長寿土鶏燉湯


【成都】彭祖長寿頓湯 | 仙人のように長寿に

彭祖長寿頓湯

“長寿土鶏燉湯” (chángshòu tǔjī dùntāng)
豚骨ベースのスープに地鶏、漢方入れ煮込み、鍋のベースを作る。各種キノコを入れ煮込み食べる鍋。味がしっかりして非常にスープが美味しい鍋。

長寿の秘訣はキノコ入りの薬膳火鍋

彭祖長寿頓湯

中国には、800年の歳月を生きたとされる伝説の仙人「彭祖」のお話があります。そんなご長寿の仙人が愛してやまなかったのが、 中国語で「燉品」(dùn pǐn)とよばれる弱火でくつくつと煮込んだ料理。

弱火で時間をかけて丁寧に煮込めば、あらゆる素材の栄養はスープにとじこめられ、消化も楽にしてくれるのです。特に、お年寄りにとっては、 味がぎゅっと詰まったスープをいただくことは、おいしい上に、たっぷり栄養もとれて、健康を維持するためのうれしい秘訣と言えるのかもしれません。

彭祖長寿頓湯

このお店の店名にもなっている看板メニュー「長寿土鶏燉湯」は、鶏ベースの見事なまでの濃厚なスープ。そこに食感のいいさまざまなキノコをたっぷり 入れれば、素材の味を丁寧に引きだしてくれるスープにキノコのうまみも調和し、「スープ、おかわり!」と心から欲してしまうのです。 もちろん、やわらかく煮込まれた鶏もとても贅沢な味わいなのです。

おもしろいのは、女性には、「白果燉土鶏」という銀杏がたっぷり入ったお鍋をおすすめしていて、 男性におすすめる特別なお鍋もあるそうなので、こちらのチョイスもおもしろいかもしれません。

彭祖長寿頓湯

中国医学は、古来から、「食」は、「医」や「薬」と「同源」という思想に基づいていました。 この思想をわかりやく日本に伝えようと日本で作られた新しいことばが、有名な「医食同源」です。

それほど食にこだわってきた歴史のある中国で、800年生きた仙人のお話を聞いたあとでいただくスープは、なんだかまたいっそうおいしく感じられるのです。

食べ方

少しネギをちらし、最初にスープを飲みます。次に鶏肉を食べ、キノコを入れ煮込みます。他の野菜も入れてましょう。あとは通常の鍋と一緒です。 辛いものが食べたい場合はつけダレがあるので、そちらを試してみてください。

注文方法

最初にメニューを見て、鍋の種類を決めます。次に追加する野菜などを注文します。

おすすめは「長寿土鶏燉湯」。
キノコの種類は多く自分も知らないのが多いです。実際に見せてもらいながら注文するということもありなので、気軽に店員さんに相談しましょう。

念のため、「キノコのおすすめは何ですか?」を書いておきます。

 「请问,菌类有什么推荐呢?」   (qǐngwèn , jūnlèi yǒu shénme tuījiàn ne)

基本情報

価格、おすすめ 鶏のスープがベースとなった鍋です。鍋の値段は48元~68元。
おすすめ:長寿土鶏燉湯、各キノコ
住所 四川省成都市成华区新鸿南路9号
住所(英語) sìchuānshěng chéngdūshì chénghuáqū xīnhóngnánlù 9 hào
営業時間 10:00 ~ 22:00
環境 環境は普通
その他 更新:2013/02/01

第四弾・麻辣を極める四川省と重慶を食べつくす旅

今回の食べ歩きツアーは重慶市内はもちろんのこと、重慶の東の地区を回ります。例えば重慶大足、璧山、江津、郵亭、荣昌といったエリアです。断言できるのは「こんな地方都市行く人はまずいない」ということ。

そんなドローカルな場所へ大型バスを乗りつけ、1日6食ほど食べ、白酒で祝杯をあげて、楽しむツアーです!詳しくはこちらから!

四川料理超食べ歩きツアー

四川料理情報を発信する無料メルマガ

四川料理の仲間を募集

四川フェス2017 来場者2万人以上!四川フェス

四川料理フェス

 

日本初の四川フェスは来場者2万人以上、全店舗完売となりあ大成功しました!

四川フェス2018は場所を変えて新宿中央公園にて開催!4月7日~8日と二日間開催決定!

【仲間募集!】四川フェス2018@新宿中央公園での開催決定!

麻辣連盟 | 四川料理を愛する仲間たち

四川料理を愛し中華料理が大好き!麻辣党では普段日本で食べられている四川料理ではなく、本場の料理を皆で食べる食事会を中華料理店とコラボして、全国で開催します。食の好奇心に刺激され、まだ見ぬ大陸の味を日本で食しましょう!参加される方は入党ください!

麻辣連盟についてはこちらから

【出版】四川省・成都を中心にした食べ歩き旅行の決定版

SNSでも発信しています!

おいしい四川公式ページ

ツイッター開設しました

取材してきた四川料理画像を公開中

ご案内

人気記事まとめ

  1. 花椒でしびれまくるマー活!パクチーを超える次のブームへ
  2. 日本炒飯協会がオススメ!横浜で食べてほしいチャーハンベスト5
  3. 成都旅行が初めての方!絶対食べるべき5つの四川料理
  4. 一度は行ってみたい!本店「陳麻婆豆腐」100年以上の老舗
  5. 担担麺だけじゃない!世代を超えて愛される四川の麺40選

おいしい四川運営者について

辛い料理と食べ歩きを愛している方に、日本にはない本場の料理を食べるチャンスを提供する「四川料理の専門家・麻辣連盟総裁」の中川正道です
お気軽に友達申請ください。申請時は一言お願いします! facebookを見る


自分の人生を生きる、ワクワクする仕事を

中川正道、1978年島根県生まれ。2012年にドイツへ移住。0からWEBデザインを勉強し、フリーのデザイナーとしてドイツで起業。2017年に日本へ帰国。「人生の時を色どる体験をつくる」をテーマに妻の中川チカと時色 TOKiiRO 株式会社を設立。
民間主導、世界最大の四川料理の祭典「四川フェス」を主催。二日間で6.5万人を動員。四川料理、しびれ、麻辣、マー活ブームに火をつけ中華業界を盛り上げる。三国志、水滸伝などの歴史小説好き。熱いアニメ「宇宙兄弟」が大好き。 http://masamichi-design.com/