img_0737
About me
マコ。都内在住、食べることが趣味のOLです。食の情報にアンテナを張り巡らせ、ミシュラン店からフランクなB級グルメまで年間100店舗以上訪問させて頂いてます。本当は内緒にしておきたいとっておきの四川料理の名店 だけをご紹介して参ります♡


チャイニーズレストランわさ

食通の間で話題だった都立大学の四川料理店、「チャイニーズレストランわさ」が満を持して六本木ヒルズへ進出!

 

「天才料理人」との呼び声が高いわさの山下シェフは、岐阜の名店 開化亭の古田シェフの下で学ばれたご経験の持ち主。都立大学で独立開業するとたちまち食通の間で話題になり、予約困難な人気店になりました。

 

今回はアラカルト料理をカジュアルに楽しめる「餃苑わさ」をご紹介いたします。女性とのデートで利用したいとっておきのお店です。こちらのディナーで満足しない女性はいないと断言させて頂きます!

 

幻想的でミステリアスなエントランス

これから始まる素敵なディナーの幕開けにふさわしい演出。扉を開ける瞬間のワクワク感をぜひ体感してください。

高級感ある店内

扉を開けると、ワンフロアに左右二つのレストランが構成されています。
左側はわずか6席のカウンター席「けやき坂わさ」。山下シェフが調理されるライブパフォーマンスを間近で見ながらコース料理を堪能出来ます。右側には気軽にアラカルト料理を頂けるテーブル席の「餃苑わさ」が配置されています。

 

下記の画像は、餃苑わさのテーブル席です。スタイリッシュで洗練された都会的な雰囲気。薄暗い雰囲気の中にほのかに灯る照明が、女性の美しさをより一層輝かせてくれるでしょう。

 

わさはワインメニューも充実しています。口福(こうふく)の始まりにシャンパンで乾杯してみてはいかがでしょうか。

wine

前菜は搾菜

 

最初に供されたのが搾菜。従来の搾菜への概念を覆すような新鮮な味わいに感動を覚えました。

 

美しく輝くガラスの器にたっぷり盛り付けられた搾菜、白髪ねぎ、きゅうりの三位一体のハーモニーが素晴らしい。また丁寧に美しく千切りされたお野菜にも山下シェフの美学を感じました。「搾菜がこんなに美味しいなんて知らなかった♡」と喜んで頂ける逸品です。

 

一口で食べられる炸餃子


開化亭とわさでしか食べることが出来ない貴重な揚げ餃子。フランスのブルゴーニュのバターの美味しさを中華に活かしたいと思われた開化亭の古田シェフが考案したオリジナリティ溢れる逸品。中には帆立とウニ、バターが詰まっているひとくちサイズの揚げ餃子です。

 

供される際「一口でお召し上がり下さい」と説明されます。なぜならお口の中でお料理が完成する餃子だからです。

 

お口に頬張ると、バターとウニの旨味がジュワーと広がって脳内の幸せホルモンがマックスに。皮のパリパリとした食感と濃厚なウニバターのとろける美味しさとの組み合わせが絶妙です。この時点でお相手のテンションはかなり高まっているはず♡

 

3種類の銘柄肉を使用した焼き餃子

山下シェフが厳選した3種類の銘柄肉を使用した焼き餃子です。

 

一口目は何もつけずに、二口目は辣油の上澄みの部分のみををつけて、3口目は唐辛子の入った辣油をつけて頂きましたが、手作りの辣油の質の良さに唸りました。

 

特に五香粉を効かせた茨城・塚原牧場の「梅山豚」を使った餃子はスパイシーな薫りが印象的で、スパイスの使い方にも山下シェフのセンスを深く感じます。

 

その他に、滋賀・愛農高校の生徒が飼育する「愛農ナチュラルポーク」を使ったジューシーな餃子、丹波篠山の水、飼料にも配慮して育てられた兵庫「高坂鶏」を使った餃子も頂きました。ちなみに、銘柄肉の記載はお皿に直接油性ペンで書かれているそうです。面白いアイデアですね。

 

おそらくお連れした方からは「すごーい!」とリアクションが返ってくるでしょう。本当にすごいので想定内のリアクションです(笑)

 

木綿と絹の2種類を使用した麻婆豆腐

特筆すべきは、木綿と絹、二種類の豆腐を使用していることです。それぞれの豆腐がもつうま味や食感の違いを
感じながら頂ける素晴らしい逸品。

 

たくさんの麻婆豆腐を今まで食べてきておりますが、2種類の豆腐を使用している麻婆豆腐は初めて頂きました。
豆腐によって調理法が異なり手間がかかるからだと思いますが、手間暇を惜しまないシェフの料理人魂に
感動しました。

 

また、何度も繰り返しておりますが、辣油の質が上質で胃もたれしないこともオススメポイントです。

 

後からジワジワとやってくる辛味が心地良く、パンチはあるけれど激しくない、心地良い刺激が広がります。挽肉もジューシーでボリュームがあり美味しい。挽肉だけご飯に乗せて頂きたい程の美味しさです。

 

「上質な油は食べる美容液」と言われておりますのでお肌の乾燥や弾力が気になる方は積極的に召し上がって頂きたいですし、上質な油は決して太りませんよ♪

 

バジルと山椒の椒麻鶏

 

バジルと山椒を組み合わせたしびれるソースが斬新で印象的なお料理。

 

定番の四川料理に山下シェフのセンスが光ります。鶏むね肉をここまでしっとりと柔らかく仕上げるシェフの技術はお見事!バジルの爽やかな薫りと程よいしびれが嗅覚と味覚を刺激してくれます。このお料理も「こんなの初めて♡」ってリアクションが出ることは間違いないですよ。

