豌杂面


成都でも流行つつある豌杂面とは?

2016年5月に成都へ取材に行った際に、至る所で「万州豌杂面」を提供しているお店を見ました。

豌杂面(ワンザーミェン)とは乾燥させた赤エンドウ(豌豆)をトロトロになるまで煮込み、杂酱面(ザージャンミェン)にトッピングさせた麺。

濃い挽肉のそぼろと激辛のタレがやさしい味の豌豆とからみ、より濃厚な味へと変わるのが、絶品の人気の麺です。

 

発祥は重慶市万州区。重慶市から約380km離れた地方都市です。

 

豌杂面は既に重慶ではおなじみの麺で、重慶市内一の繁華街、解放牌から徒歩5分にある

人気の麺屋さん「花市豌杂面」では連日大賑わいです。

豌杂面

豌杂面

万州で食べる豌豆は一味違う

万州と聞いて、ピン!とくる四川料理通の方も多いかもしれませんが、

万州は一昔前、成都で一世を風靡した「万州烤魚」発祥の地でもあります。

 

知り合いの方のfacebookなどを見ると万州烤魚は日本でも認知されて

スペシャルメニューとして食べられるようですね。

 

万州出身の友人いわく、万州の人にとって豌豆はソウルフードのようで、

万州で食べる豌豆は重慶の豌豆と品質が違う!だから豌杂面も万州で食べてほしい!

と自信満々で答えてくれました。

順風魚館

以前、重慶の人気魚店、順風魚館で豌豆を食べた際は重慶人の友人は「おいしい、おいしい」と言っていましたが、

万州人は「うーん・・・」とうなり気味。豌豆に関して譲れないところがあるようです。

順風魚館

カリカリに煎った豌豆

豌豆

鍋のスープに煎った豌豆をいれて食べる

日本でも流行るかもしれない豌杂面

成都には赤エンドウ(豌豆)を使った豆湯飯という庶民的なご飯があり

豌杂面も何の抵抗なく食べられる下地があります。今後、ますます流行っていくと思われます。

 

【成都】豆入り鳥雑炊「豆湯飯」!アツアツの砂鍋で食べる

 

福岡の巴蜀さんでは麺料理のメニューの一つとして、組み込まれるようです。

日本でもこの味が楽しめるのは、楽しみですね!

豌杂面: 「四川料理巴蜀」のかくし味 http://hasyoku.seesaa.net/article/440287392.html

 
 

日本初の四川料理フェスティバル開催!

四川料理フェス

このたび開催される「四川フェス」は、近年本格的な味を求める市場の流れを受け、料理人、食材・調味料メーカー、四川料理の刺激的な味に魅了された美食家など、四川料理を愛する人々が集う、食を中心とした祭典となります。

また、四川料理以外にも、四川省伝統芸能「変面」などの舞台コンテンツや、ANAで行く四川省成都への直行便・エコノミークラスチケットをプレゼントする抽選会も開催。日本初の“痺れる”イベントとしてぜひご注目ください。

四川料理情報を発信する無料メルマガ

四川料理の仲間を募集

麻辣連盟 | 四川料理を愛する仲間たち

四川料理を愛し中華料理が大好き!麻辣党では普段日本で食べられている四川料理ではなく、本場の料理を皆で食べる食事会を中華料理店とコラボして、全国で開催します。食の好奇心に刺激され、まだ見ぬ大陸の味を日本で食しましょう!参加される方は入党ください!

麻辣連盟についてはこちらから

【出版】四川省・成都を中心にした食べ歩き旅行の決定版

SNSでも発信しています!

おいしい四川公式ページ

ツイッター開設しました

取材してきた四川料理画像を公開中

ご案内

人気記事まとめ

  1. 【jiubar(ジュウバー)】この春、神楽坂にオープンする新店が「四川フェス」にやってくる!
  2. 成都旅行が初めての方!絶対食べるべき5つの四川料理
  3. 一度は行ってみたい!本店「陳麻婆豆腐」100年以上の老舗
  4. 2万人以上の四川料理ファンが集まり全店舗完売!日本初の四川フェスは大成功!
  5. 中国では餃子が主食!一番ベストな餃子の食べ方とは?

おいしい四川運営者について

辛い料理と食べ歩きを愛している方に、日本にはない本場の料理を食べるチャンスを提供する「四川料理の専門家・麻辣連盟総裁」の中川正道です
お気軽に友達申請ください。申請時は一言お願いします!



自分の人生を生きる、ワクワクする仕事を

中川正道、1978年島根県生まれ。好きなことをするため、2012年に独立。0からWEBデザインを勉強し、現在はフリーのデザイナーとして世界中の企業・お店のサイトやロゴ等をてがける。毎日四川料理を作るほどの四川料理マニア。Allabout公認四川ガイド。

特技、デザインと中国語。三国志、水滸伝などの歴史小説好き。熱いアニメ「宇宙兄弟」が大好き。ビール党、自然派ワイン好き。 http://masamichi-design.com/