アバター
About me
中川正道。四川省公認の四川料理の専門家、麻辣連盟総裁、時色株式会社代表兼デザイナー。2002~2006年まで四川省に滞在、四川料理に魅了される。2012年に単身、四川省へ行き、四川の仲間たちと200店舗の四川料理店を食べ歩き「おいしい四川」サイトをリリース。2014年夏に日本初!四川料理食べ歩きガイドブック「涙を流して口から火をふく、四川料理の旅」を出版。2日間で10万人を動員した四川フェス主催。 これまでの活動が実を結び、2018年のマー活、花椒が話題になる。2019年の麻辣ブームの火付け役。


 

「新・日本男児と中居」無事放送終了しました!!!

これまで報道番組の1トピックスとして、花椒や麻辣が取り上げられ、コメントや取材などサポートしてきました。しかし、今回は30分間、新しい切り口「爽」でしっかりと取り上げてもらい、素直にうれしかったです!

 

放送は4月11日までTverで放送されていますので、見逃した方は見てみてください。

https://tver.jp/corner/f0049375

 

激辛の先にある「爽」(シュワン)とは?

単なる「四川料理マニア」ではなく、世の中に新しい価値を提案するというのが新日本男児という番組の特徴。幾度となく、スタッフの方と電話で話し、

食べ続ければ、激辛ではなく、爽(shuang)になっていくのが四川料理

と話したところ、これだ!ということで、企画が動き出しました。

 

 

辛さの中に旨味と香りがある四川料理

昨今の辛いだけの激辛ブームもいいですが、四川料理はただ辛いだけではない。辛さの中に旨味と香りがあり、成立している料理です。

 

 

初めて「爽」の領域にたどり着いたのは?

四川人と一緒に火鍋、干鍋、烤魚など辛い料理を食べていて、辛さと花椒のしびれがMAXに達したときに

好爽(ハオシュワン)!!

と、「ああ、気持ちい!!!!」いいます。

 

最初はこの感覚が分かりませんでした。しかし、四川省に1年住んでみるとだんだん辛さの免疫ができ、唇がしびれる感覚を味わうと、だんだん癖になってくる。

 

そして、1年がたち、2年がたつ頃には「爽」とはこれか!と実感できるようになりました。まさに激辛の先にある感覚。

 

 

単に辛いだけじゃない。旨味と強烈な食欲を刺激する香りが重要です。そう、まさに四川料理の醍醐味です。

 

 

麻婆豆腐で爽(シュワン)になれるのか?

麻婆豆腐といえば、本家本元の陳麻婆豆腐。麻婆豆腐の発祥のお店です。四川省成都に本店がありますが、日本にも8店舗展開しています。

一度は行ってみたい!本店「陳麻婆豆腐」100年以上の老舗

今回は赤坂東急プラザにある陳麻婆豆腐で特別な中川スペシャルの麻婆豆腐を作ってもらい、食べてみました。

 

 

結論からいうと、ぼくの思い描く「爽(シュワン)」はある一定時間が必要なのですが、この麻婆豆腐、陳麻婆豆腐側の気合が入りすぎて、一瞬でノックアウト。

 

厨房で作り方を見ていましたが、通常の麻婆豆腐よりさらに辛くするために一味とうがらしを大量に投下。ここまでよかったのですが、最後に麻婆豆腐の上に「トリニダード・スコーピオン」を大量に投下。

 

これがあまりにも辛く悶絶。通常は30分~1時間くらいかかるのですが、10分で爽へ達しました。恐るべし、陳麻婆豆腐。。

 

火鍋激戦区の新宿でNo.1の小龍坎火鍋でロケ

四川省にいたころに一番「爽」に入ったのが火鍋。毎週1回は火鍋食べないと物足りなくなるぐらいまで、はまっていました。そんな大好きな火鍋、2006年に日本へ帰ってきたら、全然食べれる環境がない。

 

火鍋は中国へ行ったときに食べるもの…となっていましたが、2019年状況は一変します。

 

2015年に四川省第二の都市、綿陽市を発祥とする海底捞火鍋が池袋に出店。在日中国人に大人気に。そして、小肥羊など北方系火鍋が日本にどんどん増える中、2019年10月に大本命の成都を制覇した小龍坎火鍋がついに東京へ上陸。

 

 

現在、中国国内を中心に900店舗を展開。すごいことになっています。ぼくら2016年、まさに成都を席捲していた時に、取材しました。その時の記事がこちらです。

 

火鍋大爆発!激辛好きにはたまらない行列必須の小龍坎老火鍋へ行こう

スタジオで爽(シュワン)へいけるか!?

