shidamingcai
About me
陳 琬蓥 (lea chen)、四川出身の四川料理マニア。中国語、日本語、英語をしゃべる好奇心旺盛で多趣味な人。ストレス解消法:「甜水麺」「葉兒耙」「蛋烘糕」「水煮魚」「干鍋兎」「肥腸粉」「麻辣烤鱼」「紅油水餃」「烤脳花」「鶏米芽菜」「粉蒸牛肉」を爆食いする。


 

2018年9月10日、中国烹飪協会と河南省商務庁が世界に向けて、中国の34地域の340品の中国名菜リスト「中国菜」を発表されました。その中で四川の十大経典名菜(十大クラシック料理)も掲載。さて「麻婆豆腐」「回鍋肉」「夫妻肺片」以外、どんなクラシック料理が選ばれたか見てみましょう!

 

四川十大経典名菜~四川料理ベスト10

1.大千干焼魚(ダー・チェン・ガン・シャオ・ユー)

四川地域の伝統料理。中国近代の書画家である「張大千氏」の家伝料理。大千干焼魚は張大千先生のの故郷、四川省内江市の名物料理。鯉を金色まで揚げてから、泡椒や豆板醤などで作ったソースで煮つめた料理。

1

 

2.夫妻肺片(フー・チー・フェイ・ピィエン)

2

牛タン、牛ミノ、牛ハツ、牛スネなど、牛の内臓を香辛料を利かせて煮込んだ四川料理。四川省の成都市で郭氏と張氏の夫婦が牛タン、牛のレバー、牛の胃袋を調理して完成させたことから、この名がついた。名称には「肺」とついているが、肺を用いることはあまりない。当初「夫妻廃片」と書かれていたものが、語感の悪い「廃」を避けて改められたとも言われている。

【成都】が生んだ名物料理「夫妻肺片」!激辛、内臓好きにオススメ

 

3.宮保鶏丁(ゴン・バオ・ジー・ディン)

3

さいの目切りの鶏肉とピーナッツを唐辛子で甘辛く炒め合わせた四川料理である。別名は宮爆鶏丁(発音は同じ)。宮保および宮爆の意味ははっきりしていないが、役人「丁宮保」丁宝楨が好んだことにちなむとされる。

 

4.四川回鍋肉(ホイ・グォ・ロー)

4

蒜苗(ソンミョウ、葉ニンニク)と茹でた皮付きの豚肉を豆板醤で炒めた四川で人気な伝統家庭料理。回鍋とは、一度調理した食材を再び鍋に戻して調理すること。四川本場の回鍋肉は日本の作り方と違って、キャベツを使わず、葉ニンニクやピーマンなどの野菜を使っている。

大きすぎる!自家製豚で作る伝説の料理「連山回鍋肉」

 

5.鶏豆花(ジー・ドゥー・ホワ)

5

鶏のすり身と卵白で、おぼろ豆腐のような、雲のようにスープに浮かべた四川料理の名菜。豆や豆腐を使わず、鶏肉をふわふわした豆腐のような柔らかい食感にした料理。

6.開水白菜(カイ・シュイ・パイ・ツァイ)

6

開水白菜は、底まで澄んだスープの中に白菜が浮かんでいる四川の名湯菜。「開水」は熱湯を意味する。鶏肉、鴨肉、スペアリブでスープを作り、白菜のきれいな芯の部分を入れて蒸した料理である。

 

7.麻婆豆腐

7

日本人が一番馴染みのある四川料理だね。由来は清の時代、成都の北郊外で陳興盛飯舖を営む陳森富の妻劉氏が作ったのが最初とされる。陳劉氏の顏にはあばた(麻点)があったため、「陳麻婆」と呼ばれていたので、彼女が作る名物の豆腐料理も「陳麻婆豆腐」と呼ばれた。四川の麻婆豆腐は挽肉と豆腐が豆板醤と完璧に融和し、旨味とコクが最高の絶品。

一度は行ってみたい!本店「陳麻婆豆腐」100年以上の老舗

8.清蒸江団(チン・ジェン・ジャン・トゥアン)

