韓包子
About me
中川正道。四川省公認の四川料理の専門家、麻辣連盟総裁、時色株式会社代表兼デザイナー。2002~2006年まで四川省に滞在、四川料理に魅了される。2012年に単身、四川省へ行き、四川の仲間たちと200店舗の四川料理店を食べ歩き「おいしい四川」サイトをリリース。2014年夏に日本初!四川料理食べ歩きガイドブック「涙を流して口から火をふく、四川料理の旅」を出版。2日間で6.5万人を動員した四川フェス主催。 これまでの活動が実を結び、2018年のマー活、花椒がブームに。「今年の一皿」ではしびれ料理が準グランプリになる。


【成都】韓包子 | 成都が誇る伝統の味

韓包子

“韓包子” (ハンバオズ)
餡は豚肉。食べた感じ皮は伝統的な老麺(酵母)で発酵させていると思われる。味は昔ながらの濃く、少し花椒が香る成都の味。肉汁も滴り落ちる。

老舗の味を守れるか?北方に狗不理、南方に韓包子!

 

留学当時、成都のメインストリート(春熙路)に遊び行った際は必ず、食べていた老舗の肉まん屋「韓包子」。

韓包子

以前、韓包子の本店は王府井デパートの隣にありましたが、

今は移転して成都のメインストリート(春熙路)にあります。

 

ただ、行ってみてがっかり、昔の味はすっかり失われていた。

これは噂の天津に名高い名店狗不理と同じかと・・・

 

こんなはずはない、昔食べたあの美味しさがあるはず!

と希望を持ち、いくつか支店を回ってみました。

 

そこで発見したのが寛窄巷子の近くにあった長順中街支店。

韓包子

 

当時食べていた韓包子の味、そのまま。やっと見つけた!

と本にも掲載し、紹介しましたが、いつの間に移転。。。

 

そこで、再度、支店を確認しました。

 

伊藤ヨーカ堂(建設路)からほど近い、建設路2号国光大厦ビルにある建設路支店。

こちらの韓包子を食べましたが、当時の味のまま提供されています。

 

韓包子

建設路支店の韓包子

 

お店の中で食べる場合は一蒸篭(6個)入りを注文する必要があり、

テイクアウトの場合は1個から購入可能。

韓包子

テイクアウトは外で会計をし、受け取ります。

 

まだ中華民国の時代、韓包子は成都で創立。約80年の歴史があり、

中華名物として老舗の称号:中国老字号にも認められています。

 

ただし、職人のスキルの問題か、 規模を大きくし過ぎた問題か、

残念ながら、本店(春熙路)では当時の味を守り切れていません。

 

韓包子

他の支店はどうかわかりませんが、建設路支店では、

中華名物の味がまだ存在しています。ぜひ、お試しください。

 

食べ方

お店の中で食べる場合は一蒸篭(6個)注文する必要があり。

1、2個注文する場合はテイクアウトする。

注文方法

お店で食べる場合とテイクアウトでは注文する場所が異なります。

初めにお金を払い、注文。

テイクアウトの場合、好きな数を店員に言い、ナイロンの袋に入れてくれます。

肉まんを3つ注文する場合
「鲜肉,三个」 (シェンロウ、サンガ)

肉まんを1蒸篭、注文する場合
「韩包子,一笼」 (ハンバオズ、イーロン)

基本情報

価格、おすすめ 肉まん一つ、1.5元。一蒸篭、6元。
住所 四川省成都市青羊区长顺中街154号

四川省成都市成华区建设路2号国光大厦附楼1楼

住所(英語) sì chuān shĕng chéng dū shì chéng huá qū jiàn shè lù
営業時間 7:00 ~ 19:30
環境  成都に複数支店あり
その他 更新:2016/07/24

四川料理を愛する仲間募集!四川料理情報を発信する無料メルマガ

四川料理の仲間を募集

【2日で10万人来場!】四川フェス2019 4.20~21

四川フェス2019

東京麻辣ストーリー~しびれる恋の行方

四川省成都からきた留学生「小桃(シャオタオ)」、麻婆豆腐好きの日本人大学生そう太。シャツにラー油がついた···から始まる四川料理恋愛ストーリー!

東京麻辣ストーリー

第五弾・旬の麻辣、藤椒を収穫し名物料理を食す旅

第四弾・麻辣を極める四川省と重慶を食べつくす旅

四川料理超食べ歩きツアー

来場者6.5万人以上!中華一番!極、鈴木亜美さんと激辛コラボ

四川料理フェス

来場者2万人以上!日本初の四川料理の祭典、四川フェス2017

四川料理フェス

麻辣連盟 | 四川料理を愛する仲間たち

四川料理を愛し中華料理が大好き!麻辣党では普段日本で食べられている四川料理ではなく、本場の料理を皆で食べる食事会を中華料理店とコラボして、全国で開催します。食の好奇心に刺激され、まだ見ぬ大陸の味を日本で食しましょう!参加される方は入党ください!

麻辣連盟についてはこちらから

【出版】四川省・成都を中心にした食べ歩き旅行の決定版

涙を流し口から火をふく、四川料理の旅 (KanKanTrip)
中川 正道 張 勇
書肆侃侃房 (2014-08-25)
売り上げランキング: 30,730

SNSでも発信しています!

おいしい四川公式ページ

最新四川料理場はツイッターにて!

取材してきた四川料理画像を公開中

ご案内

人気記事まとめ

  1. 日本炒飯協会がオススメ!横浜で食べてほしいチャーハンベスト5
  2. 次世代の四川料理!麻辣刀削麺マニアおすすめの3店舗
  3. 成都旅行が初めての方!絶対食べるべき5つの四川料理
  4. 花椒でしびれまくるマー活!パクチーを超える次のブームへ
  5. 一度は行ってみたい!本店「陳麻婆豆腐」100年以上の老舗

おいしい四川運営者について

辛い料理と食べ歩きを愛している方に、日本にはない本場の料理を食べるチャンスを提供する「四川料理の専門家・麻辣連盟総裁」の中川正道です
お気軽に友達申請ください。申請時は一言お願いします! facebookを見る


世界を遊び場に仕事をつくる

中川正道、1978年島根県生まれ。四川師範大学にて留学。四年間四川省に滞在し、四川料理の魅力にはまる。2012年にドイツへ移住。0からWEBデザインを勉強し、フリーのデザイナーとしてドイツで起業。2017年に日本へ帰国。「人生の時を色どる体験をつくる」をテーマに妻の中川チカと時色 TOKiiRO 株式会社を設立。
四川料理マニアたちがつくる四川料理の祭典「四川フェス」主催。過去動員数累計20万人。四川料理、しびれ、麻辣、マー活ブームに火をつけ中華業界を盛り上げる。