四川料理と青島ビール
About me
中川正道。四川省公認の四川料理の専門家、麻辣連盟総裁、時色株式会社代表。2002~2006年まで四川省に滞在、四川料理に魅了される。2012年に単身、四川省へ行き、四川の仲間たちと200店舗の四川料理店を食べ歩き「おいしい四川」サイトをリリース。2014年夏に日本初!四川料理食べ歩きガイドブック「涙を流して口から火をふく、四川料理の旅」を出版。2日間で6.5万人を動員した四川フェス主催。得意技は四川料理、デザイン、巻き込み力。


「中華料理を食べるときは青島ビール!」という宴会に誘っていただき参加してきました!

場所は飯田橋の芋品香という四川料理店。

 

こちらのお店は四川フェスにも参加した元陳家私菜の方が経営されているお店です。

芋品香

知り合いのfacebookで度々登場していたので、まさに気になっていたお店です。

まずは衣装に着替えます

女性、男性みなで真っ赤な青島ビールTシャツに変身。テンション上がりますね!

中華料理を食べるときは青島ビール!

黄色の文字で表示されているのは

吃中华料理喝青岛啤酒(中華料理を食べるときは青島ビール!)

という文字。この宴会だけしか着れそうにないエッジの効いたTシャツですね。

※雰囲気を盛り上げるため、店員さんも同じTシャツを着ていました。

中華料理を食べるときは青島ビール!

ぼくら夫婦も青島ビールのTシャツを着てみました。新しいペアルックですね。

中華料理を食べるときは青島ビール!

辛い料理を食べながら飲むのはもちろん青島ビール

中華料理を食べるときは青島ビール!

まずは透明な瓶の青島ビールプレミアムをいただきました。

一体何瓶あけるのか?というぐらいガンガン開けるのが中国の宴会のノリですね!

芋品香

最初はよだれ鶏を。陳家私菜で食べた味にそっくりですね。丁寧に作っている感じで伝わってきて、おいしかったです。

芋品香

茄子をカリッと揚げた料理。こちら確か上海料理の一つ。表面はカリカリ中はトロっとした茄子がおいしい一品でした。

芋品香

こちらエビの干鍋のような料理。ビールとよく合いました!

おいしい料理を食べながら、青島ビールの岸田部長の熱いビールトークを聞きます。

中華料理を食べるときは青島ビール!

青島ビールの販売権はメルシャン、アサヒビール…複数企業で販売権が移ってきたという経緯がある…知名度は抜群、もっと日本に浸透させたい!と熱いメッセージを肴に宴会は続きます。

 

世界で一番飲まれているビールは?

青島ビールは中国で一番のビールというのは周知の事実ですね。では、中国で一番飲まれているビールは青島ビールか?

 

これ、違うんですよね。中国で一番飲まれているのは実は四川の雪花ビールです。

 

そして、驚くことに、世界で一番飲まれているのも雪花ビールです!!

 

あの薄い発泡酒のような、水で薄めたような雪花ビールが世界で一番消費されているとは驚きの事実でした。やはり中国の人口は多いのですね!

※一番売れているからおいしい・・・これは別の話です。

 

青島ビールを飲み、四川料理を食べる

芋品香

こちら棒餃子。皮にゴマを混ぜて焼いているので香ばしい!

芋品香

こちらは土鍋の麻婆豆腐。陳家私菜の看板料理と同じ!大きな豆腐をスプーンで崩して食べるのが特徴。

芋品香

〆は汁なし担々麺。もやしがシャキシャキ、ピリッと辛い味でおいしかったです!

おいしい料理とおいしいビール

中川の嫁はぼくと同じ四川師範大学に留学したこともあり、その嫁がめずらしく久しぶりにおいしい中華を食べた!喜んでいました。これはなかなかのレベルです!

