重慶火鍋
About me
中川正道。四川省公認の四川料理の専門家、麻辣連盟総裁、時色株式会社代表。2002~2006年まで四川省に滞在、四川料理に魅了される。2012年に単身、四川省へ行き、四川の仲間たちと200店舗の四川料理店を食べ歩き「おいしい四川」サイトをリリース。2014年夏に日本初!四川料理食べ歩きガイドブック「涙を流して口から火をふく、四川料理の旅」を出版。2日間で6.5万人を動員した四川フェス主催。得意技は四川料理、デザイン、巻き込み力。


 

 

来鳳魚、璧山兎を食し、車は重慶へ。重慶市内についたときはもう暗くなっていました。

 

前回までの記事はこちらから

最高の地方四川料理の旅!安岳県で食べるウサギと美味砂鍋

中国のレモン80%を生産する安岳県で食べる檸檬四川料理とは?

最大級の重慶江湖菜!唐辛子たっぷりの巨大の来鳳魚と璧山兎にしびれるまくる!

 

重慶にきたのはこれで6度目。以前、「涙を流し口から火をふく、四川料理の旅」を一緒につくった張勇と一緒に重慶を回ったことがあります。

 

その時に泊まった宿が重慶北駅のすぐそば、狮子坪という場所。このエリアは市内の中心の解放碑のように近代化されておらず、いかにも下町という感じ。

 

昼間も飲食店と日曜品がワイワイしているエリアで散策が楽しいのですが夜がおすすめ。夜になる歩道いっぱいにテーブルを置き、そこで、火鍋や串焼きなど重慶名物料理がローカルプライスで食べられます。

 

まずは重慶火鍋一条街へ

狮子坪から歩いてすぐのところにあるのが火鍋屋通り「東湖南路」にあります。外で食べれて、人がワイワイしているところということで今回は「大龙老火锅」へ行ってみました。

大龙老火锅

こちらの火鍋屋のとなりに「渝宗老灶火锅」もあります。こちらも有名で人気のお店。

 

重慶なので、本当は真っ赤な紅湯のみに火鍋を注文したかったのですが、四川人のカカさんが辛くないスープの鸳鸯火鍋(ユェンヤン)にしたい・・・といい、今回はこちらで。

 

火鍋の注文の仕方と食べ方

火鍋のメニューはコチラを参照。

 

簡単指さし注文!複雑な四川の火鍋メニューをまとめました

 

定番の火鍋メニューは鴨腸(アヒルの腸)、毛肚(牛の胃袋)、牛肉(麻辣味の)、肥牛(牛バラスライス)、羊肉、香菜丸子(香菜の肉団子)、鳝鱼(タウナギ)、宽粉(幅広の薩摩芋面)といったところです。

 

火鍋のタレの作り方、食べ方はこちら参照ください。

5分でわかる!難しい火鍋の食べ方、つけだれレシピ

 

汗をかきながら火鍋を食べる幸せ

大龙老火锅

 

こんな感じで重慶では外で火鍋をたべる習慣があります。涼しくなった夜、冷房が効いた部屋でなはなく、解放感抜群の外で火鍋を食べる・・・これが重慶の幸せです。

 

大龙老火锅

 

雪花ビールと同じように薄い重慶のビール「国賓」を飲みながら火鍋の具材を待ちます。

 

大龙老火锅

 

ごま油にパクチーが浸った火鍋のタレ。伝統的な重慶火鍋はこのタレを使わず、紅湯をとり、にんにくをいれるというスタイル(やばいくらい辛いので要注意!)

 

大龙老火锅

 

ぐつぐつと煮える火鍋。なんでこんなにおいしそうなんでしょうか!花椒が浮き、唐辛子が浮く、夜にピッタリの料理です。

 

大龙老火锅

 

結構大きめのテーブルに注文した具材を入れて、あとは食べまくります。

まずはしゃぶしゃぶからスタートし、次は煮る。これを延々と続けて具材をいただきます。

 

大龙老火锅

 

調子がでてきた二ノ宮さんは火鍋に白酒を合わせることに。辛い脂っこいものをビールで流す、火鍋とビールは相性抜群ですが、ここで白酒も投入。ビールをチェイサーとして飲みまくりでした!

