広東料理


久しぶりの更新になります!四川省公認の四川料理の専門家・中川です。

最近、忙しくて記事がかけていなかったのですが、あまりにもおいしくこれはみんなにシェアしたい!という体験をしたので、深夜に記事を書いています。

 

先週土曜日は友人の中華マニアのたまりさん夫婦プレゼンツで子豚の丸焼き&クラシックな広東料理宴会に参加。

奥さまは上海に6年。旦那さんは北京に一年と筋金入りの中国通です。

大珍楼

場所は横浜中華街のど真ん中にある大珍楼新館。老華僑の方が経営されている老舗レストラン。

 

今回のメインとなるのは子豚の丸焼き

 

子豚の丸焼き

料理長自らが焼いてくれました。その道のプロ、仕込みに1日。炙るのに40分。

台風がきていなければ、二回テラスで炭火で焼いていただく予定でした。

IMG_0401

焼きあがったのが子豚。目を光らせるのが広東流。プチトマトではなく、本当に光っています!

IMG_0404

美しい横のフォルム。耳、しっぽ、肛門すべてこんがり焼けています。

子豚は生後2カ月ぐらいとか。

IMG_0413

【片皮乳猪体】この子豚をまずは皮のみ北京ダック風に花巻にはさんで食べます。

杞准炖水鱼

【杞准炖水鱼】すっぽんの薬膳スープ。蒸しのみで作るのが広東流ですね!広東では水魚=すっぽん。

玉环瑶柱甫

【玉环瑶柱甫】大根と貝柱の煮込み。大根の絶妙な火の通し方が素晴らしい!

富貴乳猪

【富貴乳猪】皮だけではなく、お尻の肉をいただきます。合わせるのはクラゲ。

百花竹笋卷

【百花竹笋卷】キヌガサダケに包まれているのはプリプリのエビ!食感が最高に楽しい一品!

生菜乳猪崧

【生菜乳猪崧】子豚の丸焼きを細かく刻み山芋とシイタケで甘辛く炒めた逸品。レタスに包んで食べます!

生猛醉爷虾

【生猛醉爷虾】生きたエビを老酒漬けにして食べる料理。エビが悶えて暴れるのでラップを。

生猛醉爷虾

上湯のスープで軽くゆでたエビ。老酒の香りがたまりません!

叉烧

【叉烧】広東料理といえばチャーシューですね。これが本家本元のチャーシューの味。たまりさん曰くこのお店の焼モノ師は日本随一かもしれないとのこと。

脆皮叉烧

【脆皮叉烧】クリスピーポーク。タイやマレーシア、東南アジアの屋台でもよく見かけるローカルフード。脂身がこんなにおいしいのか!と驚きの味でした。一本1500円ぐらいで購入できるので超お得!

実はこの叉焼二つはお店のサービス。こんなにいただいたありがとうございます!

番茄炒饭

【番茄炒饭】ここまで古典の広東料理できて、最後は家庭料理を思わせるトマトチャーハン。ケチャップのソースと牛肉の餡の下は卵チャーハン。家庭の味で最後は〆ます!

双辉甜点

【双辉甜点】エッグタルトとココナッツのスイーツ。

香芒豆腐

【香芒豆腐】最後はマンゴー杏仁豆腐で。

 

広東料理、横浜中華街の本領を知る

実は広東料理ではじめてきちんとしたコースを食べました。

子豚の丸焼きは仕込みに一日かかる、それ相応の金額もする…ということで、滅多に提供されない宴会料理。

 

お店との関係性、集まる食客たちの信頼、主催者の思いがないと提供するのが難しい!そんな料理です。

今回はたまりさん夫婦にオーガナイズしていただき、また解説もしていただき、楽しい体験ができました。

 

四川料理のあの赤さ、攻撃的な感じ、やけに盛り上げる感じとは一線を画す、静かにうまみがどどっと押し寄せる感じ。中国大陸の食文化の奥深さを感じる夜でした。

 

