重慶老碼頭火鍋


【成都】重慶老碼頭火鍋 | 重慶火鍋を広める

重慶老碼頭火鍋

“火鍋” (huǒguō)   辛   辛   辛 

火鍋は赤く辛い鍋を「紅湯」(hóng tāng)、白い鍋を「白湯」(bái tāng)、赤と白が半分づつに分かれているものを「鴛鴦」(yuān yāng)と言います。通常、四川人のみで食べる場合は「紅湯」で食べます。

成都で人気の火鍋店

重慶老碼頭火鍋

四川のグルメっ子たちは、火鍋を1週間たべないとなんだか物たりない!と口をそろえて言います。

辛い火鍋を食べるのは四川の食文化の一つ。おいしいだけではなく、病気を予防するという理由でも食べるそう。 中国医学では、体に寒気があると病気の基になるという考えがあり、その寒気のもとになるのは湿気が多い環境も関係しているのだとか。 湿気の多い土地で暮らす四川の人たちは、唐辛子や山椒を大量にとることで、体の寒気を取りのぞき、健康を保ちたいと思っているのです。

火鍋の魅力に一度はまってしまうと、やみつきになってまたふらっと食べに行きたくなってしまうのです。 そんな魅力にとりこになったグルメっ子たちは、今日もせっせと火鍋屋さんに通います。

重慶老碼頭火鍋

そんな火鍋通たちの間で評判が高く、勢いがあるのがこの「老碼頭火鍋」。
特に玉林店(老碼頭火鍋)は、おどろくほど豪華絢爛!龍をあしらった大きなお店の看板は、どこか中国の映画にでてきそうな雰囲気で期待が高まります。 広々とした店内は、インテリアも豪華で、多くの人の熱気につつまれていました。サービスがいいのもうれしいかぎりです。

このお店で、もっとも好感が持てるのは、衛星面にとても気をつかっているということ。火鍋の元となる大切な油は、新しい油を用い、つけダレとなるごま油も専用の新しい缶から出してくれます。

新しい油を使うのは当たりまえでは!と思ったのですが、火鍋店の中には鍋の元になる油に「老油」(一度鍋で使った油)を繰りかえし使うお店があったのだとか。 繰り返し使っていたのかと思うと、ちょっとおどろいてしまいました!でも、「老油」を使った火鍋のほうが風味がありおいしい!という声もちらほら。

重慶老碼頭火鍋

最近では、食の安全を気にかける人が増えたことで成都の火鍋をとりまく環境は大きく変わり、成都市では法令によって、「老油」は使うことができなくなりました。

どうぞ安心して本場の火鍋を味わってください。

食べ方

火鍋の食べ方は以下リンクを参照。

 

注文方法

最初にどのような鍋を食べるか決めます。

・赤く辛い鍋の場合
「红汤」 (hóng tāng)

・白い鍋の場合
「白汤」 (bái tāng)

・赤と白を半分づつに食べる場合
「鸳鸯」 (yuān yāng)

基本情報

価格、おすすめ 正宗土鱔魚、36元。正宗土鱔魚、36元。鮮嫩牛肝片、25元。魚肚、23元。脳花、13元。
住所 四川省成都市武侯区玉林中路27号
住所(英語) sìchuānshěng chéngdūshì wǔhòuqū yùlínzhōnglù 27 hào
営業時間 11:00 ~ 23:00
環境 環境はよく、高級。トイレあり。
その他 更新:2013/02/01

No.12のバスに乗り「玉林北路」で下車。100m先。

第四弾・麻辣を極める四川省と重慶を食べつくす旅

今回の食べ歩きツアーは重慶市内はもちろんのこと、重慶の東の地区を回ります。例えば重慶大足、璧山、江津、郵亭、荣昌といったエリアです。断言できるのは「こんな地方都市行く人はまずいない」ということ。

そんなドローカルな場所へ大型バスを乗りつけ、1日6食ほど食べ、白酒で祝杯をあげて、楽しむツアーです!詳しくはこちらから!

四川料理超食べ歩きツアー

四川料理情報を発信する無料メルマガ

四川料理の仲間を募集

四川フェス2017 来場者2万人以上!四川フェス

四川料理フェス

 

日本初の四川フェスは来場者2万人以上、全店舗完売となりあ大成功しました!

四川フェス2018は場所を変えて新宿中央公園にて開催!4月7日~8日と二日間開催決定!

【仲間募集!】四川フェス2018@新宿中央公園での開催決定!

麻辣連盟 | 四川料理を愛する仲間たち

四川料理を愛し中華料理が大好き!麻辣党では普段日本で食べられている四川料理ではなく、本場の料理を皆で食べる食事会を中華料理店とコラボして、全国で開催します。食の好奇心に刺激され、まだ見ぬ大陸の味を日本で食しましょう!参加される方は入党ください!

麻辣連盟についてはこちらから

【出版】四川省・成都を中心にした食べ歩き旅行の決定版

SNSでも発信しています!

おいしい四川公式ページ

ツイッター開設しました

取材してきた四川料理画像を公開中

ご案内

人気記事まとめ

  1. 花椒でしびれまくるマー活!パクチーを超える次のブームへ
  2. 日本炒飯協会がオススメ!横浜で食べてほしいチャーハンベスト5
  3. 成都旅行が初めての方!絶対食べるべき5つの四川料理
  4. 一度は行ってみたい!本店「陳麻婆豆腐」100年以上の老舗
  5. 担担麺だけじゃない!世代を超えて愛される四川の麺40選

おいしい四川運営者について

辛い料理と食べ歩きを愛している方に、日本にはない本場の料理を食べるチャンスを提供する「四川料理の専門家・麻辣連盟総裁」の中川正道です
お気軽に友達申請ください。申請時は一言お願いします! facebookを見る


自分の人生を生きる、ワクワクする仕事を

中川正道、1978年島根県生まれ。2012年にドイツへ移住。0からWEBデザインを勉強し、フリーのデザイナーとしてドイツで起業。2017年に日本へ帰国。「人生の時を色どる体験をつくる」をテーマに妻の中川チカと時色 TOKiiRO 株式会社を設立。
民間主導、世界最大の四川料理の祭典「四川フェス」を主催。二日間で6.5万人を動員。四川料理、しびれ、麻辣、マー活ブームに火をつけ中華業界を盛り上げる。三国志、水滸伝などの歴史小説好き。熱いアニメ「宇宙兄弟」が大好き。 http://masamichi-design.com/