 

都内最高峰の汁なし担々麵

 

牛スネ肉のコラーゲンが贅沢に入っていて、九条葱とパクチーもたっぷり添えられています。

 

麺のコシや小麦の香りも素晴らしく、都内最高峰の坦々麺と言っても過言ではありません。コラーゲン、と聞いて反応しない女性はいないはず。君のお肌が更に美しくなってほしいんだ、なんて言われたら女性はメロメロになりますよ♡(※山下シェフの担々麵に限ります)

 

〆の汁あり担々麺

 

こだわりの坦々麺は山下シェフ流儀の食べ方に従って頂きましょう。

 

ゴマの風味とまろやかなコクのあるスープを最初に頂いてから、全体を混ぜて器の中で味の変化を感じながら頂くことが最も美味しい食べ方だそうです。スープは寸胴ごと飲み干したい位の美味しさ!女性がこのスープの虜になれば、デートの勝敗は自ずと見えてきますよね。

 

最後に

デートだけでなく、会食にもおすすめのお店です。山下シェフの極上のお料理を頂きながら会話すれば、親しくなりたいお相手との距離がグッと近づくはず。とっておきの勝負レストランです。

 

店舗情報

餃苑わさ

〒106-0032 東京都港区六本木6-12-2

六本木ヒルズレジデンスB棟3F

TEL 03-6447-1877

営業時間
18:00~23:00(LO 21:30)/日曜定休

 

第五弾・旬の麻辣、藤椒を収穫し名物料理を食す旅

旬の麻辣を味わいにガイドブックにはない四川省の田舎へ。7月は青花椒の収穫期。青花椒の中でも特に珍しい品種「藤椒」を収穫し取れたての旬のしびれを味わい尽くします。成都、新津、眉山、洪雅、蒲江県、崇州の6つの街を巡り、1日6食、地方料理を食べつくす!おそらく世界で一番食べまくるツアーです。

ドローカルな場所へ大型バスを乗りつけ、朝からビールと白酒で祝杯をあげて、生粋の食べ歩き仲間と楽しむツアー!詳しくはこちらから!

【入場無料】四川フェス2019 4.20~21

累計来場者数10万人以上、消費者主導で行う世界最大の四川料理の祭典「四川フェス」を新宿中央公園にて開催決定。日本にいる四川料理シェフ、日本在住の四川料理シェフ、四川省からの有名シェフが集まる四川料理ドリームチームをつくり、最高においしい四川料理でしびれる麻辣革命をおこしましょう!

四川フェス2019

東京麻辣ストーリー~しびれる恋の行方

四川省成都からきた留学生「小桃(シャオタオ)」、麻婆豆腐好きの日本人大学生そう太。シャツにラー油がついた···から始まる四川料理恋愛ストーリー!

東京麻辣ストーリー

第四弾・麻辣を極める四川省と重慶を食べつくす旅

今回の食べ歩きツアーは重慶市内はもちろんのこと、重慶の東の地区を回ります。例えば重慶大足、璧山、江津、郵亭、荣昌といったエリアです。断言できるのは「こんな地方都市行く人はまずいない」ということ。

そんなドローカルな場所へ大型バスを乗りつけ、1日6食ほど食べ、白酒で祝杯をあげて、楽しむツアーです!詳しくはこちらから!

四川料理超食べ歩きツアー

四川料理情報を発信する無料メルマガ

四川料理の仲間を募集

来場者6.5万人以上!中華一番!極、鈴木亜美さんと激辛コラボ

四川料理フェス

来場者2万人以上!日本初の四川料理の祭典、四川フェス2017

四川料理フェス

麻辣連盟 | 四川料理を愛する仲間たち

四川料理を愛し中華料理が大好き!麻辣党では普段日本で食べられている四川料理ではなく、本場の料理を皆で食べる食事会を中華料理店とコラボして、全国で開催します。食の好奇心に刺激され、まだ見ぬ大陸の味を日本で食しましょう!参加される方は入党ください!

麻辣連盟についてはこちらから

【出版】四川省・成都を中心にした食べ歩き旅行の決定版

SNSでも発信しています!

おいしい四川公式ページ

最新四川料理場はツイッターにて!

取材してきた四川料理画像を公開中

ご案内

人気記事まとめ

  1. 日本炒飯協会がオススメ!横浜で食べてほしいチャーハンベスト5
  2. 花椒でしびれまくるマー活!パクチーを超える次のブームへ
  3. 次世代の四川料理!麻辣刀削麺マニアおすすめの3店舗
  4. 成都旅行が初めての方!絶対食べるべき5つの四川料理
  5. 一度は行ってみたい!本店「陳麻婆豆腐」100年以上の老舗

おいしい四川運営者について

辛い料理と食べ歩きを愛している方に、日本にはない本場の料理を食べるチャンスを提供する「四川料理の専門家・麻辣連盟総裁」の中川正道です
お気軽に友達申請ください。申請時は一言お願いします! facebookを見る


自分の人生を生きる、ワクワクする仕事を

中川正道、1978年島根県生まれ。2012年にドイツへ移住。0からWEBデザインを勉強し、フリーのデザイナーとしてドイツで起業。2017年に日本へ帰国。「人生の時を色どる体験をつくる」をテーマに妻の中川チカと時色 TOKiiRO 株式会社を設立。
民間主導、世界最大の四川料理の祭典「四川フェス」を主催。二日間で6.5万人を動員。四川料理、しびれ、麻辣、マー活ブームに火をつけ中華業界を盛り上げる。三国志、水滸伝などの歴史小説好き。熱いアニメ「宇宙兄弟」が大好き。 https://masamichi-design.com/