啖三花
About me
中川正道。四川省公認の四川料理の専門家、麻辣連盟総裁、時色株式会社代表兼デザイナー。2002~2006年まで四川省に滞在、四川料理に魅了される。2012年に単身、四川省へ行き、四川の仲間たちと200店舗の四川料理店を食べ歩き「おいしい四川」サイトをリリース。2014年夏に日本初!四川料理食べ歩きガイドブック「涙を流して口から火をふく、四川料理の旅」を出版。2日間で6.5万人を動員した四川フェス主催。 これまでの活動が実を結び、2018年のマー活、花椒がブームに。「今年の一皿」ではしびれ料理が準グランプリになる。


【成都】啖三花 | リラックスして食べる成都グルメ

麻辣燙

“麻辣燙” マーラータン
好きな串の具材を選び、火鍋のようなスープで煮込んだ料理。つけるスパイスは一味唐辛子、花椒、ピーナツ粉、パクチー、ゴマ、胡椒、黒胡椒のミックス。
啖脑花

“啖脑花” ダンナオホァー
下ごしらえをした豚の脳みそにさっと火を通し、辛く味付けした料理。

啖蹄花

“啖蹄花” ダンナディーホァー
下ごしらえをした豚足をタイ風味(酸っぱく辛い)で味付け。

成都流のマーラータン!手軽に食べれる四川名物「啖三花」

一品天下通りは成都北西にある四川の有名飲食店が覇を争うグルメ通り。その中で見た目は何の変哲もない小さな店に多くの人だかりが。

啖三花

店の名は「啖三花」。まだ開店して1年半ですが、TVに取材された影響もあり連日おおにぎわい。店主の王さんに話を伺うと「3ヶ月いろんなお店に行って、食べ歩いてみたんだ、それで思いついたのが麻辣燙と三花さ」

麻辣燙とは最初に串にささった好きな具材を選び火鍋のようなスープで煮て、大きな鉢にその煮汁を入れ、スパイスをつけて串を食べるという料理。この店の特徴はその「干碟(ガンディエ)」というスパイスの組み合わせ。スパイスは一味唐辛子、花椒、ピーナツ粉、パクチー、ゴマ、胡椒、黒胡椒のミックス。エキゾチックな見た目が食欲をそそります。そしてお店の名前にもなっている「啖三花」。啖とは食べると言う意味。三花は腰花(腎臓)、脑花(脳みそ)、蹄花(豚足)の三つの料理という意味。

啖三花

お店には“都江堰的水,成都人的嘴,龙门阵吹牛,啖三花聊天,麻辣烫,吃了不会丢签签!”の詩が大きく書いてありました。わかりやすく訳すと「麻辣燙を食べている時は成都人はおしゃべりをしてホラを吹く。だけど串を捨てて串の料金をちょろまかしたりはしない、都江堰の水も飲んでいるし、情に厚いんだ」。 成都人のように楽しくゆったり時間を過ごすのもおもしろいかもしれません。

啖三花

食べ方

人が多いので、最初に大目に麻辣燙の串を選んでおくこと。三花の中の「啖脳花、啖蹄花」はまぁまぁおいしかったです。

注文方法

麻辣燙は串を選んで渡すだけ。啖脳花、啖蹄花を注文する場合

「啖脑花、一份」 (ダンナオホァー、イーフェン)
「啖蹄花、一份」 (ダンディーホァー、イーフェン)

基本情報

価格、おすすめ 脳花:10元,腰花:18元,蹄花:15元。串は0.25元/本、紅簽:1元/分。
住所 四川省成都市金牛区一品天下379号附18号
住所(英語) sìchuānshěng chéngdūshì jīnniúqū yīpǐntiānxià 379 hào fù 18 hào
営業時間 17:00 ~ 24:00
環境 店は狭い、支店あり。天順路,五洲花園正対面
その他 更新:2013年2月

バス105路「一品天下大街北站」で下車し、徒歩200m。

四川料理を愛する仲間募集!四川料理情報を発信する無料メルマガ

四川料理の仲間を募集

【2日で10万人来場!】四川フェス2019 4.20~21

四川フェス2019

東京麻辣ストーリー~しびれる恋の行方

四川省成都からきた留学生「小桃(シャオタオ)」、麻婆豆腐好きの日本人大学生そう太。シャツにラー油がついた···から始まる四川料理恋愛ストーリー!

東京麻辣ストーリー

来場者6.5万人以上!中華一番!極、鈴木亜美さんと激辛コラボ

四川料理フェス

来場者2万人以上!日本初の四川料理の祭典、四川フェス2017

四川料理フェス

麻辣連盟 | 四川料理を愛する仲間たち

四川料理を愛し中華料理が大好き!麻辣党では普段日本で食べられている四川料理ではなく、本場の料理を皆で食べる食事会を中華料理店とコラボして、全国で開催します。食の好奇心に刺激され、まだ見ぬ大陸の味を日本で食しましょう!参加される方は入党ください!

麻辣連盟についてはこちらから

【出版】四川省・成都を中心にした食べ歩き旅行の決定版

涙を流し口から火をふく、四川料理の旅 (KanKanTrip)
中川 正道 張 勇
書肆侃侃房 (2014-08-25)
売り上げランキング: 30,730

SNSでも発信しています!

おいしい四川公式ページ

最新四川料理場はツイッターにて!

取材してきた四川料理画像を公開中

ご案内

人気記事まとめ

  1. 日本炒飯協会がオススメ!横浜で食べてほしいチャーハンベスト5
  2. 成都旅行が初めての方!絶対食べるべき5つの四川料理
  3. 四川でよく食べるお馴染みの川魚ベスト10
  4. 次世代の四川料理!麻辣刀削麺マニアおすすめの3店舗
  5. 一度は行ってみたい!本店「陳麻婆豆腐」100年以上の老舗

おいしい四川運営者について

辛い料理と食べ歩きを愛している方に、日本にはない本場の料理を食べるチャンスを提供する「四川料理の専門家・麻辣連盟総裁」の中川正道です
お気軽に友達申請ください。申請時は一言お願いします! facebookを見る


世界を遊び場に仕事をつくる

中川正道、1978年島根県生まれ。四川師範大学にて留学。四年間四川省に滞在し、四川料理の魅力にはまる。2012年にドイツへ移住。0からWEBデザインを勉強し、フリーのデザイナーとしてドイツで起業。2017年に日本へ帰国。「人生の時を色どる体験をつくる」をテーマに妻の中川チカと時色 TOKiiRO 株式会社を設立。
四川料理マニアたちがつくる四川料理の祭典「四川フェス」主催。過去動員数累計20万人。四川料理、しびれ、麻辣、マー活ブームに火をつけ中華業界を盛り上げる。