P7141991
About me
中川正道。四川省公認の四川料理の専門家、麻辣連盟総裁、時色株式会社代表兼デザイナー。2002~2006年まで四川省に滞在、四川料理に魅了される。2012年に単身、四川省へ行き、四川の仲間たちと200店舗の四川料理店を食べ歩き「おいしい四川」サイトをリリース。2014年夏に日本初!四川料理食べ歩きガイドブック「涙を流して口から火をふく、四川料理の旅」を出版。2日間で6.5万人を動員した四川フェス主催。 これまでの活動が実を結び、2018年のマー活、花椒がブームに。「今年の一皿」ではしびれ料理が準グランプリになる。


 

ツアー2日目:洪雅の老舗蒸し餃子で朝ごはん

朝ごはんはホテルの朝食もついているのですが、それでは普通すぎる、おもしろくない。なので、朝はあえてホテルではなく、街の老舗や人気のお店で朝ごはんを食べます。

P7141964

今回朝ごはんに選んだのは百年老店の老舗「陳大案餃子」。以前、洪雅へ滞在した際に、あまりのおいしさに「絶対ツアー来たら、いかねば!」と思い定めたお店です。

注文してから餃子を作る

P7141969

100個以上の大量の餃子を注文。90歳のおばあちゃんも現役で皮を伸ばします。こちらのお店の一番の特徴は注文してから餃子を作ること。それも皮からです!

P7141976

おばぁちゃんが皮を伸ばし、娘たちが餡をつつむ。家族経営で餃子を作ります。

P7141980

真ん中にいるのはコチラのお店の老板娘(オーナー女性)。まずは餃子を作る。そして、木の蒸篭で一気に蒸し上げます。

餃子が蒸し上がるまで、泡菜をつまんで待つ

P7141973

眉山市に属する洪雅。泡菜も少し甘い味つけです。右下にあるラー油をつけて食べます。お店が忙しかったので、自分たちで盛り付けました。

P7141983

キャベツの泡菜。ラー油をかけて食べると、酸味、甘未、辛みが融合し、独特の味に。

P7141985

待っている間にスープもいただきます。鶏ガラベースのスープをみんなで回し飲み。

P7141986

餃子を待つメンバーたち。朝10時前ですが、早速ビールで乾杯です!

薄い薄い皮の一口蒸し餃子

P7141988

待つこと20分。大量の餃子がやってきました!!一番時間がかかるのが皮を伸ばし、餡を包むこと。餃子は小さく皮も薄いので、蒸し時間は短い。

P7141991

スタンダードな豚ひき肉とエビ餃子など複数の餃子を注文。

P7141992

少し辛いラー油タレをかけて食べます。見た目より、本当に小さく、パクパク食べれます。洪雅の人たちはこの蒸し餃子を朝から一人一蒸篭は食べます。いいですよね!朝からこんなおいしいあっさり餃子が食べれて…

P7141993

第一陣の餃子が終了。作るのに時間はかかりますが、食べるのは一瞬!

P7141996

次は一風変わった甘い芝麻餃子(黒ごま餃子)と花生餃子(ピーナッツ餃子)を。甘い餃子の餡は一気にスイーツに変身!

田舎で食べる温かみがある味

P7142000

餃子を食べ終わり、皮の薄さに驚く参加メンバーたち。

おいしかったです!餃子の皮を一枚ください!

とお店のオーナーにいうと、快く提供してくれました。

ぼくら日本人約20名が厨房に入り、写真とっても笑って対応してくれる懐の深さ。四川省の田舎にいるとゆるく温かいものに繋がります。その繋がりは味にも影響して、ぼくらを癒してくれます。

P7142002

中国の零細企業は経営を信頼できる家族で固めます。祖母はまだ現役。祖父からお店を受け継ぎ、お店は孫の世代へ。世代から受け継がれた味、また味わいにきたい。

 

朝から素晴らしいお店で朝ごはんを食べるって最高です!!

 

四川料理を愛する仲間募集!四川料理情報を発信する無料メルマガ

四川料理の仲間を募集

【2日で10万人来場!】四川フェス2019 4.20~21

四川フェス2019

東京麻辣ストーリー~しびれる恋の行方

四川省成都からきた留学生「小桃(シャオタオ)」、麻婆豆腐好きの日本人大学生そう太。シャツにラー油がついた···から始まる四川料理恋愛ストーリー!

東京麻辣ストーリー

来場者6.5万人以上!中華一番!極、鈴木亜美さんと激辛コラボ

四川料理フェス

来場者2万人以上!日本初の四川料理の祭典、四川フェス2017

四川料理フェス

麻辣連盟 | 四川料理を愛する仲間たち

四川料理を愛し中華料理が大好き!麻辣党では普段日本で食べられている四川料理ではなく、本場の料理を皆で食べる食事会を中華料理店とコラボして、全国で開催します。食の好奇心に刺激され、まだ見ぬ大陸の味を日本で食しましょう!参加される方は入党ください!

麻辣連盟についてはこちらから

【出版】四川省・成都を中心にした食べ歩き旅行の決定版

涙を流し口から火をふく、四川料理の旅 (KanKanTrip)
中川 正道 張 勇
書肆侃侃房 (2014-08-25)
売り上げランキング: 30,730

SNSでも発信しています!

おいしい四川公式ページ

最新四川料理場はツイッターにて!

取材してきた四川料理画像を公開中

ご案内

人気記事まとめ

  1. 日本炒飯協会がオススメ!横浜で食べてほしいチャーハンベスト5
  2. 成都旅行が初めての方!絶対食べるべき5つの四川料理
  3. 次世代の四川料理!麻辣刀削麺マニアおすすめの3店舗
  4. 四川でよく食べるお馴染みの川魚ベスト10
  5. 一度は行ってみたい!本店「陳麻婆豆腐」100年以上の老舗

おいしい四川運営者について

辛い料理と食べ歩きを愛している方に、日本にはない本場の料理を食べるチャンスを提供する「四川料理の専門家・麻辣連盟総裁」の中川正道です
お気軽に友達申請ください。申請時は一言お願いします! facebookを見る


世界を遊び場に仕事をつくる

中川正道、1978年島根県生まれ。四川師範大学にて留学。四年間四川省に滞在し、四川料理の魅力にはまる。2012年にドイツへ移住。0からWEBデザインを勉強し、フリーのデザイナーとしてドイツで起業。2017年に日本へ帰国。「人生の時を色どる体験をつくる」をテーマに妻の中川チカと時色 TOKiiRO 株式会社を設立。
四川料理マニアたちがつくる四川料理の祭典「四川フェス」主催。過去動員数累計20万人。四川料理、しびれ、麻辣、マー活ブームに火をつけ中華業界を盛り上げる。