eyecatch
About me
陳 琬蓥 (lea chen)、四川出身の四川料理マニア。中国語、日本語、英語をしゃべる好奇心旺盛で多趣味な人。ストレス解消法:「甜水麺」「葉兒耙」「蛋烘糕」「水煮魚」「干鍋兎」「肥腸粉」「麻辣烤鱼」「紅油水餃」「烤脳花」「鶏米芽菜」「粉蒸牛肉」を爆食いする。


子非の由来

子非の由来は『荘子・秋水』に記載されている荘子の寓話である。

荘子与惠子游于濠梁之上。(荘子と恵子が濠梁の上で散歩をしていた。)荘子が言った:「鯈魚出游从容,是魚之楽也。(魚が出てきて遊んでいる。それこそ魚の楽しみのだ。)」

恵子が言った:「子非魚、安知魚之楽?」(君は魚ではない。なんで君が魚の楽しみがわかっているのか?)」

荘子が言った:「君は僕ではない。どうして僕が魚の楽しみを分からないのか、君が分かっている?」

 

この寓話は荘子の天地で遊ぶ逍遥自在な志向を表現している。

 

子非の料理も荘子の寓話と同じく、空腹を満たすだけのものではない。

 

中国古代の哲学者の知恵、中国の伝統文化及び成都の伝統料理から生まれた、美食と文化を融合した新しい体験である。料理の香り、味、形、器、そして料理が寓する意味など、見た目の美しさから、心を感動させる深みまで、全てにこだわっている。

 

また、料理以外は川劇や四川の伝統民俗、伝統楽器の演奏など、四川地域の多彩な文化を体験することができる。

IMG_8175

 

賑やかな古い町にある静かな庭園

子非は成都の人気観光スポット寬窄巷子に位置している。結構賑やかな町だが、子非の扉に入ると、静かな庭園が現れる。レストランが2回建ての古い木造建築にある。インテリアデザインも巨大な魚の灯篭、石の彫刻、仏像など、古い中国の味わいに溢れている。

看板

IMG_8190

庭園内の風景

IMG_8189

インテリア

IMG_8167

 

看板メニュー

料理は1万1千円のコースから。メニューは決められているが、クラシックな看板料理と旬の料理が両方楽しめる。全ての料理は美しい絵のように、心を込めてデザインされている。

花開冨貴(花の形の点心と2種類の味付の蟹料理のセット)

IMG_8181

IMG_8178

鳥籠吊焼乳鴿(焼いた鳩の料理)

IMG_8169

荷塘月色

IMG_8151

糖山金糸銀鱈魚(ホワイトチョコレートのボールにある銀ダラ料理)

IMG_8179
IMG_8172

毛筆蘇(筆の形の点心)

IMG_8184

IMG_8157

開水白菜(鶏肉、豚骨などを使った、そこまで澄んだ四川の名湯菜)

IMG_8173

子非鶏

IMG_8176

石榴琵琶意悠悠

IMG_8168

菊花羊肚菌(聞く花の形の豆腐とアミガサタケのスープ)

IMG_8187

(photo via @大衆点評)

 

まとめ

「麻婆豆腐」「回鍋肉」「担々麺」「紅油水餃」など、庶民向けのイメージがある伝統四川料理や四川のB級グルメは海外でも人気が高いが、子非のような伝統を新しく、美しく呈した高級の新派四川料理は国内でもまだそんなに知られていない。

もし機会があれば、ぜひ子非の庭園に訪れて、味わい深い美しい四川料理をご賞味ください。

 

子非の基本情報

営業時間: 11:00 – 14:00  17:00-20:00

住所:四川省成都市錦江区寛巷子25号

http://www.dianping.com/shop/2461336

 

【入場無料】四川フェス2019 4.20~21

累計来場者数10万人以上、消費者主導で行う世界最大の四川料理の祭典「四川フェス」を新宿中央公園にて開催決定。日本にいる四川料理シェフ、日本在住の四川料理シェフ、四川省からの有名シェフが集まる四川料理ドリームチームをつくり、最高においしい四川料理でしびれる麻辣革命をおこしましょう!

四川フェス2019

第四弾・麻辣を極める四川省と重慶を食べつくす旅

今回の食べ歩きツアーは重慶市内はもちろんのこと、重慶の東の地区を回ります。例えば重慶大足、璧山、江津、郵亭、荣昌といったエリアです。断言できるのは「こんな地方都市行く人はまずいない」ということ。

そんなドローカルな場所へ大型バスを乗りつけ、1日6食ほど食べ、白酒で祝杯をあげて、楽しむツアーです!詳しくはこちらから!

四川料理超食べ歩きツアー

四川料理情報を発信する無料メルマガ

四川料理の仲間を募集

来場者6.5万人以上!中華一番!極、鈴木亜美さんと激辛コラボ

四川料理フェス

来場者2万人以上!日本初の四川料理の祭典、四川フェス2017

四川料理フェス

麻辣連盟 | 四川料理を愛する仲間たち

四川料理を愛し中華料理が大好き!麻辣党では普段日本で食べられている四川料理ではなく、本場の料理を皆で食べる食事会を中華料理店とコラボして、全国で開催します。食の好奇心に刺激され、まだ見ぬ大陸の味を日本で食しましょう!参加される方は入党ください!

麻辣連盟についてはこちらから

【出版】四川省・成都を中心にした食べ歩き旅行の決定版

SNSでも発信しています!

おいしい四川公式ページ

最新四川料理場はツイッターにて!

取材してきた四川料理画像を公開中

ご案内

人気記事まとめ

  1. 花椒でしびれまくるマー活!パクチーを超える次のブームへ
  2. 日本炒飯協会がオススメ!横浜で食べてほしいチャーハンベスト5
  3. 成都旅行が初めての方!絶対食べるべき5つの四川料理
  4. 一度は行ってみたい!本店「陳麻婆豆腐」100年以上の老舗
  5. 担担麺だけじゃない!世代を超えて愛される四川の麺40選

おいしい四川運営者について

辛い料理と食べ歩きを愛している方に、日本にはない本場の料理を食べるチャンスを提供する「四川料理の専門家・麻辣連盟総裁」の中川正道です
お気軽に友達申請ください。申請時は一言お願いします! facebookを見る


自分の人生を生きる、ワクワクする仕事を

中川正道、1978年島根県生まれ。2012年にドイツへ移住。0からWEBデザインを勉強し、フリーのデザイナーとしてドイツで起業。2017年に日本へ帰国。「人生の時を色どる体験をつくる」をテーマに妻の中川チカと時色 TOKiiRO 株式会社を設立。
民間主導、世界最大の四川料理の祭典「四川フェス」を主催。二日間で6.5万人を動員。四川料理、しびれ、麻辣、マー活ブームに火をつけ中華業界を盛り上げる。三国志、水滸伝などの歴史小説好き。熱いアニメ「宇宙兄弟」が大好き。 https://masamichi-design.com/