無限水餃子


 

写真:https://www.flickr.com/photos/kobakou/4038796874

※画像はイメージです

 

GoogleやYahooで検索できない情報はTwitterを使う

GoogleやYahooの検索はSEO(Search Engine Optimization)という検索エンジン最適化を意識して作れられたページ、またはコンテンツがしっかりしたページが表示されます。

 

それはそれで検索した時に便利なのですが、最近は意図的に狙い過ぎているページも多く、なかなか必要な情報にたどり着かない…ということもしばしば。

 

そんな時に使えるのがTwitterの検索です。

 

Twitterで人気情報を検索する

Googleなどでヒットするいわゆる作られた情報のページではなく、ユーザーのつぶやき(ツィート)なので、本当に話題性のある情報が検索できます。

 

うれしいことに四川フェスはTwitterでも多くの人がツィートしてくれています。いいつぶやきもあればクレームもあり、かなりリアルな声をヒアリングできるので重宝しています。
次の四川フェスでの改善点、さらに先鋭化する部分などいろいろと参考になりますね!

 

無限水餃子が人気?

多くのユーザーが「無限水餃子」とキーワードでつぶやいていたので、これは何のか?と調べてみました。
どうやらこれは中国店でたまに見かける「餃子食べ放題」のこと。


四川フェスで人気だった本格四川料理店「天府舫」さんのランチは水餃子が食べ放題。水餃子といってもスープありではない、中国で一般的な茹でたのみの餃子。

 

ランチの時は無限に水餃子がでてきますよ!

 

天府舫のランチについて

定食は日替わりスープ、サラダ、デザートつき。
AからCまでそれぞれ数種の3タイプのローテーションメニュー。
麺やご飯の大盛りが無料の上に、ごはんのおかわり自由。水餃子と煮卵(個数限定)食べ放題。
お仕事中のお客様も多いことから、ニンニクを使う料理は避けてメニューを作りました。

【1】お箸はセルフサービスになっています。食べ放題の餃子、煮卵のコーナーに用意してありますのでお手数ですがお願いします。

【2】麻婆豆腐は辛味を抑えております。
【3】食べ放題の餃子は、ディナー営業時の手作り水餃子とは異なるものを使用しております。ご了承ください。
【4】まことに申し訳ありませんが、ランチの混雑時は相席をお願いすることがあります。ご協力よろしくお願いします。
【5】担担麺は辛さを5段階に調整しました。激辛、辛、中辛、普通、弱辛の5タイプ。ご指定のない場合は普通でご提供いたします。四川本来の辛さに慣れていないお客様はお気をつけください。

 

最後に

天府舫さんのオーナーの李さんは癒し系の四川人でサービス抜群の超いい人です。そして、料理を作ってくれる何さんもテレ屋さんですが「おいしいかったですよ!」というと、いつもニコニコしてくれます。

 

新宿へきたら、たまにはフラっとランチへ。そして、無限に食べれる無限餃子をぜひ、ご賞味あれ!

中国では餃子が主食!一番ベストな餃子の食べ方とは?

基本情報

  • 店名:天府舫(てんふふぁん)
  • 場所:〒160-0023 東京都新宿区西新宿7丁目4−9
  • http://www.tenfufan.com/
  • 電話: 03-3368-5568
  • 定休日:日曜日

第四弾・麻辣を極める四川省と重慶を食べつくす旅

今回の食べ歩きツアーは重慶市内はもちろんのこと、重慶の東の地区を回ります。例えば重慶大足、璧山、江津、郵亭、荣昌といったエリアです。断言できるのは「こんな地方都市行く人はまずいない」ということ。

そんなドローカルな場所へ大型バスを乗りつけ、1日6食ほど食べ、白酒で祝杯をあげて、楽しむツアーです!詳しくはこちらから!

四川料理超食べ歩きツアー

四川料理情報を発信する無料メルマガ

四川料理の仲間を募集

来場者6.5万人以上!中華一番!極、鈴木亜美さんと激辛コラボ

四川料理フェス

来場者2万人以上!日本初の四川料理の祭典、四川フェス2017

四川料理フェス

麻辣連盟 | 四川料理を愛する仲間たち

四川料理を愛し中華料理が大好き!麻辣党では普段日本で食べられている四川料理ではなく、本場の料理を皆で食べる食事会を中華料理店とコラボして、全国で開催します。食の好奇心に刺激され、まだ見ぬ大陸の味を日本で食しましょう!参加される方は入党ください!

麻辣連盟についてはこちらから

【出版】四川省・成都を中心にした食べ歩き旅行の決定版

SNSでも発信しています!

おいしい四川公式ページ

最新四川料理場はツイッターにて!

取材してきた四川料理画像を公開中

ご案内

人気記事まとめ

  1. 日本炒飯協会がオススメ!横浜で食べてほしいチャーハンベスト5
  2. 花椒でしびれまくるマー活!パクチーを超える次のブームへ
  3. 成都旅行が初めての方!絶対食べるべき5つの四川料理
  4. 次世代の四川料理!麻辣刀削麺マニアおすすめの3店舗
  5. 一度は行ってみたい!本店「陳麻婆豆腐」100年以上の老舗

おいしい四川運営者について

辛い料理と食べ歩きを愛している方に、日本にはない本場の料理を食べるチャンスを提供する「四川料理の専門家・麻辣連盟総裁」の中川正道です
お気軽に友達申請ください。申請時は一言お願いします! facebookを見る


自分の人生を生きる、ワクワクする仕事を

中川正道、1978年島根県生まれ。2012年にドイツへ移住。0からWEBデザインを勉強し、フリーのデザイナーとしてドイツで起業。2017年に日本へ帰国。「人生の時を色どる体験をつくる」をテーマに妻の中川チカと時色 TOKiiRO 株式会社を設立。
民間主導、世界最大の四川料理の祭典「四川フェス」を主催。二日間で6.5万人を動員。四川料理、しびれ、麻辣、マー活ブームに火をつけ中華業界を盛り上げる。三国志、水滸伝などの歴史小説好き。熱いアニメ「宇宙兄弟」が大好き。 https://masamichi-design.com/