回鍋肉炒飯


四川省の省都・成都の街へ行ったことがある方はご存知かもしれませんが、

街に出て左右を見渡せばお茶屋さんだらけ。

 

  • 茶館(チャーグァン)
  • 茶楼(チャーロウ)
  • 茶房(チャーファン)
  • 茶社(チャーシャー)

 

と看板があるのは、すべてお茶屋さんです。

 

四川茶館甲天下、成都茶館甲四川 – 四川の茶館は天下一、成都の茶館は四川一

頭上晴天少、眼前茶館多 – 頭上の晴天の数よりも、目の前の茶館の数の方が多い

 

という言葉もあるくらい。

 

そんなお茶屋さんですが、最近の成都の若い人たちは

「古臭い…」「おじさんばっかり…」と敬遠しがち。

 

お茶屋よりオシャレなカフェでコーヒーをのむのが好き、

とりあえずスタバ行きましょう!という傾向が強いですね。

 

成都市内にはスタバを筆頭に外資系コーヒーチェーン店、個人経営のカフェなど

昔では考えられないほどカフェが増えました。しかもかなりオシャレ。

 

だからといって、成都でカフェに行くのはもったいない!

街にある何気ないおっさんが集うお茶屋さんに行くのをおすすめします。

 

スタバでマフィンよりもお茶屋で回鍋肉チャーハンを

 

成都に長期滞在する場合の仕事場は決まって街のお茶屋さん。

1杯10~20元の花毛峰(ジャスミン茶)を飲みながら、

WIFIをつなぎ、VPN回線に接続し、仕事をします。

 

回鍋肉炒飯

 

長時間いるとお腹が減ってきますよね。

そんな時に使うのが、お茶屋さんの裏メニュー、食事サービス!

 

特にメニューには載っていませんが、成都のお茶屋さんでは基本的に食事が可能です。

 

一番オススメするのは、お茶屋さんで食べる回鍋肉チャーハン。

値段は15元~20元ほど。

 

回鍋肉炒飯

 

ジョッキグラスでガブガブお茶を飲み、仕事でつかれた体をいやすのには塩分が必要。

ちょっと油っぽいかな…と思うチャーハンもお茶で流してしまえば、あっさりペロリ!

 

 

子供のころ食べた冰紅茶楼の牛肉面は絶品だった

 

お茶屋さんの話をしていた時、成都生まれ、成都育ちのおいしい四川メンバーが

「冰紅茶楼の牛肉面は最高だった!」

と語っていました。

 

子供の頃、親に連れて行ってもらったお茶屋さん。

そこで食べた牛肉面の味は、今でも良い思い出として残っているんでしょうね。

 

お茶屋さんにはそんな古い記憶と歴史が残っている…

そんなノスタルジックさを感じられるのも

お茶屋の隠れた魅力かもしれません(笑)。

 

成都の観光、食べ歩きにつかれた時はお茶屋へ行ってみましょう!

 

注文方法

花毛峰,一个 (ホァーマオフォン、イーガァ)
回锅肉炒饭,一个 (ホイグオローチャオファン、イーガァ)

 

おすすめ 花毛峰15元,回锅肉炒饭15元
住所 成都市成华区玉双路冰红茶楼
 その他 WIFIあり、食事あり(面、炒飯など)、

老舗の茶館、環境は普通

 

 

日本初の四川料理フェスティバル開催!

四川料理フェス

このたび開催される「四川フェス」は、近年本格的な味を求める市場の流れを受け、料理人、食材・調味料メーカー、四川料理の刺激的な味に魅了された美食家など、四川料理を愛する人々が集う、食を中心とした祭典となります。

また、四川料理以外にも、四川省伝統芸能「変面」などの舞台コンテンツや、ANAで行く四川省成都への直行便・エコノミークラスチケットをプレゼントする抽選会も開催。日本初の“痺れる”イベントとしてぜひご注目ください。

四川料理情報を発信する無料メルマガ

四川料理の仲間を募集

麻辣連盟 | 四川料理を愛する仲間たち

四川料理を愛し中華料理が大好き!麻辣党では普段日本で食べられている四川料理ではなく、本場の料理を皆で食べる食事会を中華料理店とコラボして、全国で開催します。食の好奇心に刺激され、まだ見ぬ大陸の味を日本で食しましょう!参加される方は入党ください!

麻辣連盟についてはこちらから

【出版】四川省・成都を中心にした食べ歩き旅行の決定版

SNSでも発信しています!

おいしい四川公式ページ

ツイッター開設しました

取材してきた四川料理画像を公開中

ご案内

人気記事まとめ

  1. 【jiubar(ジュウバー)】この春、神楽坂にオープンする新店が「四川フェス」にやってくる!
  2. 成都旅行が初めての方!絶対食べるべき5つの四川料理
  3. 一度は行ってみたい!本店「陳麻婆豆腐」100年以上の老舗
  4. 2万人以上の四川料理ファンが集まり全店舗完売!日本初の四川フェスは大成功!
  5. 中国では餃子が主食!一番ベストな餃子の食べ方とは?

おいしい四川運営者について

辛い料理と食べ歩きを愛している方に、日本にはない本場の料理を食べるチャンスを提供する「四川料理の専門家・麻辣連盟総裁」の中川正道です
お気軽に友達申請ください。申請時は一言お願いします!



自分の人生を生きる、ワクワクする仕事を

中川正道、1978年島根県生まれ。好きなことをするため、2012年に独立。0からWEBデザインを勉強し、現在はフリーのデザイナーとして世界中の企業・お店のサイトやロゴ等をてがける。毎日四川料理を作るほどの四川料理マニア。Allabout公認四川ガイド。

特技、デザインと中国語。三国志、水滸伝などの歴史小説好き。熱いアニメ「宇宙兄弟」が大好き。ビール党、自然派ワイン好き。 http://masamichi-design.com/