游記肥腸湯


百年続く老舗「遊記肥腸」で食べる、絶品白もつスープとは?

grm05_listimg_29

“游記肥腸湯” (yóujì féicháng tāng)
エンドウ豆とモツを煮込んだ絶品スープ。豆のコクがでてしっかりした味、モツは臭みもない。

grm05_listimg_30

“香酥肥腸卷” (xiāngsū féicháng juǎn)
モツの中にもち米を入れカリカリに揚げた新しい料理。モツを超えて芸術の域に達している素晴らしく美味しい料理。

百年続く老舗「遊記肥腸」で食べる、絶品白もつスープとは?

モツ好きなら、一足のばしてこんな老舗を訪れてみてはどうでしょう。

grm05_29_04

創業は、清朝咸豊(1851年~1861年)の時代、およそ150年つづく「游記肥腸」は、一途に「肥腸湯」を作りつづけてきました。 下ごしらえをしたモツは、臭みがなく、しっかりとした弾力を保ち、そこに豆のコクが加われば、濃厚なとろっとしたスープに仕上がります。

游記肥腸湯

游記肥腸湯

路上での屋台からスタートしたこのお店は、あっという間に力仕事をする男の人たちの間で評判が広まり、お店の規模はどんどん大きくなりました。

戦後、社会主義の波を受け、中国全土のレストランは国営化されました。「游記肥腸」もそんな時代の影響を大きく受けましたが、 多くのお店が伝統的な作り方を失っていく中、時の店主は大切に伝統のレシピを守りつづけたそうです。

そしてそれは今日、ここ楽山の地でかわらぬまま地元の人のおなかと心を満たしています。 現在の店主は元気なおかあさん、伝統の味を守るため、あえて支店はださないというこだわりの持ち主。 そんな考えに共感する声もおおく、度々中国の中央テレビ(日本のNHK版)も取材に来るのだそう。

老舗のモツ料理をご賞味あれ。

香酥肥腸卷

食べ方

スープはシメでなく、最初から食べましょう。

注文方法

メニューを見て注文します。お金は後で支払います。

游記肥腸湯を注文する場合、
「游记肥肠,一份」 (hóngyóu jiǎozi , yīwǎn)

香酥肥腸卷を注文する場合
「香脆肥肠卷,一份」 (xiāng cuì féicháng juàn , yī fèn)

基本情報

価格、おすすめ 游記肥腸湯、25元。香酥肥腸卷、20元。
住所 四川省乐山市中区学道街8号-30号
住所(英語) sìchuānshěng lèshānshì zhōng dao jie 8 hao – 30 hao
営業時間 夏:9:00 ~ 22:30
冬:9:00 ~ 21:30
環境 本店。環境はキレイ。トイレもあり。
その他 更新:2013/02/01

新南バスターミナルから、楽山へ。楽山到着後、三輪車、又はタクシーで向かう。

第四弾・麻辣を極める四川省と重慶を食べつくす旅

今回の食べ歩きツアーは重慶市内はもちろんのこと、重慶の東の地区を回ります。例えば重慶大足、璧山、江津、郵亭、荣昌といったエリアです。断言できるのは「こんな地方都市行く人はまずいない」ということ。

そんなドローカルな場所へ大型バスを乗りつけ、1日6食ほど食べ、白酒で祝杯をあげて、楽しむツアーです!詳しくはこちらから!

四川料理超食べ歩きツアー

四川料理情報を発信する無料メルマガ

四川料理の仲間を募集

来場者6.5万人以上!中華一番!極、鈴木亜美さんと激辛コラボ

四川料理フェス

来場者2万人以上!日本初の四川料理の祭典、四川フェス2017

四川料理フェス

麻辣連盟 | 四川料理を愛する仲間たち

四川料理を愛し中華料理が大好き!麻辣党では普段日本で食べられている四川料理ではなく、本場の料理を皆で食べる食事会を中華料理店とコラボして、全国で開催します。食の好奇心に刺激され、まだ見ぬ大陸の味を日本で食しましょう!参加される方は入党ください!

麻辣連盟についてはこちらから

【出版】四川省・成都を中心にした食べ歩き旅行の決定版

SNSでも発信しています!

おいしい四川公式ページ

最新四川料理場はツイッターにて!

取材してきた四川料理画像を公開中

ご案内

人気記事まとめ

  1. 花椒でしびれまくるマー活!パクチーを超える次のブームへ
  2. 日本炒飯協会がオススメ!横浜で食べてほしいチャーハンベスト5
  3. 成都旅行が初めての方!絶対食べるべき5つの四川料理
  4. 一度は行ってみたい!本店「陳麻婆豆腐」100年以上の老舗
  5. 担担麺だけじゃない!世代を超えて愛される四川の麺40選

おいしい四川運営者について

辛い料理と食べ歩きを愛している方に、日本にはない本場の料理を食べるチャンスを提供する「四川料理の専門家・麻辣連盟総裁」の中川正道です
お気軽に友達申請ください。申請時は一言お願いします! facebookを見る


自分の人生を生きる、ワクワクする仕事を

中川正道、1978年島根県生まれ。2012年にドイツへ移住。0からWEBデザインを勉強し、フリーのデザイナーとしてドイツで起業。2017年に日本へ帰国。「人生の時を色どる体験をつくる」をテーマに妻の中川チカと時色 TOKiiRO 株式会社を設立。
民間主導、世界最大の四川料理の祭典「四川フェス」を主催。二日間で6.5万人を動員。四川料理、しびれ、麻辣、マー活ブームに火をつけ中華業界を盛り上げる。三国志、水滸伝などの歴史小説好き。熱いアニメ「宇宙兄弟」が大好き。 https://masamichi-design.com/