 

海外にいると和食を食べるときは日本のアサヒビールか麒麟ビール。

タイ料理を食べるときはタイのシンハービール。

中華料理を食べるときは中国の青島ビール。

 

そんな流れを一緒に作っていければと面白いですね!

 

8月初旬に麻辣連盟×青島ビール

中川が8月から東京ベースで仕事を再開するので、まずは止まっていた麻辣連盟イベントを再開させていきます。第一弾は青島ビールさんとコラボです!

 

皆さんお楽しみに!

 

基本情報

店名:純中国伝統料理四川料理 芊品香

〒102-0072  東京都千代田区飯田橋2-16-4 九段下コート1F

http://senpinsyan.jp/

 

【入場無料】四川フェス2019 4.20~21

累計来場者数10万人以上、消費者主導で行う世界最大の四川料理の祭典「四川フェス」を新宿中央公園にて開催決定。日本にいる四川料理シェフ、日本在住の四川料理シェフ、四川省からの有名シェフが集まる四川料理ドリームチームをつくり、最高においしい四川料理でしびれる麻辣革命をおこしましょう!

四川フェス2019

第四弾・麻辣を極める四川省と重慶を食べつくす旅

今回の食べ歩きツアーは重慶市内はもちろんのこと、重慶の東の地区を回ります。例えば重慶大足、璧山、江津、郵亭、荣昌といったエリアです。断言できるのは「こんな地方都市行く人はまずいない」ということ。

そんなドローカルな場所へ大型バスを乗りつけ、1日6食ほど食べ、白酒で祝杯をあげて、楽しむツアーです!詳しくはこちらから!

四川料理超食べ歩きツアー

四川料理情報を発信する無料メルマガ

四川料理の仲間を募集

来場者6.5万人以上!中華一番!極、鈴木亜美さんと激辛コラボ

四川料理フェス

来場者2万人以上!日本初の四川料理の祭典、四川フェス2017

四川料理フェス

麻辣連盟 | 四川料理を愛する仲間たち

四川料理を愛し中華料理が大好き!麻辣党では普段日本で食べられている四川料理ではなく、本場の料理を皆で食べる食事会を中華料理店とコラボして、全国で開催します。食の好奇心に刺激され、まだ見ぬ大陸の味を日本で食しましょう!参加される方は入党ください!

麻辣連盟についてはこちらから

【出版】四川省・成都を中心にした食べ歩き旅行の決定版

SNSでも発信しています!

おいしい四川公式ページ

最新四川料理場はツイッターにて!

取材してきた四川料理画像を公開中

ご案内

人気記事まとめ

  1. 花椒でしびれまくるマー活!パクチーを超える次のブームへ
  2. 日本炒飯協会がオススメ!横浜で食べてほしいチャーハンベスト5
  3. 成都旅行が初めての方!絶対食べるべき5つの四川料理
  4. 一度は行ってみたい!本店「陳麻婆豆腐」100年以上の老舗
  5. しびれる麻辣味!重慶研究家がおすすめする重慶小面5選

おいしい四川運営者について

辛い料理と食べ歩きを愛している方に、日本にはない本場の料理を食べるチャンスを提供する「四川料理の専門家・麻辣連盟総裁」の中川正道です
お気軽に友達申請ください。申請時は一言お願いします! facebookを見る


自分の人生を生きる、ワクワクする仕事を

中川正道、1978年島根県生まれ。2012年にドイツへ移住。0からWEBデザインを勉強し、フリーのデザイナーとしてドイツで起業。2017年に日本へ帰国。「人生の時を色どる体験をつくる」をテーマに妻の中川チカと時色 TOKiiRO 株式会社を設立。
民間主導、世界最大の四川料理の祭典「四川フェス」を主催。二日間で6.5万人を動員。四川料理、しびれ、麻辣、マー活ブームに火をつけ中華業界を盛り上げる。三国志、水滸伝などの歴史小説好き。熱いアニメ「宇宙兄弟」が大好き。 https://masamichi-design.com/