腌鹵


【成都】鄢排骨‎ | ファンが支える小さな人気店

鄢排骨

“排骨‎” パイグー
漢方がたっぷり入った醤油ベースの特性タレに、具材をじっくり漬け込み、さらに煮込むこと「鹵」(ルー)といい、この手法で作られた料理を鹵菜(ルーツァイ)と言います。この店は鹵菜店で排骨(豚のスペアリブ)がおすすめ。

鹵菜が美味しい!知る人ぞ知る路地裏の人気店

鄢排骨

約8年前、成都で働いていた時にたまに同僚と食べに行った店です。この店はせまいのに、昼時になると付近のサラリーマン、OLがご飯を食べる、近所の酒飲みのおやじ達が鹵菜をつまみに白酒をのむ、ということで、いつも昼時は込んでいました。

鄢排骨

8年ぶりに行ってみましたが、やはり12時すぎは人がいっぱいで席もない。人が少なくなる時間帯を見計らって、一時間半ぐらい時間をつぶし再度、行ってみると、次は近所の住民たちがちらほら。私たちと同じように混む時間帯は避けているようです。

久しぶりにこの店の名前にもなっている排骨を食べましたが、しっかり味がしみこみ、おいしい。8年前と味も変わらず、店も変わらず、そこにいてくれていました。 昔は鹵菜の持ち帰り専門だったんだよ、でも持ち帰りだけじゃなくてテーブルも置いてほしいとお客さんから要求があって、それで今のように中で食べれるようにしたんだ、と店主の鄢(エン)さんは教えてくれました。

1984年、四川省図書館の食堂で鄢さんは鹵菜を作っていたそうです。その後、料理の道からは外れましたが、昔のお客さんからあんなにおいしい鹵菜が作れるんだ、鹵菜の店をやった方がいい!と言われ、1994年に成都市の城守街で鹵菜の店を開業します。

鄢排骨

そして、2000年に今の三聖街に移り、現在に至るとのこと。当時、鄢さんに鹵菜の店をやった方がいいと言った人は先見の目がある、相当なグルメ家なんだろうなと、排骨とビールに感謝しながら思うのでした。

食べ方

白酒、ビールのつまみにぴったり。いろいろ注文しましょう。

注文方法

スペアリブ、豚のレバー、湯葉を注文する場合

「排骨、一块」 (パイグー、イークァイ)
「猪肝、一两」 (ジューガン、イーリャン)
「豆筋、二根」 (ドウジン、アールゲェン)

基本情報

価格、おすすめ 排骨 33元/500g、豆筋 16元/500g、猪肝 21元/500g
住所 四川省成都市锦江区三圣街58号
住所(英語) sìchuānshěng chéngdūshì jǐnjiāngqū sānshèngjiē 58 hào
営業時間 10:00~20:00
環境 支店なし。店は非常に狭い。
その他 更新:2013/02/01

日本では味わえない、もっと刺激的なグルメを求めている方へ

四川料理フェス

 

3月、11月に行った四川料理超食べ歩きツアーに参加されたお客様から「辛いもの好きで食べるの好きな人へ、自分で行くと出来ない体験ができます!」「食べることが好きな人なら、絶対120%満足ができる旅を保証します!」「同じ価値観をもった仲間と出会える!」とコメントいただきました。

これまで見たことない料理、涙を流すほど信じられないくら辛い料理、トラウマになるくらいの強烈な香り、四川料理の「頂」をみたかもしれない!と思える圧倒的な四川料理の体験をぎゅぎゅっと凝縮した旅になります。料理関係者の方にとっては日本に四川料理を伝えた陳建民氏を輩出した街へ。日本の四川料理のルーツとなる四川省南部。少人数では食べられない田舎の料理をたべましょう!

今年最後の四川料理の旅、ぜひ、ご参加ください!

【限定10名】第三弾四川省南部へ!日本の四川料理のルーツを巡る旅

四川料理情報を発信する無料メルマガ

四川料理の仲間を募集

四川フェス来場者2万人以上!四川フェス・スタンプラリー8月31日まで!

四川料理フェス

 

四川フェススタンプラリーとは四川フェスに出店していただいた12店舗の店舗へ実際へ行き、8月31日までに8店舗制覇した方に抽選で豪華賞品があたる四川フェスのスピンオフイベントです!

スタンプラリー専用用紙は四川フェス当日のパンフレット、または以下専用用紙をダウンロードし、印刷しご使用ください。

QUOカード5千円!陳麻婆豆腐セットが当たる!四川フェススタンプラリー

麻辣連盟 | 四川料理を愛する仲間たち

四川料理を愛し中華料理が大好き!麻辣党では普段日本で食べられている四川料理ではなく、本場の料理を皆で食べる食事会を中華料理店とコラボして、全国で開催します。食の好奇心に刺激され、まだ見ぬ大陸の味を日本で食しましょう!参加される方は入党ください!

麻辣連盟についてはこちらから

【出版】四川省・成都を中心にした食べ歩き旅行の決定版

SNSでも発信しています!

おいしい四川公式ページ

ツイッター開設しました

取材してきた四川料理画像を公開中

ご案内

人気記事まとめ

  1. 成都旅行が初めての方!絶対食べるべき5つの四川料理
  2. 一度は行ってみたい!本店「陳麻婆豆腐」100年以上の老舗
  3. 中国では餃子が主食!一番ベストな餃子の食べ方とは?
  4. 日本炒飯協会がオススメ!横浜で食べてほしいチャーハンベスト5
  5. 秘密の生産地へ!青花椒フルコースと収穫をする麻辣グルメ視察団

おいしい四川運営者について

辛い料理と食べ歩きを愛している方に、日本にはない本場の料理を食べるチャンスを提供する「四川料理の専門家・麻辣連盟総裁」の中川正道です
お気軽に友達申請ください。申請時は一言お願いします!



自分の人生を生きる、ワクワクする仕事を

中川正道、1978年島根県生まれ。好きなことをするため、2012年に独立。0からWEBデザインを勉強し、現在はフリーのデザイナーとして世界中の企業・お店のサイトやロゴ等をてがける。毎日四川料理を作るほどの四川料理マニア。Allabout公認四川ガイド。

特技、デザインと中国語。三国志、水滸伝などの歴史小説好き。熱いアニメ「宇宙兄弟」が大好き。ビール党、自然派ワイン好き。 http://masamichi-design.com/