そして、横浜の中華街は食べ放題ばかりで…レベルが落ちた…とあまりいい評判をきかなかったのですが「実は本領を発揮していない」ということがよくわかりました。

これはぼくら消費者にも問題があるのかもしれません。

 

こんな素晴らしい料理がたくさんあるのに

・注文の仕方がわからない

・料理名がわからない

・無難な料理にする

とハードルが高すぎて、いつも同じメニューを注文してします。そして、お店も消費者に迎合した結果、食べ放題という安全な料理に行きついてしまった。

 

消費者にもっと中華料理の情報伝えて、注文できるようにする。まずは啓もう活動。それからイベント、情報発信の仕組み作りと中華料理もっと向上委員会でどうにかせねば!と燃えてきました!

四川と全く関係はありませんが、おいしい中華は大好きです。

ここおいしいよ!福建料理ならまかしとけ!など情報などあれば中川まで連絡くださいね。

nakagawa@meiweisichuan.jp

 

お店:大珍楼新館

〒231-0023 神奈川県横浜市中区 山下町143

トップページ

第四弾・麻辣を極める四川省と重慶を食べつくす旅

今回の食べ歩きツアーは重慶市内はもちろんのこと、重慶の東の地区を回ります。例えば重慶大足、璧山、江津、郵亭、荣昌といったエリアです。断言できるのは「こんな地方都市行く人はまずいない」ということ。

そんなドローカルな場所へ大型バスを乗りつけ、1日6食ほど食べ、白酒で祝杯をあげて、楽しむツアーです!詳しくはこちらから!

四川料理超食べ歩きツアー

四川料理情報を発信する無料メルマガ

四川料理の仲間を募集

来場者6.5万人以上!中華一番!極、鈴木亜美さんと激辛コラボ

四川料理フェス

来場者2万人以上!日本初の四川料理の祭典、四川フェス2017

四川料理フェス

麻辣連盟 | 四川料理を愛する仲間たち

四川料理を愛し中華料理が大好き!麻辣党では普段日本で食べられている四川料理ではなく、本場の料理を皆で食べる食事会を中華料理店とコラボして、全国で開催します。食の好奇心に刺激され、まだ見ぬ大陸の味を日本で食しましょう!参加される方は入党ください!

麻辣連盟についてはこちらから

【出版】四川省・成都を中心にした食べ歩き旅行の決定版

SNSでも発信しています!

おいしい四川公式ページ

最新四川料理場はツイッターにて!

取材してきた四川料理画像を公開中

ご案内

人気記事まとめ

  1. 日本炒飯協会がオススメ!横浜で食べてほしいチャーハンベスト5
  2. 花椒でしびれまくるマー活!パクチーを超える次のブームへ
  3. 成都旅行が初めての方!絶対食べるべき5つの四川料理
  4. 次世代の四川料理!麻辣刀削麺マニアおすすめの3店舗
  5. 一度は行ってみたい!本店「陳麻婆豆腐」100年以上の老舗

おいしい四川運営者について

辛い料理と食べ歩きを愛している方に、日本にはない本場の料理を食べるチャンスを提供する「四川料理の専門家・麻辣連盟総裁」の中川正道です
お気軽に友達申請ください。申請時は一言お願いします! facebookを見る


自分の人生を生きる、ワクワクする仕事を

中川正道、1978年島根県生まれ。2012年にドイツへ移住。0からWEBデザインを勉強し、フリーのデザイナーとしてドイツで起業。2017年に日本へ帰国。「人生の時を色どる体験をつくる」をテーマに妻の中川チカと時色 TOKiiRO 株式会社を設立。
民間主導、世界最大の四川料理の祭典「四川フェス」を主催。二日間で6.5万人を動員。四川料理、しびれ、麻辣、マー活ブームに火をつけ中華業界を盛り上げる。三国志、水滸伝などの歴史小説好き。熱いアニメ「宇宙兄弟」が大好き。 https://masamichi-design.com/