紅油餃子
About me
中川正道。四川省公認の四川料理の専門家、麻辣連盟総裁、時色株式会社代表兼デザイナー。2002~2006年まで四川省に滞在、四川料理に魅了される。2012年に単身、四川省へ行き、四川の仲間たちと200店舗の四川料理店を食べ歩き「おいしい四川」サイトをリリース。2014年夏に日本初!四川料理食べ歩きガイドブック「涙を流して口から火をふく、四川料理の旅」を出版。2日間で6.5万人を動員した四川フェス主催。 これまでの活動が実を結び、2018年のマー活、花椒がブームに。「今年の一皿」ではしびれ料理が準グランプリになる。


 

四川料理の定番「紅油(ホンヨウ)」ご存知ですか?

 

中国語で紅油は広義ではラー油全般として使われますが、

四川では「味つけ」という意味でも使われます。

紅油餃子

例えば「紅油」で餃子、ワンタンを味つけする場合、

ラー油とニンニクをがつん!といれ、塩、醤油などの調味料で塩分を調整し、

砂糖をたっぷりと入れます。

 

砂糖をいれることで、辛味の中に甘味も入り、

一度食べたら、癖になる味わいに仕上がります。

 

この紅油餃子は大好きで、留学時代、毎週1度は食べる定番料理でした。

 

 

上野の晴々飯店では「李姐餃子」として450円で食べらるようですね。

http://r.gnavi.co.jp/area/aream2198/1398021/tvnews/

 

餃子、ワンタン以外でも紅油の味はおいしい

IMG_0275

餃子、ワンタン以外では冷菜でもよく食べられます。

 

たとえば、成都市内にある人気冷菜店「紅星兎丁」では

「紅油兎子」「紅油筍子」と言った料理がおすすめです。

 

紅油筍子

タケノコの冷菜、花椒たっぷりの麻辣味

冷菜の場合、紅油餃子の甘辛い味ではなく、ラー油たっぷりに

あえて麻辣味に近い形で提供されます。

 

こちらのお店でテイクアウトした時も「紅油兎子」と書かれていますが、

たっぷり花椒が入り、絶妙な麻辣の味わいでした。

紅油

メニューはこちら

紅油餃子をinstagramでアップしたら、中国人がざわついた!

 


先日、instagramに春陽餃子で写真を撮った紅油餃子の画像をアップした際、

多くの中国人ユーザーからコメントが来ました。

・・・

成都だけじゃなくて四川どこでもあるよ。

これは素晴らしい紅油餃子、水碾河北小区の唐水餃のよう。

これは絶対においしいはず!

 

「料理を愛する」から生まれる大きな可能性

 

いつもコメントをくれる若い四川人のユーザーがいるのですが、

そのユーザーのinstagramを見ると(今は非公開)

尖閣諸島は昔から中国の領土、南シナ海は歴史的に中国のもの、台湾は…

など昔の資料を掲載し、共産党の主張と同じ論拠を英語、

フランス語で外国ユーザー向けに書いていました。

 

立場的にいうと反日スタンスです。

 

しかし、こと自分が愛する四川料理に関すると

たびたびコメントをくれたり、瀘州市きたら一緒に飯いこう!とか

気軽に行ってきたりしてくれます。※たまにdisられますけど(笑)

 

Instagramでは英語と日本語を使い、投稿しているので、

投稿者(中川)が日本人ということも知っています。

 

反日的な政治思想を持っているが、

四川料理を愛する仲間としてシンパシーを感じ、

好意的に接してくれる、一緒に飯いこう!とか言ってくれる。

 

お互い愛するものが共通の場合、政治思想関係なく

仲良くなれるんだな!と改めて感じました。

 

四川料理をもっと多くの人に広めたい!という四川プロジェクトは

違う角度から日中友好の兆しを見出してくれる、そんな活動にもなりそうです!

 

 

四川料理を愛する仲間募集!四川料理情報を発信する無料メルマガ

四川料理の仲間を募集

【2日で10万人来場!】四川フェス2019 4.20~21

四川フェス2019

東京麻辣ストーリー~しびれる恋の行方

四川省成都からきた留学生「小桃(シャオタオ)」、麻婆豆腐好きの日本人大学生そう太。シャツにラー油がついた···から始まる四川料理恋愛ストーリー!

東京麻辣ストーリー

第五弾・旬の麻辣、藤椒を収穫し名物料理を食す旅

第四弾・麻辣を極める四川省と重慶を食べつくす旅

四川料理超食べ歩きツアー

来場者6.5万人以上!中華一番!極、鈴木亜美さんと激辛コラボ

四川料理フェス

来場者2万人以上!日本初の四川料理の祭典、四川フェス2017

四川料理フェス

麻辣連盟 | 四川料理を愛する仲間たち

四川料理を愛し中華料理が大好き!麻辣党では普段日本で食べられている四川料理ではなく、本場の料理を皆で食べる食事会を中華料理店とコラボして、全国で開催します。食の好奇心に刺激され、まだ見ぬ大陸の味を日本で食しましょう!参加される方は入党ください!

麻辣連盟についてはこちらから

【出版】四川省・成都を中心にした食べ歩き旅行の決定版

涙を流し口から火をふく、四川料理の旅 (KanKanTrip)
中川 正道 張 勇
書肆侃侃房 (2014-08-25)
売り上げランキング: 30,730

SNSでも発信しています!

おいしい四川公式ページ

最新四川料理場はツイッターにて!

取材してきた四川料理画像を公開中

ご案内

人気記事まとめ

  1. 日本炒飯協会がオススメ!横浜で食べてほしいチャーハンベスト5
  2. 次世代の四川料理!麻辣刀削麺マニアおすすめの3店舗
  3. 成都旅行が初めての方!絶対食べるべき5つの四川料理
  4. 花椒でしびれまくるマー活!パクチーを超える次のブームへ
  5. 一度は行ってみたい!本店「陳麻婆豆腐」100年以上の老舗

おいしい四川運営者について

辛い料理と食べ歩きを愛している方に、日本にはない本場の料理を食べるチャンスを提供する「四川料理の専門家・麻辣連盟総裁」の中川正道です
お気軽に友達申請ください。申請時は一言お願いします! facebookを見る


世界を遊び場に仕事をつくる

中川正道、1978年島根県生まれ。四川師範大学にて留学。四年間四川省に滞在し、四川料理の魅力にはまる。2012年にドイツへ移住。0からWEBデザインを勉強し、フリーのデザイナーとしてドイツで起業。2017年に日本へ帰国。「人生の時を色どる体験をつくる」をテーマに妻の中川チカと時色 TOKiiRO 株式会社を設立。
四川料理マニアたちがつくる四川料理の祭典「四川フェス」主催。過去動員数累計20万人。四川料理、しびれ、麻辣、マー活ブームに火をつけ中華業界を盛り上げる。