回鍋肉
About me
中川正道。四川省公認の四川料理の専門家、麻辣連盟総裁、時色株式会社代表兼デザイナー。2002~2006年まで四川省に滞在、四川料理に魅了される。2012年に単身、四川省へ行き、四川の仲間たちと200店舗の四川料理店を食べ歩き「おいしい四川」サイトをリリース。2014年夏に日本初!四川料理食べ歩きガイドブック「涙を流して口から火をふく、四川料理の旅」を出版。2日間で6.5万人を動員した四川フェス主催。 これまでの活動が実を結び、2018年のマー活、花椒がブームに。「今年の一皿」ではしびれ料理が準グランプリになる。


 

少し前の記事になりますが、成都市郊外の天府新区に住む
世界最高齢の付素清(フー・スーチン)さんが119歳で死去されました。

 

付素清

出典:レコードチャイナ

 

成都のお婆さんで119歳?という情報にも驚きましたが、
一番印象に残ったのが付素清さんの食習慣。

 

その食習慣とは毎日、回鍋肉を食べること。

 

 鶏、家鴨、魚は食べない。雑穀と生ピーナッツがすき

 

朝昼夜3食しっかりと雑穀のお粥を食べ、ごはんを食べる時に必要なおかずが回鍋肉
肉はしっかりと脂身があるもの。

 
料理を作るのは81歳の娘さん。

  • 回鍋肉のコツは最初に柔らかくなるまでしっかり煮て柔らかくすること。
  • そして、次に酒と塩、醤油で炒める。

かなりシンプルな作り方です。

 

参考記事:

四川最长寿老人付素清走红 名下家族共有50余人_华东在线
http://www.cnhuadong.net/system/2015-7-18/content_1545305.shtml

世界最高齢の女性が突然死亡、好物のホイコーローを毎日食べる―中国
http://www.recordchina.co.jp/a149474.html

 

まとめ

記事によると、付素清さんが食事の時にのんでいたのは「さ湯」だったようです。

 

中国に来たとき、一番驚いたのは皆、よく「さ湯=白開水(バイカイシュイ)」を飲むこと。

若い大学生からおじさん、お婆さんまでみな本当によく飲んでいました。

 

中国医学では体を冷やさないという考えがあり、冷たい飲み物を拒む人も多くいます。

ぼくの友人の父親は絶対冷えたビールを飲みません。

 

理由は体に寒気がはいり、病気のもとになると考えているからです。

 

付素清さんのように粗食を愛し、好きなものを食べ続けると長生きする。

サプリとかとは別のベクトルで、中国の健康は

自然に基づいていて、おもしろいですよね。

 

第六弾!四川料理超食べ歩きの集大成!田舎に眠る料理を探し出せ!

【令和元年10月22日祝日】10月13日(金)~10月23日(水)1000kmを駆け抜け、11の街へ行き名物料理を食べ歩く四日間。四川料理超食べ歩きの集大成!田舎に眠る料理を探し出せ!麻辣ブームの火付け役、四川料理の専門家とゆく過去最大18店舗を食べ歩く贅沢でグルメな旅!

第六弾!四川料理超食べ歩きの集大成!田舎に眠る料理を探し出せ!

四川料理を愛する仲間募集!四川料理情報を発信する無料メルマガ

四川料理の仲間を募集

【2日で10万人来場!】四川フェス2019 4.20~21

四川フェス2019

東京麻辣ストーリー~しびれる恋の行方

四川省成都からきた留学生「小桃(シャオタオ)」、麻婆豆腐好きの日本人大学生そう太。シャツにラー油がついた···から始まる四川料理恋愛ストーリー!

東京麻辣ストーリー

来場者6.5万人以上!中華一番!極、鈴木亜美さんと激辛コラボ

四川料理フェス

来場者2万人以上!日本初の四川料理の祭典、四川フェス2017

四川料理フェス

麻辣連盟 | 四川料理を愛する仲間たち

四川料理を愛し中華料理が大好き!麻辣党では普段日本で食べられている四川料理ではなく、本場の料理を皆で食べる食事会を中華料理店とコラボして、全国で開催します。食の好奇心に刺激され、まだ見ぬ大陸の味を日本で食しましょう!参加される方は入党ください!

麻辣連盟についてはこちらから

【出版】四川省・成都を中心にした食べ歩き旅行の決定版

涙を流し口から火をふく、四川料理の旅 (KanKanTrip)
中川 正道 張 勇
書肆侃侃房 (2014-08-25)
売り上げランキング: 30,730

SNSでも発信しています!

おいしい四川公式ページ

最新四川料理場はツイッターにて!

取材してきた四川料理画像を公開中

ご案内

人気記事まとめ

  1. 日本炒飯協会がオススメ!横浜で食べてほしいチャーハンベスト5
  2. 次世代の四川料理!麻辣刀削麺マニアおすすめの3店舗
  3. 成都旅行が初めての方!絶対食べるべき5つの四川料理
  4. 一度は行ってみたい!本店「陳麻婆豆腐」100年以上の老舗
  5. 花椒でしびれまくるマー活!パクチーを超える次のブームへ

おいしい四川運営者について

辛い料理と食べ歩きを愛している方に、日本にはない本場の料理を食べるチャンスを提供する「四川料理の専門家・麻辣連盟総裁」の中川正道です
お気軽に友達申請ください。申請時は一言お願いします! facebookを見る


世界を遊び場に仕事をつくる

中川正道、1978年島根県生まれ。四川師範大学にて留学。四年間四川省に滞在し、四川料理の魅力にはまる。2012年にドイツへ移住。0からWEBデザインを勉強し、フリーのデザイナーとしてドイツで起業。2017年に日本へ帰国。「人生の時を色どる体験をつくる」をテーマに妻の中川チカと時色 TOKiiRO 株式会社を設立。
四川料理マニアたちがつくる四川料理の祭典「四川フェス」主催。過去動員数累計20万人。四川料理、しびれ、麻辣、マー活ブームに火をつけ中華業界を盛り上げる。