酸菜魚米線
About me
中川正道。四川省公認の四川料理の専門家、麻辣連盟総裁、時色株式会社代表。2002~2006年まで四川省に滞在、四川料理に魅了される。2012年に単身、四川省へ行き、四川の仲間たちと200店舗の四川料理店を食べ歩き「おいしい四川」サイトをリリース。2014年夏に日本初!四川料理食べ歩きガイドブック「涙を流して口から火をふく、四川料理の旅」を出版。2日間で6.5万人を動員した四川フェス主催。得意技は四川料理、デザイン、巻き込み力。


【成都】酸菜魚米線 | 魚と米麺が合わさった新しい麺

酸菜魚米線

“酸菜魚米線” (スゥアンツァイユィーミーシエン)  辛   辛 
魚は草魚、ピリッと辛いスープに柔らかい米の麺がからむ

“水煮魚米線” (シュイジューユィーミーシェン) 辛   辛 
ピリッ辛い豆瓣醤ベースの味

 進化した米線!水煮魚、酸菜魚と米線の共演

酸菜魚米線

看板を見ると「酸菜魚米線」という見慣れない料理名が。店に入り、すかさずこの看板に書かれている料理を注文。興味深々に料理を待つこと15分、通常の2倍はある大きな器に、はじめて食べる「酸菜魚米線」が運ばれてきました。

「酸菜魚」とは漬物と魚を煮込んだ有名な四川料理ですが、そこに「米線」(米からできた麺)を入れるという組み合わせ。ありそうでなかった料理は、通を唸らせる斬新さ。通常の「米線」からできた麺料理は、一椀約7元ほどですが、この料理は一椀14元。倍の価格にもかからず、納得してしまうほどのクオリティーとボリュームです。

酸菜魚米線

忙しい中、店主は笑顔で答えてくれました。「飲食業界に入り10数年。色々な場所で料理を食べ歩き、みんなが好きな魚料理と、お年寄りでも食べられる柔らかい米線とは、最高の組み合わせだと確信したんだよ」と。

酸菜魚米線

開店してまだ2年半ですが、数々のTV局から取材を受けています。成都一の繁華街「春熙路」にも支店第一号を出すことが決まり、順風満帆。あと10年もしたら、四川を代表する名物麺になっているかも。

食べ方

小は一人前、中は2~3人前、大は3~4人前です。

注文方法

酸菜魚米線、水煮魚米線の小を注文する場合

 「酸菜魚米线,小份」    (スァンツァイユィーミーシエン、シャオフェン)
 「水煮魚米线,小份」    (シュイジューユィーミーシエン、シャオフェン)

基本情報

価格、おすすめ 小14元(1人前),中35元(2~3人前),大45元(3~4人前)
住所 中国四川省成都市武候区新光路9号附10号
住所(英語) sìchuānshěng chéngdūshì wǔhòuqū xīnguānglù 9 hào fù 10 hào
営業時間 7:00 ~ 21:00
環境 本店。支店を春熙路に計画中(2013年現在)。
その他 2環路のK1線バスに乗り「紫荊路」で下車。93路、238路に乗り「桐梓林小区」で下車。徒歩400m。

【入場無料】四川フェス2019 4.20~21

累計来場者数10万人以上、消費者主導で行う世界最大の四川料理の祭典「四川フェス」を新宿中央公園にて開催決定。日本にいる四川料理シェフ、日本在住の四川料理シェフ、四川省からの有名シェフが集まる四川料理ドリームチームをつくり、最高においしい四川料理でしびれる麻辣革命をおこしましょう!

四川フェス2019

第四弾・麻辣を極める四川省と重慶を食べつくす旅

今回の食べ歩きツアーは重慶市内はもちろんのこと、重慶の東の地区を回ります。例えば重慶大足、璧山、江津、郵亭、荣昌といったエリアです。断言できるのは「こんな地方都市行く人はまずいない」ということ。

そんなドローカルな場所へ大型バスを乗りつけ、1日6食ほど食べ、白酒で祝杯をあげて、楽しむツアーです!詳しくはこちらから!

四川料理超食べ歩きツアー

四川料理情報を発信する無料メルマガ

四川料理の仲間を募集

来場者6.5万人以上!中華一番!極、鈴木亜美さんと激辛コラボ

四川料理フェス

来場者2万人以上!日本初の四川料理の祭典、四川フェス2017

四川料理フェス

麻辣連盟 | 四川料理を愛する仲間たち

四川料理を愛し中華料理が大好き!麻辣党では普段日本で食べられている四川料理ではなく、本場の料理を皆で食べる食事会を中華料理店とコラボして、全国で開催します。食の好奇心に刺激され、まだ見ぬ大陸の味を日本で食しましょう!参加される方は入党ください!

麻辣連盟についてはこちらから

【出版】四川省・成都を中心にした食べ歩き旅行の決定版

SNSでも発信しています!

おいしい四川公式ページ

最新四川料理場はツイッターにて!

取材してきた四川料理画像を公開中

ご案内

人気記事まとめ

  1. 日本炒飯協会がオススメ!横浜で食べてほしいチャーハンベスト5
  2. 花椒でしびれまくるマー活!パクチーを超える次のブームへ
  3. 成都旅行が初めての方!絶対食べるべき5つの四川料理
  4. 一度は行ってみたい!本店「陳麻婆豆腐」100年以上の老舗
  5. 担担麺だけじゃない!世代を超えて愛される四川の麺40選

おいしい四川運営者について

辛い料理と食べ歩きを愛している方に、日本にはない本場の料理を食べるチャンスを提供する「四川料理の専門家・麻辣連盟総裁」の中川正道です
お気軽に友達申請ください。申請時は一言お願いします! facebookを見る


自分の人生を生きる、ワクワクする仕事を

中川正道、1978年島根県生まれ。2012年にドイツへ移住。0からWEBデザインを勉強し、フリーのデザイナーとしてドイツで起業。2017年に日本へ帰国。「人生の時を色どる体験をつくる」をテーマに妻の中川チカと時色 TOKiiRO 株式会社を設立。
民間主導、世界最大の四川料理の祭典「四川フェス」を主催。二日間で6.5万人を動員。四川料理、しびれ、麻辣、マー活ブームに火をつけ中華業界を盛り上げる。三国志、水滸伝などの歴史小説好き。熱いアニメ「宇宙兄弟」が大好き。 https://masamichi-design.com/