IMG_0669(20171016-211123)
About me
陳 琬蓥 (lea chen)、四川出身の四川料理マニア。中国語、日本語、英語をしゃべる好奇心旺盛で多趣味な人。ストレス解消法:「甜水麺」「葉兒耙」「蛋烘糕」「水煮魚」「干鍋兎」「肥腸粉」「麻辣烤鱼」「紅油水餃」「烤脳花」「鶏米芽菜」「粉蒸牛肉」を爆食いする。


孔乾飯(コンガンファン)とは?

米を6割程度火が通るまで煮て、水を切ります。腊肉(ラーロウ、中華燻製豚)、ソーセージなどの肉類とインゲン、エンドウなどの野菜を炒めて、8割ほど火が通ったら、煮てあったご飯と適量のお水を鍋に入れます。蓋をして、弱火で10-15分ほど炊くと、下の部分に薄めのおこげが出来ています。炊きあがったご飯は燻製肉と野菜の香りがします。

これは千年以上の歴史があり、四川の伝統的なご飯の炊き方 - 【孔乾飯(コンガンファン)】と言います。

 

孔乾飯

 

おばあちゃん世代のご飯の炊き方は最近復活!

 

おばあちゃん世代のご飯の炊き方と見られ、四川の若者がほとんど食べたことのない孔乾飯(コンガンファン)はやっと最近復活しました!お店の名前はそのまま「孔乾飯(コンガンファン)」を使用しています。四川の民俗と方言を守る理念を持ち、伝統の四川料理の継承と発展に努力する大衆食堂だそうです。

 

孔乾飯 IMG_0667(20171016-211123)

 

店内のインテリアは確かに四川農家の雰囲気が溢れていますね。

 

IMG_0665(20171016-211123)

IMG_0673(20171016-211123)

 

看板料理

1.香鉢鉢紅焼肉(豚肉の醤油煮)

IMG_0660

 

2.采蘑菇的小虾米(しいたけとエビのニンニク蒸し)

 

IMG_0670(20171016-211123)

 

3.郭師傅蒸大骨(米粉と豚骨の四川風蒸し)

 

IMG_0655(20171016-211123)

 

4.老資格伝統糖酢魚(甘酢あんかけの揚げ魚)

 

IMG_0654(20171015-221430)

 

5.耙耙菜(四川風野菜の水煮)

 

IMG_0661(20171016-211123)

 

すべておばあちゃんやお母さんが昔から作ってくれていた四川の家庭料理の感じですね。なんと懐かしいな~~

 

住所:清江東路59号附9号

営業時間:月曜日~日曜日 11:00-21:30

四川料理を愛する仲間募集!四川料理情報を発信する無料メルマガ

四川料理の仲間を募集

【2日で10万人来場!】四川フェス2019 4.20~21

四川フェス2019

東京麻辣ストーリー~しびれる恋の行方

四川省成都からきた留学生「小桃(シャオタオ)」、麻婆豆腐好きの日本人大学生そう太。シャツにラー油がついた···から始まる四川料理恋愛ストーリー!

東京麻辣ストーリー

第五弾・旬の麻辣、藤椒を収穫し名物料理を食す旅

第四弾・麻辣を極める四川省と重慶を食べつくす旅

四川料理超食べ歩きツアー

来場者6.5万人以上!中華一番!極、鈴木亜美さんと激辛コラボ

四川料理フェス

来場者2万人以上!日本初の四川料理の祭典、四川フェス2017

四川料理フェス

麻辣連盟 | 四川料理を愛する仲間たち

四川料理を愛し中華料理が大好き!麻辣党では普段日本で食べられている四川料理ではなく、本場の料理を皆で食べる食事会を中華料理店とコラボして、全国で開催します。食の好奇心に刺激され、まだ見ぬ大陸の味を日本で食しましょう!参加される方は入党ください!

麻辣連盟についてはこちらから

【出版】四川省・成都を中心にした食べ歩き旅行の決定版

涙を流し口から火をふく、四川料理の旅 (KanKanTrip)
中川 正道 張 勇
書肆侃侃房 (2014-08-25)
売り上げランキング: 30,730

SNSでも発信しています!

おいしい四川公式ページ

最新四川料理場はツイッターにて!

取材してきた四川料理画像を公開中

ご案内

人気記事まとめ

  1. 日本炒飯協会がオススメ!横浜で食べてほしいチャーハンベスト5
  2. 次世代の四川料理!麻辣刀削麺マニアおすすめの3店舗
  3. 花椒でしびれまくるマー活!パクチーを超える次のブームへ
  4. 成都旅行が初めての方!絶対食べるべき5つの四川料理
  5. 一度は行ってみたい!本店「陳麻婆豆腐」100年以上の老舗

おいしい四川運営者について

辛い料理と食べ歩きを愛している方に、日本にはない本場の料理を食べるチャンスを提供する「四川料理の専門家・麻辣連盟総裁」の中川正道です
お気軽に友達申請ください。申請時は一言お願いします! facebookを見る


世界を遊び場に仕事をつくる

中川正道、1978年島根県生まれ。四川師範大学にて留学。四年間四川省に滞在し、四川料理の魅力にはまる。2012年にドイツへ移住。0からWEBデザインを勉強し、フリーのデザイナーとしてドイツで起業。2017年に日本へ帰国。「人生の時を色どる体験をつくる」をテーマに妻の中川チカと時色 TOKiiRO 株式会社を設立。
四川料理マニアたちがつくる四川料理の祭典「四川フェス」主催。過去動員数累計20万人。四川料理、しびれ、麻辣、マー活ブームに火をつけ中華業界を盛り上げる。