李庄白肉


 

2:50~取材した何さんが出演

 

 

【李庄古鎮】何三白肉 | 取材して一番感動した料理

李庄白肉

“李庄白肉” リージュアンバイロウ
豚のもも部分を茹で神業のように薄くスライス。つけダレに軽く漬けたべる。

これが李庄白肉!李庄古鎮でしか食べれない絶品料理

 

5年くらい前から、成都の到るところで「李庄白肉」という看板をみかけるようになりました。

調べてみると四川南部の宜賓市(イービン)にある李庄という古い村が発祥の料理。

 

李庄白肉

 

2012年になりますが試しに成都で食べてみると、湯がいた大きな豚肉に

ラー油があえてある料理が出てきて、食べてみると、全然おいしくない。

 

写真で見ると本当の李庄白肉は豚肉のスライスとつけダレが分かれていて、タレにつけて食べるスタイル。

なるほど、成都の李庄白肉は偽物なんだ、と気がつきました。

 

本当の李庄白肉をいつか食べたいと願い!一年が経過。

 

ようやく李庄白肉の発祥の街、李庄古鎮へ行くことに。古鎮(グージェン)というのは古い街、村のことで今でも昔の建築物が多く残っている場所。着いて驚いたのがほぼすべての店で李庄白肉を売りにしていること。

 

一年待ったおかげで少ない情報からどこが一番おいしいか探す時間はたっぷり。

李庄一の店は何三白肉!期待に胸を躍らせ、いざ何三白肉へ!

 

李庄白肉

 

店へ着くとちょうど別のお客さんが李庄白肉を注文したところで、

料理人の方が通常の2倍はある大きな中華包丁で神業のように薄く豚肉をスライスしている。

 

さっそく私たちも注文し、食べてみることに。食べた瞬間、二人とも顔を見合わせ、思わず、とけた!の一言。

 

信じられないくらいおいしい!どうしてあんな大きな包丁でこんな薄く切れるのか?

 

従業員に料理人の方をよんでもらい取材をしたいと伝えたところ、

純朴な従業員たちは取材の一言で興味津々。結局、従業員全員が私たちを囲み取材スタート。

 

「さっき切っていた人は何三師匠の弟子、何三さんはもっとすごいよ」と教えてくれ

、翌日、何三さんに取材をすること。

 

李庄白肉

 

凛々しく帽子をかぶり、神業のように豚肉をスライスする技を間近で見せていただきました。

湯がいた豚肉にリズムよく絶妙な切込み具合を入れる。

 

李庄白肉

 

「切る修行のみ、3年かかったよ」と特注の包丁を持ち笑顔で答えてくれた何三さん。

CCTV(日本でいうNHK)にも出演し、技を披露したことがある実力派。

 

本物を探すのは大変だけど、見つけた時の満足感はその大変さをチャラにして口福をくれる。

この街はそんなことを教えてくれたのでした。

 

李庄白肉

食べ方

ここでしか食べれないので、お腹いっぱい食べてください。

注文方法

李庄白肉は普通盛り、大盛りと注文でできます。

 「李庄白肉,小份」    (リージュアンバイロウ、シャオフェン)
 「李庄白肉,大份」    (リージュアンバイロウ、ダーフェン)

基本情報

価格、おすすめ 李庄白肉:小份48元、大份68元。凉拌折儿根、回鍋肉もオススメ。
住所 四川省宜宾市翠屏区李庄古镇景区顺河街11号
住所(英語) sìchuānshěng yíbīnshì cuìbǐngqū lǐzhuāng gǔzhèn jǐngqū shùnhéjiē 11 hào
営業時間 8:00 ~ 20:30
環境 本店。支店は順河街89号(ホテル、茶館併設)
その他 五桂橋バスターミナルから「宜賓」へ。宜賓到着後、タクシーで宜賓南岸バスターミナルへ移動し、「李庄古鎮」へ。李庄古鎮到着後、徒歩10分で川沿いに。川沿いをまっすぐ右手に進むとあります。「奎星閣」の手前。

日本初の四川料理フェスティバル開催!

四川料理フェス

このたび開催される「四川フェス」は、近年本格的な味を求める市場の流れを受け、料理人、食材・調味料メーカー、四川料理の刺激的な味に魅了された美食家など、四川料理を愛する人々が集う、食を中心とした祭典となります。

また、四川料理以外にも、四川省伝統芸能「変面」などの舞台コンテンツや、ANAで行く四川省成都への直行便・エコノミークラスチケットをプレゼントする抽選会も開催。日本初の“痺れる”イベントとしてぜひご注目ください。

四川料理情報を発信する無料メルマガ

四川料理の仲間を募集

麻辣連盟 | 四川料理を愛する仲間たち

四川料理を愛し中華料理が大好き!麻辣党では普段日本で食べられている四川料理ではなく、本場の料理を皆で食べる食事会を中華料理店とコラボして、全国で開催します。食の好奇心に刺激され、まだ見ぬ大陸の味を日本で食しましょう!参加される方は入党ください!

麻辣連盟についてはこちらから

【出版】四川省・成都を中心にした食べ歩き旅行の決定版

SNSでも発信しています!

おいしい四川公式ページ

ツイッター開設しました

取材してきた四川料理画像を公開中

ご案内

人気記事まとめ

  1. 【jiubar(ジュウバー)】この春、神楽坂にオープンする新店が「四川フェス」にやってくる!
  2. 成都旅行が初めての方!絶対食べるべき5つの四川料理
  3. 一度は行ってみたい!本店「陳麻婆豆腐」100年以上の老舗
  4. 2万人以上の四川料理ファンが集まり全店舗完売!日本初の四川フェスは大成功!
  5. 中国では餃子が主食!一番ベストな餃子の食べ方とは?

おいしい四川運営者について

辛い料理と食べ歩きを愛している方に、日本にはない本場の料理を食べるチャンスを提供する「四川料理の専門家・麻辣連盟総裁」の中川正道です
お気軽に友達申請ください。申請時は一言お願いします!



自分の人生を生きる、ワクワクする仕事を

中川正道、1978年島根県生まれ。好きなことをするため、2012年に独立。0からWEBデザインを勉強し、現在はフリーのデザイナーとして世界中の企業・お店のサイトやロゴ等をてがける。毎日四川料理を作るほどの四川料理マニア。Allabout公認四川ガイド。

特技、デザインと中国語。三国志、水滸伝などの歴史小説好き。熱いアニメ「宇宙兄弟」が大好き。ビール党、自然派ワイン好き。 http://masamichi-design.com/