アバター
About me
陳 琬蓥 (lea chen)、四川出身の四川料理マニア。中国語、日本語、英語をしゃべる好奇心旺盛で多趣味な人。ストレス解消法:「甜水麺」「葉兒耙」「蛋烘糕」「水煮魚」「干鍋兎」「肥腸粉」「麻辣烤鱼」「紅油水餃」「烤脳花」「鶏米芽菜」「粉蒸牛肉」を爆食いする。


おいしいお店が多い街奎星楼街、最近注目「成都吃客」

奎星楼街は成都でも有名なグルメ通り。以前紹介した1時間以上並ぶ串串香レストラン「冒椒火辣」もこの通り。行列が長い人気レストランがたくさんあり、成都現地のグルメ好きの楽園としてネットで話題に。

 

街奎星楼街で今、注目のお店「成都吃客」(chéng dū chī kè)は、中国版食べログの「大衆点評」で、成都地域の店舗検索ランキングでなんと2位。

 

開店前から並んでも、3時間以上待たされることもあるとか。

 

IMG_5875

では、人々が3時間待たされても食べたいこのレストランの魅力は一体なんなのか?

成都人が子どもの頃から食べてきた懐かしい味。こちらの店ではそんな懐かしい料理が味わえます。その味が人気期の秘訣。懐かしく味に感動する人続出です!

 

IMG_5870

店内雰囲気

お店は狭いですが、壁にパンダや麻雀など、成都の文化をテーマにした絵や、シェフ達の絵が。この独特なカッコよさと楽しさがお店の魅力。

IMG_5869

IMG_5857

IMG_5856

photo via @大衆点評

看板料理は本場の激辛四川料理

では早速「成都吃客」の看板料理を見てみましょう!ニンニク味のスペアリブ、豚バラ肉の炭火焼、激辛四川風焼き魚以外、藤椒(青山椒)味のもみじ(鶏の足)、豚の脳の四川風激辛煮込み、涙が出るほど辛い蛙料理、唐辛子に埋められる兎の腎臓の料理など、成都出身の人が見ると懐かしく感じる料理がたくさん揃っています。

裸奔坨坨蝦  49元(約800円)

IMG_5853

吃客拌兔腰  16元(約260円)

IMG_5854

特色烤魚片  88元(約1430円)

IMG_5859

碳烤五花肉  0.9元(約15円)/本

IMG_5860

小清新酸爽猪手 32元(約520円)

IMG_5855

藤椒稀溜耙  4元(約65円)/本

IMG_5863

小時候糖醋小排  38元(約620円)

IMG_5865 IMG_5866

(photo via @大衆点評)

まとめ

上記の料理以外、四川風BBQ味の焼きナスや、激辛の兎の頭の料理など、成都ならではの料理と食文化を体験することができます。

 

ぜひ現地の人と一緒に庭の中の小さいテーブルを囲んで座り、激辛の四川おつまみを食べながら、楽しい夜の時間を過ごしましょう!

 

成都吃客の基本情報

営業時間:12:00-13:30 17:00-21:00 年末休業以外無休

住所:成都市青羊区奎星楼街8号

http://www.dianping.com/shop/23093707

2021年【麻辣グランプリ】開催!

四川フェススピンオフ企画「本当においしい麻辣商品を決める!」麻辣グランプリを開催します。麺、ラー油、火鍋の素、麻婆豆腐の素、お菓子の部門に分け、販売されている麻辣商品のグランプリを決める祭典。審査はすべて実食。麻辣好きな有識者で行います。

プロ、アマの商品問わず、国境も問いません。我こそは最高の麻辣商品を持っているという個人、法人が対象です。まずはエントリーください!

麻辣グランプリ

6000人が購読!四川料理を愛する仲間募集!四川料理情報を発信する無料メルマガ

四川料理の仲間を募集

【コロナ禍イベント】四川フェス2020@オンライン

四川フェス2020

【2日で10万人来場!】四川フェス2019

四川フェス2019

東京麻辣ストーリー~しびれる恋の行方

四川省成都からきた留学生「小桃(シャオタオ)」、麻婆豆腐好きの日本人大学生そう太。シャツにラー油がついた···から始まる四川料理恋愛ストーリー!

東京麻辣ストーリー

麻辣連盟 | 四川料理を愛する仲間たち

四川料理を愛し中華料理が大好き!麻辣連盟では普段日本で食べられている四川料理ではなく、本場の料理を皆で食べる食事会を中華料理店とコラボして、全国で開催します。食の好奇心に刺激され、まだ見ぬ大陸の味を日本で食しましょう!参加される方は入党ください!

麻辣連盟についてはこちらから

【出版】四川省・成都を中心にした食べ歩き旅行の決定版

涙を流し口から火をふく、四川料理の旅 (KanKanTrip)
中川 正道 張 勇
書肆侃侃房 (2014-08-25)
売り上げランキング: 30,730

SNSでも発信しています!

おいしい四川公式ページ

最新四川料理はツイッターにて!

取材してきた四川料理画像を公開中

ご案内

人気記事まとめ

  1. 日本炒飯協会がオススメ!横浜で食べてほしいチャーハンベスト5
  2. 中国人が選ぶ!成都の絶対食べ逃してはいけない美食ベスト31四川料理2018年版
  3. 四川でよく食べるお馴染みの川魚ベスト10
  4. 家に生きたまま天然記念物オオサンショウウオ(養殖)が届く!?焦りまくって火鍋屋へ…広元市青渓古鎮は野生生物の宝庫なんです。
  5. 中国では餃子が主食!一番ベストな餃子の食べ方とは?

おいしい四川運営者について

辛い料理と食べ歩きを愛している方に、日本にはない本場の料理を食べるチャンスを提供する「四川料理の専門家・麻辣連盟総裁」の中川正道です
お気軽に友達申請ください。申請時は一言お願いします! facebookを見る


世界を遊び場に仕事をつくる

中川正道、1978年島根県生まれ。四川師範大学にて留学。四年間四川省に滞在し、四川料理の魅力にはまる。2012年にドイツへ移住。0からWEBデザインを勉強し、フリーのデザイナーとしてドイツで起業。2017年に日本へ帰国。「人生の時を色どる体験をつくる」をテーマに妻の中川チカと時色 TOKiiRO 株式会社を設立。
四川料理マニアたちがつくる四川料理の祭典「四川フェス」主催。過去動員数累計20万人。四川料理、しびれ、麻辣、マー活ブームに火をつけ中華業界を盛り上げる。