龍鳳面
About me
中川正道。四川省公認の四川料理の専門家、麻辣連盟総裁、時色株式会社代表。2002~2006年まで四川省に滞在、四川料理に魅了される。2012年に単身、四川省へ行き、四川の仲間たちと200店舗の四川料理店を食べ歩き「おいしい四川」サイトをリリース。2014年夏に日本初!四川料理食べ歩きガイドブック「涙を流して口から火をふく、四川料理の旅」を出版。2日間で6.5万人を動員した四川フェス主催。得意技は四川料理、デザイン、巻き込み力。


【宜賓】龍鳳面 | 神を食べる覚悟、試される麺

龍鳳面

“龍鳳面” ロンフォンミェン
雌鶏とヘビ肉がトッピングされたあっさりした麺

“辣龍鳳面” ラーロンフォンミェン
ヘビ肉がトッピングされたと調味料をあえるスープなしの麺

ヘビ肉を食べる?宜賓で愛されるご当地ラーメン「龍鳳面」

龍鳳面

中国の神話でいまも語り継がれる「龍」と 「鳳凰(ほうおう)」。空想上の生物で実在はしていないのですが、歴代の統治者の目から見ると龍とは皇帝、鳳凰とは皇后。また縁起がいい神物として中国文化とは切っても切り離せないもの。

場所は宜賓、川沿いにあるその店の名は「龍鳳面」。龍と鳳凰の麺という今まで聞いたこともない麺。いったんどんな麺なのか?食べてみることに!

龍鳳面

透きとおったスープの上に入っていたのは麺と鶏肉とヘビ!そうあのヘビでした。龍はヘビ、鳳凰は雌鶏というわけです。初めて食べたヘビ肉は骨が邪魔でしたが、しっかり味付けされていてあっさりしたスープにあい、おいしかったです。

話しをうかがうと「ヘビ肉は毒がない養殖してある烏梢蛇(うしょうだ)、鶏肉は地鶏の雌ですよ」と教えてくれました。烏梢蛇というヘビは漢方薬でも使われるようです。ヘビ肉は乾燥させてあるので、生々しい味はしないので、安心を。

食欲にまかせ、神を恐れない勇気があればきっと食べれます、そんなことを言ってしまう私は信仰深い男です。

龍鳳面

食べ方

辣龍鳳面はしっかり混ぜてから食べてください。

注文方法

辣龍鳳面はしっかり混ぜてから食べてください。

「龙凤面,一碗」 (ロンフォンミェン、イーワン)
「辣龙凤面,一碗」 (ラーロンフォンミェン、イーワン)

基本情報

価格、おすすめ 龍鳳面 7元(小椀)、10元(大椀)、辣龍鳳面 13元
住所 四川省宜宾市翠屏区滨江路18号
住所(英語) sìchuānshěng yíbīnshì cuìbǐng qūbīnjiānglù 18 hào
営業時間 6:50 ~ 2:30(午前)
環境 本店。支店は滨江路18号にあり。
その他  宜賓市内の中心なので、行きやすいです。移動は三輪車がおすすめ。

【入場無料】四川フェス2019 4.20~21

累計来場者数10万人以上、消費者主導で行う世界最大の四川料理の祭典「四川フェス」を新宿中央公園にて開催決定。日本にいる四川料理シェフ、日本在住の四川料理シェフ、四川省からの有名シェフが集まる四川料理ドリームチームをつくり、最高においしい四川料理でしびれる麻辣革命をおこしましょう!

四川フェス2019

第四弾・麻辣を極める四川省と重慶を食べつくす旅

今回の食べ歩きツアーは重慶市内はもちろんのこと、重慶の東の地区を回ります。例えば重慶大足、璧山、江津、郵亭、荣昌といったエリアです。断言できるのは「こんな地方都市行く人はまずいない」ということ。

そんなドローカルな場所へ大型バスを乗りつけ、1日6食ほど食べ、白酒で祝杯をあげて、楽しむツアーです!詳しくはこちらから!

四川料理超食べ歩きツアー

四川料理情報を発信する無料メルマガ

四川料理の仲間を募集

来場者6.5万人以上!中華一番!極、鈴木亜美さんと激辛コラボ

四川料理フェス

来場者2万人以上!日本初の四川料理の祭典、四川フェス2017

四川料理フェス

麻辣連盟 | 四川料理を愛する仲間たち

四川料理を愛し中華料理が大好き!麻辣党では普段日本で食べられている四川料理ではなく、本場の料理を皆で食べる食事会を中華料理店とコラボして、全国で開催します。食の好奇心に刺激され、まだ見ぬ大陸の味を日本で食しましょう!参加される方は入党ください!

麻辣連盟についてはこちらから

【出版】四川省・成都を中心にした食べ歩き旅行の決定版

SNSでも発信しています!

おいしい四川公式ページ

最新四川料理場はツイッターにて!

取材してきた四川料理画像を公開中

ご案内

人気記事まとめ

  1. 花椒でしびれまくるマー活!パクチーを超える次のブームへ
  2. 日本炒飯協会がオススメ!横浜で食べてほしいチャーハンベスト5
  3. 成都旅行が初めての方!絶対食べるべき5つの四川料理
  4. 一度は行ってみたい!本店「陳麻婆豆腐」100年以上の老舗
  5. 担担麺だけじゃない!世代を超えて愛される四川の麺40選

おいしい四川運営者について

辛い料理と食べ歩きを愛している方に、日本にはない本場の料理を食べるチャンスを提供する「四川料理の専門家・麻辣連盟総裁」の中川正道です
お気軽に友達申請ください。申請時は一言お願いします! facebookを見る


自分の人生を生きる、ワクワクする仕事を

中川正道、1978年島根県生まれ。2012年にドイツへ移住。0からWEBデザインを勉強し、フリーのデザイナーとしてドイツで起業。2017年に日本へ帰国。「人生の時を色どる体験をつくる」をテーマに妻の中川チカと時色 TOKiiRO 株式会社を設立。
民間主導、世界最大の四川料理の祭典「四川フェス」を主催。二日間で6.5万人を動員。四川料理、しびれ、麻辣、マー活ブームに火をつけ中華業界を盛り上げる。三国志、水滸伝などの歴史小説好き。熱いアニメ「宇宙兄弟」が大好き。 https://masamichi-design.com/