恐竜兎


【成都】九妹飯店 | 新しい料理を作ることは私達の使命

恐竜兔

“恐竜兔” (kǒnglóng tù)
兎一匹を蒸し、唐辛子、花椒等の調味料と一緒に炒めた料理。味は麻辣、兎を一旦蒸すことで非常に柔らかくなり、味も浸み込み絶妙。

ウサギが恐竜になる?新しく生まれた激辛料理「恐竜兎」

ここは、実は偶然見つけたお店。 もともとある面屋さんに取材に行こうとしていた時、道に迷ってしまい、ある人の好さそうなお母さんに道を尋ねてみました。

一緒の方向だったので、お母さんと世間話をしながら、私たちの四川料理プロジェクトの話をしていたところ、 実はこのお母さん、「九妹飯店」という名のお店の元オーナー。

親しみやすい人柄のお母さんは、
「うちのお店にはスペシャルな看板メニューがあるの!”恐竜兎”(kǒnglóngtù)っていうんだけど、私があみだした料理なのよ。」とうれしそうに話してくれます。
「恐竜兎?すごい料理名。。恐竜のウサギ??聞いたこともない。」

不思議なご縁と好奇心から、後日「九妹飯店」へ取材に行ってみることにしました。 お店に着いて驚いたのが、ドキッとしてしまうほどの外観の汚さ。 看板は今にも落ちそうで、一瞬、騙されたのかなと思ってしまったほど。

九妹飯店

勇気を振り絞りお店に入り、奥へ奥へと進んでいくと、古いマンションとマンションの間にある敷地につながっていて 、大きなパラソルと椅子が置いてある、開放的な屋外の空間が広がります。 カッコよく言えば、オープンテラスのような空間に、大勢の人たちが食事を楽しんでいる光景を見てほっと胸をなでおろしました。

満席の光景を見ると、食べに来ているのはこの付近に暮らす人たちがほとんどですが、ここは知る人ぞ知る人気店のよう。 念のため、百度(中国版Googleのような検索サイト)で検索してみましたが、このお店の情報はほとんどありませんでした。

九妹飯店

注文してから、待つこと30分。あの日、お母さんが話してくれた”恐竜兎”が運ばれて来ました。 鮮やかな赤い唐辛子に緑のパクチーが飾られ、麻辣の香りが鼻を刺激します。

一口食べてこの料理のとりこになってしまいました。 醤油でしっかり下ごしらえをしていて、軽く箸をつけるだけで簡単に身が取れるほど柔らかい兎の料理は初めてです。

最後まで食べきった人のみ知ることができる料理名の由来、お楽しみに!

恐竜兎

食べ方

食べる時、骨を取らないように気を付けてください。きれいに食べ終われば”恐竜兎”の完成です。

注文方法

看板メニューは”恐竜兎”。その他にメニューはあるので、いろいろ試してみる好いかもしれません。

”恐竜兎”は限定料理で一日何個しか作れません。行くときは早めに行くというのをお勧めします。

またこの店は「冷談杯」という側面もあります。「冷談杯」というのは出来上がった料理があり、それをつまみにお酒を飲むというお店のスタイルです。 なので、店頭にすでに出来上がった料理がたくさんあるので、好きな料理をつまんで、”恐竜兎”を待つのも乙です。

”恐竜兎”を注文する場合
  「恐龙兔,一份」   (kǒnglóng tù , yī fèn)

基本情報

価格、おすすめ 恐竜兔 一匹68元
住所 四川省成都市成华区桃溪路355号
住所(英語) sìchuānshěng chéngdūshì chénghuáqū táoxīlù 355 hào
営業時間 10:00 ~ 21:00
環境 見た目は悪いですが、中に入れば気持ちがいい場所です。
その他 更新:2013/02/01

日本初の四川料理フェスティバル開催!

四川料理フェス

このたび開催される「四川フェス」は、近年本格的な味を求める市場の流れを受け、料理人、食材・調味料メーカー、四川料理の刺激的な味に魅了された美食家など、四川料理を愛する人々が集う、食を中心とした祭典となります。

また、四川料理以外にも、四川省伝統芸能「変面」などの舞台コンテンツや、ANAで行く四川省成都への直行便・エコノミークラスチケットをプレゼントする抽選会も開催。日本初の“痺れる”イベントとしてぜひご注目ください。

四川料理情報を発信する無料メルマガ

四川料理の仲間を募集

麻辣連盟 | 四川料理を愛する仲間たち

四川料理を愛し中華料理が大好き!麻辣党では普段日本で食べられている四川料理ではなく、本場の料理を皆で食べる食事会を中華料理店とコラボして、全国で開催します。食の好奇心に刺激され、まだ見ぬ大陸の味を日本で食しましょう!参加される方は入党ください!

麻辣連盟についてはこちらから

【出版】四川省・成都を中心にした食べ歩き旅行の決定版

SNSでも発信しています!

おいしい四川公式ページ

ツイッター開設しました

取材してきた四川料理画像を公開中

ご案内

人気記事まとめ

  1. 【jiubar(ジュウバー)】この春、神楽坂にオープンする新店が「四川フェス」にやってくる!
  2. 成都旅行が初めての方!絶対食べるべき5つの四川料理
  3. 一度は行ってみたい!本店「陳麻婆豆腐」100年以上の老舗
  4. 2万人以上の四川料理ファンが集まり全店舗完売!日本初の四川フェスは大成功!
  5. 中国では餃子が主食!一番ベストな餃子の食べ方とは?

おいしい四川運営者について

辛い料理と食べ歩きを愛している方に、日本にはない本場の料理を食べるチャンスを提供する「四川料理の専門家・麻辣連盟総裁」の中川正道です
お気軽に友達申請ください。申請時は一言お願いします!



自分の人生を生きる、ワクワクする仕事を

中川正道、1978年島根県生まれ。好きなことをするため、2012年に独立。0からWEBデザインを勉強し、現在はフリーのデザイナーとして世界中の企業・お店のサイトやロゴ等をてがける。毎日四川料理を作るほどの四川料理マニア。Allabout公認四川ガイド。

特技、デザインと中国語。三国志、水滸伝などの歴史小説好き。熱いアニメ「宇宙兄弟」が大好き。ビール党、自然派ワイン好き。 http://masamichi-design.com/