川北涼粉
About me
中川正道。四川省公認の四川料理の専門家、麻辣連盟総裁、時色株式会社代表兼デザイナー。2002~2006年まで四川省に滞在、四川料理に魅了される。2012年に単身、四川省へ行き、四川の仲間たちと200店舗の四川料理店を食べ歩き「おいしい四川」サイトをリリース。2014年夏に日本初!四川料理食べ歩きガイドブック「涙を流して口から火をふく、四川料理の旅」を出版。2日間で6.5万人を動員した四川フェス主催。 これまでの活動が実を結び、2018年のマー活、花椒がブームに。「今年の一皿」ではしびれ料理が準グランプリになる。


伝統を継承、四川名物へ

 

川北涼粉

“川北涼粉” (chuānběi liángfěn)   辛   辛  

原料はエンドウ豆。味はピリ辛でニンニクがきいています。口当たりよくつるっと食べれます。

旋子涼粉

“旋子涼粉” (xuànzǐ liángfěn)   辛   辛  

旋子という道具を使い、輪を描き箸の太さぐらいの涼粉を作り、秘伝のラー油ベースのタレにつけて食べる料理。味はピリ辛、食感はつるっとしています。

甜水面

“甜水面” (tiánshuǐ miàn)  辛 

箸より太い成都名物の麺。胡麻ペーストをベースとした濃い秘伝のソースに絡めて食べます。味は甘く少し辛い。

中国政府に認められた老舗「張老五涼粉」

grm01_04_04

この店は中国政府から中国老字号()の称号をあたえられたれっきとした老舗。

※「中国老字号(zhōngguó lǎozìhào)」とは中国政府に認められた老舗。ただし、弊害もあり最近は規模を大きくし味が落ちている店が顕著。

grm01_04_01

「旋子涼粉」(xuànzǐ liángfěn)の伝統的な作り方は、「旋子」(xuànzǐ)とい穴あきおたまのような、古くからの道具を使い、かたまりの生地にぐっとおしつけると、お玉の穴の部分から きれいに形のととのった涼粉が作られるというもの。涼粉の見た目は、日本のところてんにちょっと似ていますが、こちらの原料はエンドウ豆。

grm01_04_02

こうしてできあがったばかりの涼粉は、透明で輝いていて、合わせダレ&スパイスによく絡みます。ピリ辛味がここちよく、つるっといただくことができます。

grm01_04_03

もう一品、このお店のおすすめは、箸より太い成都名物の麺「甜水面」(tiánshuǐ miàn)。胡麻ペーストをベースにしたこってりとした甘辛い秘伝のソースとようく混ぜていただきます。

食べ方

最初にソースをからめて、すすらず、噛み切るように食べます。服に飛ばないように気をつけてください。

注文方法

メニューを見て注文、お金は先に支払います。購入したレシートを店員に渡して好きな場所についてください。あとは店員が料理を運んできてくれます。注文は一椀づつします。

川北凉粉を一つ注文する場合、
「川北凉粉,一份」 (chuānběi liángxfěn , yīfèn)

川北凉粉、旋子凉粉、甜水面を一つづつ注文する場合
「川北凉粉、旋子凉粉、甜水面、一样一份」
(chuānběi liángfěn 、xuànzǐ liáng fěn 、 tiánshuǐ miàn 、 yīyàng yīfèn)

基本情報

価格、おすすめ 基本すべて1つ5元。川北涼粉、旋子涼粉、甜水面
住所 四川省成都市人民中路一段32号
住所(英語) sìchuānshěng chéngdūshì rénmín zhōnglù yī duàn 32 hào
営業時間 7:00 ~ 20:00
環境 朝、昼は人が多い。本店。
その他 更新:2013/02/01

四川料理を愛する仲間募集!四川料理情報を発信する無料メルマガ

四川料理の仲間を募集

【2日で10万人来場!】四川フェス2019 4.20~21

四川フェス2019

東京麻辣ストーリー~しびれる恋の行方

四川省成都からきた留学生「小桃(シャオタオ)」、麻婆豆腐好きの日本人大学生そう太。シャツにラー油がついた···から始まる四川料理恋愛ストーリー!

東京麻辣ストーリー

第五弾・旬の麻辣、藤椒を収穫し名物料理を食す旅

第四弾・麻辣を極める四川省と重慶を食べつくす旅

四川料理超食べ歩きツアー

来場者6.5万人以上!中華一番!極、鈴木亜美さんと激辛コラボ

四川料理フェス

来場者2万人以上!日本初の四川料理の祭典、四川フェス2017

四川料理フェス

麻辣連盟 | 四川料理を愛する仲間たち

四川料理を愛し中華料理が大好き!麻辣党では普段日本で食べられている四川料理ではなく、本場の料理を皆で食べる食事会を中華料理店とコラボして、全国で開催します。食の好奇心に刺激され、まだ見ぬ大陸の味を日本で食しましょう!参加される方は入党ください!

麻辣連盟についてはこちらから

【出版】四川省・成都を中心にした食べ歩き旅行の決定版

涙を流し口から火をふく、四川料理の旅 (KanKanTrip)
中川 正道 張 勇
書肆侃侃房 (2014-08-25)
売り上げランキング: 30,730

SNSでも発信しています!

おいしい四川公式ページ

最新四川料理場はツイッターにて!

取材してきた四川料理画像を公開中

ご案内

人気記事まとめ

  1. 日本炒飯協会がオススメ!横浜で食べてほしいチャーハンベスト5
  2. 次世代の四川料理!麻辣刀削麺マニアおすすめの3店舗
  3. 成都旅行が初めての方!絶対食べるべき5つの四川料理
  4. 花椒でしびれまくるマー活!パクチーを超える次のブームへ
  5. 一度は行ってみたい!本店「陳麻婆豆腐」100年以上の老舗

おいしい四川運営者について

辛い料理と食べ歩きを愛している方に、日本にはない本場の料理を食べるチャンスを提供する「四川料理の専門家・麻辣連盟総裁」の中川正道です
お気軽に友達申請ください。申請時は一言お願いします! facebookを見る


世界を遊び場に仕事をつくる

中川正道、1978年島根県生まれ。四川師範大学にて留学。四年間四川省に滞在し、四川料理の魅力にはまる。2012年にドイツへ移住。0からWEBデザインを勉強し、フリーのデザイナーとしてドイツで起業。2017年に日本へ帰国。「人生の時を色どる体験をつくる」をテーマに妻の中川チカと時色 TOKiiRO 株式会社を設立。
四川料理マニアたちがつくる四川料理の祭典「四川フェス」主催。過去動員数累計20万人。四川料理、しびれ、麻辣、マー活ブームに火をつけ中華業界を盛り上げる。