8

四川有名なグルメの町、楽山市の伝統名菜。江団(中国イノシシギギ)をハム、醤油、長ネギなどで蒸して、魚の鮮度を最大限に保った料理。

9.砂鍋雅魚(シャー・グォ・ヤー・ユー

9

四川雅安市の伝統名菜。雅安では宴会の最初に出される料理。「雅魚」は雅安市の名物で、骨が少なく、肉が柔らかいのは特徴である。鶏肉、豚舌、ハム、えび、長ネギなどの食材と水を砂鍋に入れて、弱火で1時間くらい煮込んでできたスープで、雅魚を煮た料理である。

10.魚香肉絲(ユー・シャン・ロー・スー)

10

甘酸っぱさと後からピリリとした辛さがくる魚香味の肉炒め。細切りの豚肉、茎レタス、キクラゲ、人参を泡椒、生姜、ネギなどで炒めた伝統四川料理。

 

最後に

今年の『四川十大経典名菜』に選ばれたのは以上の10品。「毛血旺」や「水煮肉片」、「東坡肘子」などの伝統料理が入っていないのは意外でした。。。

 

四川出身の私も大千干焼魚砂鍋雅魚を食べたことがない…今度四川に帰る時に、伝統四川料理をたくさん食べてみます!!

 

【入場無料】四川フェス2019 4.20~21

累計来場者数10万人以上、消費者主導で行う世界最大の四川料理の祭典「四川フェス」を新宿中央公園にて開催決定。日本にいる四川料理シェフ、日本在住の四川料理シェフ、四川省からの有名シェフが集まる四川料理ドリームチームをつくり、最高においしい四川料理でしびれる麻辣革命をおこしましょう!

四川フェス2019

第四弾・麻辣を極める四川省と重慶を食べつくす旅

今回の食べ歩きツアーは重慶市内はもちろんのこと、重慶の東の地区を回ります。例えば重慶大足、璧山、江津、郵亭、荣昌といったエリアです。断言できるのは「こんな地方都市行く人はまずいない」ということ。

そんなドローカルな場所へ大型バスを乗りつけ、1日6食ほど食べ、白酒で祝杯をあげて、楽しむツアーです!詳しくはこちらから!

四川料理超食べ歩きツアー

四川料理情報を発信する無料メルマガ

四川料理の仲間を募集

来場者6.5万人以上!中華一番!極、鈴木亜美さんと激辛コラボ

四川料理フェス

来場者2万人以上!日本初の四川料理の祭典、四川フェス2017

四川料理フェス

麻辣連盟 | 四川料理を愛する仲間たち

四川料理を愛し中華料理が大好き!麻辣党では普段日本で食べられている四川料理ではなく、本場の料理を皆で食べる食事会を中華料理店とコラボして、全国で開催します。食の好奇心に刺激され、まだ見ぬ大陸の味を日本で食しましょう!参加される方は入党ください!

麻辣連盟についてはこちらから

【出版】四川省・成都を中心にした食べ歩き旅行の決定版

SNSでも発信しています!

おいしい四川公式ページ

最新四川料理場はツイッターにて!

取材してきた四川料理画像を公開中

ご案内

人気記事まとめ

  1. 花椒でしびれまくるマー活!パクチーを超える次のブームへ
  2. 日本炒飯協会がオススメ!横浜で食べてほしいチャーハンベスト5
  3. 成都旅行が初めての方!絶対食べるべき5つの四川料理
  4. 一度は行ってみたい!本店「陳麻婆豆腐」100年以上の老舗
  5. 担担麺だけじゃない!世代を超えて愛される四川の麺40選

おいしい四川運営者について

辛い料理と食べ歩きを愛している方に、日本にはない本場の料理を食べるチャンスを提供する「四川料理の専門家・麻辣連盟総裁」の中川正道です
お気軽に友達申請ください。申請時は一言お願いします! facebookを見る


自分の人生を生きる、ワクワクする仕事を

中川正道、1978年島根県生まれ。2012年にドイツへ移住。0からWEBデザインを勉強し、フリーのデザイナーとしてドイツで起業。2017年に日本へ帰国。「人生の時を色どる体験をつくる」をテーマに妻の中川チカと時色 TOKiiRO 株式会社を設立。
民間主導、世界最大の四川料理の祭典「四川フェス」を主催。二日間で6.5万人を動員。四川料理、しびれ、麻辣、マー活ブームに火をつけ中華業界を盛り上げる。三国志、水滸伝などの歴史小説好き。熱いアニメ「宇宙兄弟」が大好き。 https://masamichi-design.com/