界を盛り上げる。三国志、水滸伝などの歴史小説好き。熱いアニメ「宇宙兄弟」が大好き。 https://masamichi-design.com/