 

大龙老火锅

 

 

まとめ

大龙老火锅

 

夜の九時に食べ始め、終わったのは十時半ごろ。ぶらぶらとこのあたりを散歩。23時前なのにまだ火鍋を食べている重慶人。素晴らしい夜の過ごし方ですね。

 

日本の火鍋を食べるとおいしいのですが、薬膳が協調されているせいかあっさりとした印象を受けます。これが本場の重慶火鍋になると紅く辛く油っぽく、超攻撃的な味に変わります。

 

火鍋はもともと庶民の食べ物。捨てられていた牛の臓物を匂いを消すために作った料理。高級路線ではなく、街場で食べる。外でビールを飲みながら気楽に食べる。そんな料理です。

 

池袋の海底捞火鍋のように日本でも火鍋は大人気になる下地もすでにあります。

 

麻婆豆腐、担担麺、よだれ鶏ときて、次はおそらく火鍋ブームが来るはず。その時は薬膳火鍋ではく、高級でもなく、街場の気楽な料理として、日本でも広まってほしい!そう願っています!!

※重慶北駅の重慶火鍋第一街は東湖南路にあります。
 

 

 
 

【入場無料】四川フェス2019 4.20~21

累計来場者数10万人以上、消費者主導で行う世界最大の四川料理の祭典「四川フェス」を新宿中央公園にて開催決定。日本にいる四川料理シェフ、日本在住の四川料理シェフ、四川省からの有名シェフが集まる四川料理ドリームチームをつくり、最高においしい四川料理でしびれる麻辣革命をおこしましょう!

四川フェス2019

第四弾・麻辣を極める四川省と重慶を食べつくす旅

今回の食べ歩きツアーは重慶市内はもちろんのこと、重慶の東の地区を回ります。例えば重慶大足、璧山、江津、郵亭、荣昌といったエリアです。断言できるのは「こんな地方都市行く人はまずいない」ということ。

そんなドローカルな場所へ大型バスを乗りつけ、1日6食ほど食べ、白酒で祝杯をあげて、楽しむツアーです!詳しくはこちらから!

四川料理超食べ歩きツアー

四川料理情報を発信する無料メルマガ

四川料理の仲間を募集

来場者6.5万人以上!中華一番!極、鈴木亜美さんと激辛コラボ

四川料理フェス

来場者2万人以上!日本初の四川料理の祭典、四川フェス2017

四川料理フェス

麻辣連盟 | 四川料理を愛する仲間たち

四川料理を愛し中華料理が大好き!麻辣党では普段日本で食べられている四川料理ではなく、本場の料理を皆で食べる食事会を中華料理店とコラボして、全国で開催します。食の好奇心に刺激され、まだ見ぬ大陸の味を日本で食しましょう!参加される方は入党ください!

麻辣連盟についてはこちらから

【出版】四川省・成都を中心にした食べ歩き旅行の決定版

SNSでも発信しています!

おいしい四川公式ページ

最新四川料理場はツイッターにて!

取材してきた四川料理画像を公開中

ご案内

人気記事まとめ

  1. 日本炒飯協会がオススメ!横浜で食べてほしいチャーハンベスト5
  2. 花椒でしびれまくるマー活!パクチーを超える次のブームへ
  3. 成都旅行が初めての方!絶対食べるべき5つの四川料理
  4. 一度は行ってみたい!本店「陳麻婆豆腐」100年以上の老舗
  5. 担担麺だけじゃない!世代を超えて愛される四川の麺40選

おいしい四川運営者について

辛い料理と食べ歩きを愛している方に、日本にはない本場の料理を食べるチャンスを提供する「四川料理の専門家・麻辣連盟総裁」の中川正道です
お気軽に友達申請ください。申請時は一言お願いします! facebookを見る


自分の人生を生きる、ワクワクする仕事を

中川正道、1978年島根県生まれ。2012年にドイツへ移住。0からWEBデザインを勉強し、フリーのデザイナーとしてドイツで起業。2017年に日本へ帰国。「人生の時を色どる体験をつくる」をテーマに妻の中川チカと時色 TOKiiRO 株式会社を設立。
民間主導、世界最大の四川料理の祭典「四川フェス」を主催。二日間で6.5万人を動員。四川料理、しびれ、麻辣、マー活ブームに火をつけ中華業界を盛り上げる。三国志、水滸伝などの歴史小説好き。熱いアニメ「宇宙兄弟」が大好き。 https://masamichi-design.com/