王婆蕎面
About me
中川正道。四川省公認の四川料理の専門家、麻辣連盟総裁、時色株式会社代表。2002~2006年まで四川省に滞在、四川料理に魅了される。2012年に単身、四川省へ行き、四川の仲間たちと200店舗の四川料理店を食べ歩き「おいしい四川」サイトをリリース。2014年夏に日本初!四川料理食べ歩きガイドブック「涙を流して口から火をふく、四川料理の旅」を出版。2日間で6.5万人を動員した四川フェス主催。得意技は四川料理、デザイン、巻き込み力。


【成都】王婆蕎面 | 受け継がれる伝統技術、成都名物へ

牛肉荞面

“王婆蕎面” (wáng pó qiáo miàn)

蕎麦は手打ち、麺を切るときは伝統的な木製の製麺機でしぼり出すように麺を切ります。真っ赤な辛いラー油たっぷりの激辛の味付けから原料そのままの味を楽しめるあっさりした味付けまであります。

日本の蕎麦屋もお忍びで視察する「王婆蕎面」

王婆蕎面

蕎麦は、日本特有のものだと思っていたので、ここ成都でおいしい蕎麦屋さんを見つけた時は驚きました。

蕎麦の起源は古く、その起源地はヒマラヤ地方、中国の雲南省、タイなど諸説あるけれど、 日本で、現在のような麺としての蕎麦が登場するのは、ずっとあとの江戸時代。

ロシア、ポーランド、中国、カナダでも生産されていて、パスタやクレープ、ビール醸造などにも使用されているそう。 いろいろな国でいろいろな形で食されている蕎麦。

8年前、ここ成都で麺としての蕎麦を初めていただいたときは、そのおいしくなさにびっくりして以来、 二度と中国で蕎麦を食べることはないなと思っていたのですが、 今回行った蕎麦屋はそんな苦い思い出を払拭してくれました。

王婆蕎面

店に入ると古い木製の製麺機が目を引きます。アンティークなテーブル、椅子は日本人が設計したものを使用。 お店の雰囲気づくりへのこだわりがうかがえます。

「王婆蕎面」(wángpó qiáomiàn)は祖母、親父さん、そして息子さんが約40数年間大切に受け継いできたお店。 現在、成都に4支店ありますが、今回紹介しているのは本店です。 蕎麦粉は四川産、内モンゴル産、山西産の三つを特製配合して使用。 この配合により黄色がかった珍しい蕎麦になるのだそう。

王婆蕎面

調味料にもこだわりがあり、花椒は一番品質がいいとされる漢原産、茂県産を使用。 こんなにしびれる花椒はなかなかお目にかかれません。日本の蕎麦屋さんも視察にくるという成都が誇る名店です。

食べ方

軽く麺を混ぜて食べてください。

注文方法

メニューを見て注文、お金は先に支払います。購入したレシートを店員さんに渡して好きな場所についてください。あとは店員が蕎麦を運んできてくれます。

スープの味は紅油(hong you)、清湯(qing tang)とあり、紅油がラー油が入った四川特有の辛い味付けです。清湯はそのままの味が楽しめます。

牛肉蕎麦を清湯で注文する場合
「牛肉荞面、一碗,清汤」 (niúròu qiáomiàn 、 yī wǎn , qīngtāng)

そぼろ蕎麦を紅油で注文する場合
「肉绍荞面、一碗,红油」 (ròushào qiáomiàn 、 yī wǎn , hóng yóu)

基本情報

価格、おすすめ 蕎面、一碗10元。
おすすめ:牛肉蕎面、肉紹蕎面
住所 四川省成都市锦江区学道街113号
住所(英語) sìchuānshěng chéngdūshì jǐnjiāngqū xué dàojiē 113 hào
営業時間 月~木 7:00 ~ 20:30
金~日 7:00 ~ 21:00
環境 お昼時は人が多い。
その他 更新:2013/02/01

【入場無料】四川フェス2019 4.20~21

累計来場者数10万人以上、消費者主導で行う世界最大の四川料理の祭典「四川フェス」を新宿中央公園にて開催決定。日本にいる四川料理シェフ、日本在住の四川料理シェフ、四川省からの有名シェフが集まる四川料理ドリームチームをつくり、最高においしい四川料理でしびれる麻辣革命をおこしましょう!

四川フェス2019

第四弾・麻辣を極める四川省と重慶を食べつくす旅

今回の食べ歩きツアーは重慶市内はもちろんのこと、重慶の東の地区を回ります。例えば重慶大足、璧山、江津、郵亭、荣昌といったエリアです。断言できるのは「こんな地方都市行く人はまずいない」ということ。

そんなドローカルな場所へ大型バスを乗りつけ、1日6食ほど食べ、白酒で祝杯をあげて、楽しむツアーです!詳しくはこちらから!

四川料理超食べ歩きツアー

四川料理情報を発信する無料メルマガ

四川料理の仲間を募集

来場者6.5万人以上!中華一番!極、鈴木亜美さんと激辛コラボ

四川料理フェス

来場者2万人以上!日本初の四川料理の祭典、四川フェス2017

四川料理フェス

麻辣連盟 | 四川料理を愛する仲間たち

四川料理を愛し中華料理が大好き!麻辣党では普段日本で食べられている四川料理ではなく、本場の料理を皆で食べる食事会を中華料理店とコラボして、全国で開催します。食の好奇心に刺激され、まだ見ぬ大陸の味を日本で食しましょう!参加される方は入党ください!

麻辣連盟についてはこちらから

【出版】四川省・成都を中心にした食べ歩き旅行の決定版

SNSでも発信しています!

おいしい四川公式ページ

最新四川料理場はツイッターにて!

取材してきた四川料理画像を公開中

ご案内

人気記事まとめ

  1. 花椒でしびれまくるマー活!パクチーを超える次のブームへ
  2. 日本炒飯協会がオススメ!横浜で食べてほしいチャーハンベスト5
  3. 成都旅行が初めての方!絶対食べるべき5つの四川料理
  4. 一度は行ってみたい!本店「陳麻婆豆腐」100年以上の老舗
  5. 担担麺だけじゃない!世代を超えて愛される四川の麺40選

おいしい四川運営者について

辛い料理と食べ歩きを愛している方に、日本にはない本場の料理を食べるチャンスを提供する「四川料理の専門家・麻辣連盟総裁」の中川正道です
お気軽に友達申請ください。申請時は一言お願いします! facebookを見る


自分の人生を生きる、ワクワクする仕事を

中川正道、1978年島根県生まれ。2012年にドイツへ移住。0からWEBデザインを勉強し、フリーのデザイナーとしてドイツで起業。2017年に日本へ帰国。「人生の時を色どる体験をつくる」をテーマに妻の中川チカと時色 TOKiiRO 株式会社を設立。
民間主導、世界最大の四川料理の祭典「四川フェス」を主催。二日間で6.5万人を動員。四川料理、しびれ、麻辣、マー活ブームに火をつけ中華業界を盛り上げる。三国志、水滸伝などの歴史小説好き。熱いアニメ「宇宙兄弟」が大好き。 https://masamichi-design.com/