板栗焼土鶏


【成都】宋二姐土鶏火鍋 | 飲食に必要なのは良心

板栗焼土鶏

“板栗焼土鶏” (bǎnlì shāotǔjī)
地鶏と栗を砂鍋に入れ、弱火で5時間煮込む。あっさりとしているが鶏のうまみがしっかりでてる鍋。地鶏の鮮度が素晴らしく、弾力あり非常に美味しい。

これが本当の地鶏!無添加オーガニックの地鶏

宋二姐土鶏火鍋

「宋二姐土鶏火鍋」というこのお店の名前の誕生には、ちょっと楽しい物語があります。

凛としたスタイルとチャーミングな性格で、お店のファンを増やしつづけてきたオーナーの周さん、実は若いころから、中国の歌手「宋祖英」に似ていると評判の美人だったそう。 そんな歌手のネーミングから一文字、「宋」をとり、そして周さんが次女だったというシンプルな理由から、「二姐=中国語で次女の意味」をつなげて、 現在のお店の名前、「宋二姐」となったのです。

宋二姐土鶏火鍋

このお店のとっておきの一品は、「板栗焼土鶏」(bǎnlì shāotǔjī)。
火鍋と聞くと、真っ赤でスパイシーなスープをイメージしてしまいますが、 このお店の火鍋のスープは、透きとおるような琥珀色のスープに、漢方の一種であるきれいな赤色のクコの実がちりばめられているという、見た目にはとてもシンプルなもの。 でもでも、実はこのスープを完成するのに、なんと5時間もの間、丁寧に地鶏と栗を煮込み、おいしさをスープに閉じ込めるのだそうです。 スープをかき混ぜてみると、お鍋のそこにはやわらかくなった地鶏と栗がたっぷり入っていました。

宋二姐土鶏火鍋

鶏と栗の組み合わせ、なんだか意外でしたが、こんな贅沢なスープってあるのでしょうか。科学調味料一切無添加、素材のうまみから生みだされるふくよかな香のする上品なスープ。 不思議なことに、2杯目、3杯目にいただくスープはさらに濃厚さを増し、 やわらかくとろけるように煮込まれた地鶏は、それでもってもまだ絶妙な食感があるのです。

それもそのはず、このお店で使用する鶏は、全て瀘州合川県胡宝古鎮産。専用農家と契約して、山に放し飼いにされ、のびのびと育った地鶏のみというこだわりよう。 きわめつけは、新鮮さを求めて、毎日買いつけにいくのだそう。

実直なオーナーの仕事の背景には、飲食の分野で働いてきた経験の中で、 ひとつの確信として思いつづけてきたことがベースにありました。 「餐飲是良心与道德之事業」、直訳すると「飲食業を行う上で一番大切なことは常に良心に基づいていること。」

料理への愛情あふれる良心店、まちがいなくおすすめの一軒です。

食べ方

最初にスープをいただき、野菜を入れて地鶏、栗からいただきます。

注文方法

最初に鍋の中には地鶏と栗が入っています。まずはスープを飲み、次に栗と地鶏を食べます。そのあと野菜などを追加し、煮込んで食べます。

味は2種類あり、「紅味」は麻辣味。「白味」はそのままの味。素材の味を楽しむ「白味」がおすすめです。

「白味」の「板栗燉土鶏」を注文する場合
「板栗炖土鸡,白味」   (bǎnlì dùn tǔjī , báiwèi)

基本情報

価格、おすすめ 鍋は98元、3つの野菜付。
おすすめ:板栗燉土鶏。
住所 四川省成都市成华区双林路89号附4
住所(英語) sìchuānshěng chéngdūshì chénghuáqū shuānglínlù 89 hàofù 4
営業時間 09:00 ~ 23:00
環境 環境はよい
その他 更新:2013/02/01

日本初の四川料理フェスティバル開催!

四川料理フェス

このたび開催される「四川フェス」は、近年本格的な味を求める市場の流れを受け、料理人、食材・調味料メーカー、四川料理の刺激的な味に魅了された美食家など、四川料理を愛する人々が集う、食を中心とした祭典となります。

また、四川料理以外にも、四川省伝統芸能「変面」などの舞台コンテンツや、ANAで行く四川省成都への直行便・エコノミークラスチケットをプレゼントする抽選会も開催。日本初の“痺れる”イベントとしてぜひご注目ください。

四川料理情報を発信する無料メルマガ

四川料理の仲間を募集

麻辣連盟 | 四川料理を愛する仲間たち

四川料理を愛し中華料理が大好き!麻辣党では普段日本で食べられている四川料理ではなく、本場の料理を皆で食べる食事会を中華料理店とコラボして、全国で開催します。食の好奇心に刺激され、まだ見ぬ大陸の味を日本で食しましょう!参加される方は入党ください!

麻辣連盟についてはこちらから

【出版】四川省・成都を中心にした食べ歩き旅行の決定版

SNSでも発信しています!

おいしい四川公式ページ

ツイッター開設しました

取材してきた四川料理画像を公開中

ご案内

人気記事まとめ

  1. 【jiubar(ジュウバー)】この春、神楽坂にオープンする新店が「四川フェス」にやってくる!
  2. 成都旅行が初めての方!絶対食べるべき5つの四川料理
  3. 一度は行ってみたい!本店「陳麻婆豆腐」100年以上の老舗
  4. 2万人以上の四川料理ファンが集まり全店舗完売!日本初の四川フェスは大成功!
  5. 中国では餃子が主食!一番ベストな餃子の食べ方とは?

おいしい四川運営者について

辛い料理と食べ歩きを愛している方に、日本にはない本場の料理を食べるチャンスを提供する「四川料理の専門家・麻辣連盟総裁」の中川正道です
お気軽に友達申請ください。申請時は一言お願いします!



自分の人生を生きる、ワクワクする仕事を

中川正道、1978年島根県生まれ。好きなことをするため、2012年に独立。0からWEBデザインを勉強し、現在はフリーのデザイナーとして世界中の企業・お店のサイトやロゴ等をてがける。毎日四川料理を作るほどの四川料理マニア。Allabout公認四川ガイド。

特技、デザインと中国語。三国志、水滸伝などの歴史小説好き。熱いアニメ「宇宙兄弟」が大好き。ビール党、自然派ワイン好き。 http://masamichi-design.com/