中居さんや明石ガクトさん、伊藤一郎さんにこちらの牛脂たっぷりの紅湯火鍋をたべていただきました。スタジオは火鍋の香りで充満。食欲がそそります!

 

食べるのはこちらの唐辛子がびっちりかかった覇王牛肉。こちらの牛肉なにがすごいって、しゃぶしゃぶしても、唐辛子が落ちないこと。辛くも香ばしい香りがおいしい絶品のメニューの一つ。

 

 

辛いものが苦手な中居さん。本気で辛いと悶絶してました(笑)

 

 

辛いものを食べ続けてたどり着く先とは?

単なる激辛は痛みでしかありません。その痛みが快感になる…という方もいるかもしれません。

しかし、四川料理は激辛のみではありません。辛味の中にしびれや味があり、味の掛け算でどんどんパワーアップさせる攻撃的な料理です。その料理を食べ続けると、爽快な感覚が待っています。それが「爽」です。

 

また四川料理は激辛!という印象がありますが、本当の四川料理は素材の旨味を最大限に引き出す、シンプルな料理もたくさんあります。

 

最後に

激辛の先には「爽」が待っています。しかし、あまりにも毎日激辛料理を食べ続けると、待っているのは「痔」です。ラー油が襲い掛かり、痔になると恐ろしい痛みが伴います。

 

そのためか、成都にはたくさんの肛門科があり、痔の治療技術が発展しています。

皆さん、激辛の食べすぎには注意しましょうね!

 

 

【12月開催予定】四川フェス2020@オンライン!

全国100店舗の四川料理・中華料理店が集結!四川フェス限定メニューを作り、テイクアウト&ECで提供。そして、各専門家が集結し、四川フェスTV24時間を生配信する。怒涛の四川フェスオンラインを作ります!

四川フェス2020

四川料理を愛する仲間募集!四川料理情報を発信する無料メルマガ

四川料理の仲間を募集

【2日で10万人来場!】四川フェス2019 4.20~21

四川フェス2019

東京麻辣ストーリー~しびれる恋の行方

四川省成都からきた留学生「小桃(シャオタオ)」、麻婆豆腐好きの日本人大学生そう太。シャツにラー油がついた···から始まる四川料理恋愛ストーリー!

東京麻辣ストーリー

来場者6.5万人以上!中華一番!極、鈴木亜美さんと激辛コラボ

四川料理フェス

来場者2万人以上!日本初の四川料理の祭典、四川フェス2017

四川料理フェス

麻辣連盟 | 四川料理を愛する仲間たち

四川料理を愛し中華料理が大好き!麻辣連盟では普段日本で食べられている四川料理ではなく、本場の料理を皆で食べる食事会を中華料理店とコラボして、全国で開催します。食の好奇心に刺激され、まだ見ぬ大陸の味を日本で食しましょう!参加される方は入党ください!

麻辣連盟についてはこちらから

【出版】四川省・成都を中心にした食べ歩き旅行の決定版

涙を流し口から火をふく、四川料理の旅 (KanKanTrip)
中川 正道 張 勇
書肆侃侃房 (2014-08-25)
売り上げランキング: 30,730

SNSでも発信しています!

おいしい四川公式ページ

最新四川料理はツイッターにて!

取材してきた四川料理画像を公開中

ご案内

人気記事まとめ

  1. 日本炒飯協会がオススメ!横浜で食べてほしいチャーハンベスト5
  2. 四川でよく食べるお馴染みの川魚ベスト10
  3. 一度は行ってみたい!本店「陳麻婆豆腐」100年以上の老舗
  4. 中国では餃子が主食!一番ベストな餃子の食べ方とは?
  5. 次世代の四川料理!麻辣刀削麺マニアおすすめの3店舗

おいしい四川運営者について

辛い料理と食べ歩きを愛している方に、日本にはない本場の料理を食べるチャンスを提供する「四川料理の専門家・麻辣連盟総裁」の中川正道です
お気軽に友達申請ください。申請時は一言お願いします! facebookを見る


世界を遊び場に仕事をつくる

中川正道、1978年島根県生まれ。四川師範大学にて留学。四年間四川省に滞在し、四川料理の魅力にはまる。2012年にドイツへ移住。0からWEBデザインを勉強し、フリーのデザイナーとしてドイツで起業。2017年に日本へ帰国。「人生の時を色どる体験をつくる」をテーマに妻の中川チカと時色 TOKiiRO 株式会社を設立。
四川料理マニアたちがつくる四川料理の祭典「四川フェス」主催。過去動員数累計20万人。四川料理、しびれ、麻辣、マー活ブームに火をつけ中華業界を盛り上げる。