広漢金絲面
アバター
About me
中川正道。四川省公認の四川料理の専門家、麻辣連盟総裁、時色株式会社代表兼デザイナー。2002~2006年まで四川省に滞在、四川料理に魅了される。2012年に単身、四川省へ行き、四川の仲間たちと200店舗の四川料理店を食べ歩き「おいしい四川」サイトをリリース。2014年夏に日本初!四川料理食べ歩きガイドブック「涙を流して口から火をふく、四川料理の旅」を出版。2日間で10万人を動員した四川フェス主催。 これまでの活動が実を結び、2018年のマー活、花椒が話題になる。2019年の麻辣ブームの火付け役。


【成都】広漢金絲面 | 広漢の食文化を伝える

広漢金絲面

“広漢金絲面” (guǎnghàn jīnsīmiàn)

麺の原料は小麦と蛋。麺棒で生地を細くのばし、細く切り黄色に輝く麺を作る。スープは鶏ガラベース。お好みでトッピングに煮込んだ椎茸、菊の花などを入れる。見た目通り、非常にさっぱりとしたでやさしい味。

菊を食べる?絹の糸のような手打ち中華そば

広漢金絲面

店内に入ると奥で職人のおじさんがもくもくと麺をこね、麺棒でうすくうすく生地をのばしている姿が見えます。

職人の方は「広漢」(guǎnghàn)から来ており、十数年修行を積み身に付けた技。何層にもうすくのばした生地を細くきると、 金の糸を思わせる広漢名物の金絲麺が出来上がります。

広漢金絲面

ここの一押しは「木花金絲麺」(mùhuā jīnsīmiàn)。「木花」(mùhuā)というのは広漢の言葉で成都では「黄花」(huánghuā)と呼ばれ、日本語では菊の花の意味。 菊の花の旬は夏、香りがよくさわやかな味が特徴です。スープに浮かべると花が浮かび、芸術品のようにキレイです。

広漢金絲面

もう少し濃い味がいいなという方には椎茸のトッピングがおすすめ。
椎茸なのにお肉のような深い味わいがあり、もっちりとした歯ごたえが楽しめます。

食べ方

香りを楽しみ、麺を食べてください!

注文方法

メニューを見て注文、お金は先に支払います。その時、番号をくれます。麺ができるとその番号を言うので、手をあげればOK。といっても何を言ってるかわからないと思うので、番号を店員に見せておきましょう。

木花燉鶏金絲面を中盛り(二两)注文する場合
「木花炖鸡金丝面,二两」  (mù huā dùn jī jīn sī miàn , èr liǎng)

香菇金絲面を小盛り(一两)注文する場合
「香菇金丝面,一两」  (xiānggū jīn sī miàn , yīliǎng)

基本情報

価格、おすすめ 面は一两6元,二两8元,三两10元。
おすすめ:香菇金絲面、木花炖鶏金絲面
住所 四川省成都西安中路35号附15号
住所(英語) sìchuānshěng chéngdū xīānzhōnglù 35 hàofù 15 hào
営業時間 7:30 ~ 14:00
17:00 ~ 21:00
環境 本店
その他 更新:2013/02/21

2021年【麻辣グランプリ】開催!

四川フェススピンオフ企画「本当においしい麻辣商品を決める!」麻辣グランプリを開催します。麺、ラー油、火鍋の素、麻婆豆腐の素、お菓子の部門に分け、販売されている麻辣商品のグランプリを決める祭典。審査はすべて実食。麻辣好きな有識者で行います。

プロ、アマの商品問わず、国境も問いません。我こそは最高の麻辣商品を持っているという個人、法人が対象です。まずはエントリーください!

麻辣グランプリ

6000人が購読!四川料理を愛する仲間募集!四川料理情報を発信する無料メルマガ

四川料理の仲間を募集

【コロナ禍イベント】四川フェス2020@オンライン

四川フェス2020

【2日で10万人来場!】四川フェス2019

四川フェス2019

東京麻辣ストーリー~しびれる恋の行方

四川省成都からきた留学生「小桃(シャオタオ)」、麻婆豆腐好きの日本人大学生そう太。シャツにラー油がついた···から始まる四川料理恋愛ストーリー!

東京麻辣ストーリー

麻辣連盟 | 四川料理を愛する仲間たち

四川料理を愛し中華料理が大好き!麻辣連盟では普段日本で食べられている四川料理ではなく、本場の料理を皆で食べる食事会を中華料理店とコラボして、全国で開催します。食の好奇心に刺激され、まだ見ぬ大陸の味を日本で食しましょう!参加される方は入党ください!

麻辣連盟についてはこちらから

【出版】四川省・成都を中心にした食べ歩き旅行の決定版

涙を流し口から火をふく、四川料理の旅 (KanKanTrip)
中川 正道 張 勇
書肆侃侃房 (2014-08-25)
売り上げランキング: 30,730

SNSでも発信しています!

おいしい四川公式ページ

最新四川料理はツイッターにて!

取材してきた四川料理画像を公開中

ご案内

人気記事まとめ

  1. 日本炒飯協会がオススメ!横浜で食べてほしいチャーハンベスト5
  2. 四川でよく食べるお馴染みの川魚ベスト10
  3. 中国人が選ぶ!成都の絶対食べ逃してはいけない美食ベスト31四川料理2018年版
  4. 麻婆豆腐より滑らかでうまい!脳花(豚の脳みそ)の美味しい食べ方5選
  5. 中国では餃子が主食!一番ベストな餃子の食べ方とは?

おいしい四川運営者について

辛い料理と食べ歩きを愛している方に、日本にはない本場の料理を食べるチャンスを提供する「四川料理の専門家・麻辣連盟総裁」の中川正道です
お気軽に友達申請ください。申請時は一言お願いします! facebookを見る


世界を遊び場に仕事をつくる

中川正道、1978年島根県生まれ。四川師範大学にて留学。四年間四川省に滞在し、四川料理の魅力にはまる。2012年にドイツへ移住。0からWEBデザインを勉強し、フリーのデザイナーとしてドイツで起業。2017年に日本へ帰国。「人生の時を色どる体験をつくる」をテーマに妻の中川チカと時色 TOKiiRO 株式会社を設立。
四川料理マニアたちがつくる四川料理の祭典「四川フェス」主催。過去動員数累計20万人。四川料理、しびれ、麻辣、マー活ブームに火をつけ中華業界を盛り上げる。