香脆鴨


【成都】七里郷村鴨 | 新派四川料理、新しい鴨料理

 郷村鴨

“郷村鴨” (hóngyóu jiǎozi)
地鴨を特製醤油ダレと一緒に煮込む。家鴨に火が通ったら、万源産のジャガイモを入れ、甘辛く煮込む。家鴨のうまみがジャガイモに染みわたり格別に美味しい。ジャガイモが信じられないくらい柔らかいです。味は濃く、甘辛味。

香脆鴨

“香脆鴨” (xiāng cuì yā)
ボリューム満点の家鴨料理

ボリューム満点の家鴨料理

七里郷村鴨

地家鴨を秘伝のタレで下ごしらえ。味が染みこむまで置き、鹵水(醤油だれ)に漬けこむ。油でカリッと揚げ、最後に手で一口サイズに引き裂き完成。パリパリの皮、柔らかい鴨の身が最高に美味しい逸品。

七里郷村鴨は創業してちょうど10年。順調に規模も大きくなり、今は五店舗。四川の各都市にお店を構えているようです。

ここの特徴は新しい新派四川料理。看板メニューは二つ「郷村鴨」「香脆鴨」。家鴨は地家鴨、国家の衛星部門が検査し、OKとなっているものを使用。調味料も同じく検査済み。

「郷村鴨」は地鴨とジャガイモの甘辛煮込み。ジャガイモは万源産。一口食べてみればわかります。こんな美味しいジャガイモ初めて食べました。しかも量がすごい、絶対食べきれないので、持ち帰りがおすすめです。

七里郷村鴨

「香脆鴨」は複雑な工程を経て最後にパリッと油で揚げた鴨料理。この鴨の皮がジューシーでパリッとして最高に美味しいです。鴨の身も味が染みついていてずっと噛み続けていたい欲望がでてくるほど。

店主いわく、「飲食は顧客につくし、顧客に損はさせない」という信念を持ち経営。それはここの料理の量を見れば一目瞭然。食べきれないぐらい多い。しかも毎日一品値下げもしています。

ここでは重慶の山城ビールも飲めます。成都の雪花ビールより美味しくおすすめです。

七里郷村鴨

食べ方

ビール合う料理ばかりなので、最初は飲んで最後にご飯でしめる、そんな食べ方が最適です。

注文方法

メニューは写真付なので、指さし注文も可能です。

郷村鴨を注文する場合、
「乡村鸭,一份」 (xiāngcūn yā , yī fèn)

香脆鴨を注文する場合、
「香脆鸭,一份」 (xiāng cuì yā , yī fèn)

基本情報

価格、おすすめ 料理は10元~80元。
おすすめ:郷村鴨,香脆鴨
住所 四川省成都市青羊区金丝街22号
住所(英語) sìchuānshěng chéngdūshì qīngyángqū jīnsījiē 22 hào
営業時間 10:00 ~ 22:00
環境 環境はいい。トイレもあり。
その他 更新:2013/02/01

日本では味わえない、もっと刺激的なグルメを求めている方へ

四川料理フェス

 

3月に行った四川料理超食べ歩きツアーに参加されたお客様から「辛いもの好きで食べるの好きな人へ、自分で行くと出来ない体験ができます!」「食べることが好きな人なら、絶対120%満足ができる旅を保証します!」とコメントいただきました。

これまで見たことない景色、信じられないくらしびれる花椒、トラウマになるくらいの強烈な香り、四川料理の「頂」をみたかもしれない!と思える圧倒的な四川料理の体験をぎゅぎゅっと凝縮した旅になります。料理関係者の方にとっては収穫体験をし、新しい新鮮な花椒を現地価格で大量に購入できます。花椒農家の紹介も!

ちょっと早い夏休み、花椒を味わい尽くす旅、ぜひ、ご参加ください!

【限定10名】旬を旅する!しびれ極まる!取れたて香り抜群の最高品質の花椒を味わいつくす旅

四川料理情報を発信する無料メルマガ

四川料理の仲間を募集

四川フェス来場者2万人以上!四川フェス・スタンプラリー8月31日まで!

四川料理フェス

 

四川フェススタンプラリーとは四川フェスに出店していただいた12店舗の店舗へ実際へ行き、8月31日までに8店舗制覇した方に抽選で豪華賞品があたる四川フェスのスピンオフイベントです!

スタンプラリー専用用紙は四川フェス当日のパンフレット、または以下専用用紙をダウンロードし、印刷しご使用ください。

QUOカード5千円!陳麻婆豆腐セットが当たる!四川フェススタンプラリー

麻辣連盟 | 四川料理を愛する仲間たち

四川料理を愛し中華料理が大好き!麻辣党では普段日本で食べられている四川料理ではなく、本場の料理を皆で食べる食事会を中華料理店とコラボして、全国で開催します。食の好奇心に刺激され、まだ見ぬ大陸の味を日本で食しましょう!参加される方は入党ください!

麻辣連盟についてはこちらから

【出版】四川省・成都を中心にした食べ歩き旅行の決定版

SNSでも発信しています!

おいしい四川公式ページ

ツイッター開設しました

取材してきた四川料理画像を公開中

ご案内

人気記事まとめ

  1. 【jiubar(ジュウバー)】この春、神楽坂にオープンする新店が「四川フェス」にやってくる!
  2. 成都旅行が初めての方!絶対食べるべき5つの四川料理
  3. 一度は行ってみたい!本店「陳麻婆豆腐」100年以上の老舗
  4. 福岡で絶対に行きたい四川料理店「巴蜀」がリニューアル!
  5. 中国では餃子が主食!一番ベストな餃子の食べ方とは?

おいしい四川運営者について

辛い料理と食べ歩きを愛している方に、日本にはない本場の料理を食べるチャンスを提供する「四川料理の専門家・麻辣連盟総裁」の中川正道です
お気軽に友達申請ください。申請時は一言お願いします!



自分の人生を生きる、ワクワクする仕事を

中川正道、1978年島根県生まれ。好きなことをするため、2012年に独立。0からWEBデザインを勉強し、現在はフリーのデザイナーとして世界中の企業・お店のサイトやロゴ等をてがける。毎日四川料理を作るほどの四川料理マニア。Allabout公認四川ガイド。

特技、デザインと中国語。三国志、水滸伝などの歴史小説好き。熱いアニメ「宇宙兄弟」が大好き。ビール党、自然派ワイン好き。 http://masamichi-design.com/