アバター
About me
陳 琬蓥 (lea chen)、四川出身の四川料理マニア。中国語、日本語、英語をしゃべる好奇心旺盛で多趣味な人。ストレス解消法:「甜水麺」「葉兒耙」「蛋烘糕」「水煮魚」「干鍋兎」「肥腸粉」「麻辣烤鱼」「紅油水餃」「烤脳花」「鶏米芽菜」「粉蒸牛肉」を爆食いする。


清末民初発祥の四川名物 – 鴨血火鍋

鴨血(ヤーシエ)は中国料理によく使われる、鴨の血を固めて作ったプリン状の食べもの。豆腐のようなプルプルした食感の鴨血は、ビタミン類、タンパク質、鉄分、ミネラルなどを含まれた、栄養豊富な健康食です。

鴨血の火鍋は清末民初時代に四川発祥の地方名物。80代の料理人譚さんは子供時代に食べていた鴨血火鍋の作り方から、オリジナルの作り方を開発しました。

2018年1月に成都で復活してから、色鮮やかで味が濃厚な牛脂スープ、新鮮な食材、特製料理ですぐブームに。

半年で中国全国へ。日本を含めた海外への進出を計画中とのこと。

伝統的な火鍋

4

外観

650A1683

 

歴史感じる店内の雰囲気

中国風インテリアのレストランに、低いベンチに囲まれた小さな赤いテーブルがずらりと並べられ、100年前の四川の飲食店の賑やかな雰囲気が再現されています。

650A1640
650A1668

 

鴨血火鍋の人気メニュー

譚公鴨血 7元(約115円)

絶対に食べ逃してはいけない看板メニュー。栄養たっぷりの鴨の血は、つるつるぷるぷるして、口に入れた瞬間に溶けてしまいます。奇妙な食感で最高です!

650A2427

極品鮮毛肚  29元(約475円)

3

牙签香菜牛肉  23元(約375円)

2

冰鮮老豆腐  8元(約130円)

1

 

看板メニューのおつまみ

卤水肥腸 26元(約425円)

秘密の卤汁(煮汁)で煮込んだすべての卤菜がおススメです。卤水肥腸以外、卤鵪鶉蛋(うずらの玉子)、卤水豆腐乾も大人気。

5

譚公酥肉  19元(約310円)

650A9003

黒糖糍粑  15元(約245円)

7

(photo via @大衆点評)

 

まとめ

 

「成都に一番おいしい鴨血火鍋」と言われる譚鴨血老火鍋は、破竹の勢いで半年で成都で20店舗近く展開しています。

人気なのでいつも行列があり、2~3時間待つのは当たり前。食べにいく時はできるだけ早く整理券をもらいに行きましょう!

 

譚鴨血老火鍋(太古里店)の基本情報

営業時間:10:00 – 4:00

住所:成都市東大街下東大街段三聖街68号

http://www.dianping.com/shop/98759587

2021年【麻辣グランプリ】開催!

四川フェススピンオフ企画「本当においしい麻辣商品を決める!」麻辣グランプリを開催します。麺、ラー油、火鍋の素、麻婆豆腐の素、お菓子の部門に分け、販売されている麻辣商品のグランプリを決める祭典。審査はすべて実食。麻辣好きな有識者で行います。

プロ、アマの商品問わず、国境も問いません。我こそは最高の麻辣商品を持っているという個人、法人が対象です。まずはエントリーください!

麻辣グランプリ

6000人が購読!四川料理を愛する仲間募集!四川料理情報を発信する無料メルマガ

四川料理の仲間を募集

【コロナ禍イベント】四川フェス2020@オンライン

四川フェス2020

【2日で10万人来場!】四川フェス2019

四川フェス2019

東京麻辣ストーリー~しびれる恋の行方

四川省成都からきた留学生「小桃(シャオタオ)」、麻婆豆腐好きの日本人大学生そう太。シャツにラー油がついた···から始まる四川料理恋愛ストーリー!

東京麻辣ストーリー

麻辣連盟 | 四川料理を愛する仲間たち

四川料理を愛し中華料理が大好き!麻辣連盟では普段日本で食べられている四川料理ではなく、本場の料理を皆で食べる食事会を中華料理店とコラボして、全国で開催します。食の好奇心に刺激され、まだ見ぬ大陸の味を日本で食しましょう!参加される方は入党ください!

麻辣連盟についてはこちらから

【出版】四川省・成都を中心にした食べ歩き旅行の決定版

涙を流し口から火をふく、四川料理の旅 (KanKanTrip)
中川 正道 張 勇
書肆侃侃房 (2014-08-25)
売り上げランキング: 30,730

SNSでも発信しています!

おいしい四川公式ページ

最新四川料理はツイッターにて!

取材してきた四川料理画像を公開中

ご案内

人気記事まとめ

  1. 日本炒飯協会がオススメ!横浜で食べてほしいチャーハンベスト5
  2. 四川でよく食べるお馴染みの川魚ベスト10
  3. 中国人が選ぶ!成都の絶対食べ逃してはいけない美食ベスト31四川料理2018年版
  4. 麻婆豆腐より滑らかでうまい!脳花(豚の脳みそ)の美味しい食べ方5選
  5. 中国では餃子が主食!一番ベストな餃子の食べ方とは?

おいしい四川運営者について

辛い料理と食べ歩きを愛している方に、日本にはない本場の料理を食べるチャンスを提供する「四川料理の専門家・麻辣連盟総裁」の中川正道です
お気軽に友達申請ください。申請時は一言お願いします! facebookを見る


世界を遊び場に仕事をつくる

中川正道、1978年島根県生まれ。四川師範大学にて留学。四年間四川省に滞在し、四川料理の魅力にはまる。2012年にドイツへ移住。0からWEBデザインを勉強し、フリーのデザイナーとしてドイツで起業。2017年に日本へ帰国。「人生の時を色どる体験をつくる」をテーマに妻の中川チカと時色 TOKiiRO 株式会社を設立。
四川料理マニアたちがつくる四川料理の祭典「四川フェス」主催。過去動員数累計20万人。四川料理、しびれ、麻辣、マー活ブームに火をつけ中華業界を盛り上げる。