juewei_yabo
About me
中川正道。四川省公認の四川料理の専門家、麻辣連盟総裁、時色株式会社代表兼デザイナー。2002~2006年まで四川省に滞在、四川料理に魅了される。2012年に単身、四川省へ行き、四川の仲間たちと200店舗の四川料理店を食べ歩き「おいしい四川」サイトをリリース。2014年夏に日本初!四川料理食べ歩きガイドブック「涙を流して口から火をふく、四川料理の旅」を出版。2日間で6.5万人を動員した四川フェス主催。 これまでの活動が実を結び、2018年のマー活、花椒がブームに。「今年の一皿」ではしびれ料理が準グランプリになる。


 

先日、Instagramで四川料理好きの武漢出身のユーザーと話していた際、以下の質問をしてみました。

中川:ぼくは熱干面とか好きですよ!武漢行ったことないので、行ってみたいです!他は何が美味しいですか?

武漢人:うん、美味しいものがたくさんありますよ!例えば汤包、欢喜坨、豆皮、烧卖など。私の最も好きなのは周黑鸭です!本当に美味しいですよ!

 

武漢のおいしい料理

 

汤包は小籠包、欢喜坨はゴマ団子。

 

武漢豆皮という料理は知りませんでした。

作り方を見てみるとクレープのような生地の上にもち米と肉などの具材を入れて焼き上げる料理のようです。

武汉

出典:http://news.cnhubei.com/ 舌尖上的武汉:豆皮获导演盛赞 热干面是一种情怀(图)

http://news.cnhubei.com/xw/wuhan/201405/t2941564.shtml

 

烧卖はシュウマイのこと。百度を見てみると「重油烧卖」というの料理があるようです。

特徴はもち米を具材としているところですね。

 

こういうもち米の使い方があるんですね!

 

周黒鴨とは?

 

中国に行ったことがある方なら、このロゴマークをどこかで見たことがあるのではないでしょうか?

周黒鴨

周黒鴨(ジョウヘイヤー)は湖北省武漢を発祥としたピリ辛アヒルの鹵菜専門店(テイクアウト)です。

中国全土で約700店以上の店舗を展開している巨大なチェーン店。

 

※漢方でも使う各種香辛料を醤油ベースの汁に入れてものを鹵水(ルーシュイ)といい、鹵水を使い作った料理を鹵菜と言います。この一連の調理方法を鹵(ルー)といいます。

 

アヒルの首、水かき、口ばし、鎖骨の肉などピリ辛の鹵をした各部位が商品です。

もちろん成都にも複数店舗あります。

 

この周黒鴨は既に日本に進出しています。第1号店は埼玉県の西川口

https://tabelog.com/saitama/A1102/A110201/11041610/

 

湖北の周黒鴨、湖南の絶味

 

ぼくは周黒鴨には行ったことありませんが、絶味(ジュエウェイ)は何度か買ったことがあります。

絶味

絶味は湖南省の長沙発祥で同じくピリ辛アヒルの鹵菜専門店(テイクアウト)です。

中国全土で約3,000店以上の店舗を展開している超巨大なチェーン店。

juewei_yabo

出典:http://www.juewei.cn/

看板商品は絶味鴨脖(ヤボー)=アヒルの首肉です。正直食べるとこはほとんどないのですが、これをかじるのが好きな中国人は多いですね。

 

親友の張勇も大好きで

首はいつも動かしているから身がしまっていておいしいんだ、あとちびちび食べるのがいい!

 

と語っていました。ぼくはその境地にいたるのはまだまだですね。。。

 

まとめ

 

湖北省、湖南省はまだまだマイナーですが、中国を席巻するピリ辛アヒルの鹵菜専門店などがあり、

実は料理のポテンシャルが高い地域です。

 

昨年、湖南省長沙に行って、一人で湖南料理を食べ歩きましたが、おもしろい料理が沢山ありました。

特に気に入ったのが辣椒炒肉を筆頭にしたいわゆる家常菜(家庭料理)。

朝からごはんを食べたいんだ!といって米粉を食べるようになったぐらいの米好きな人々なので、

ごはんに合うおかずというのが多彩です。

 

これは四川料理も通じるところがりますね。

【2016年11月3日】麻辣宣言!四川料理イベント参加申込みのお知らせ

 

四川料理を愛する仲間募集!四川料理情報を発信する無料メルマガ

四川料理の仲間を募集

【2日で10万人来場!】四川フェス2019 4.20~21

四川フェス2019

東京麻辣ストーリー~しびれる恋の行方

四川省成都からきた留学生「小桃(シャオタオ)」、麻婆豆腐好きの日本人大学生そう太。シャツにラー油がついた···から始まる四川料理恋愛ストーリー!

東京麻辣ストーリー

第五弾・旬の麻辣、藤椒を収穫し名物料理を食す旅

第四弾・麻辣を極める四川省と重慶を食べつくす旅

四川料理超食べ歩きツアー

来場者6.5万人以上!中華一番!極、鈴木亜美さんと激辛コラボ

四川料理フェス

来場者2万人以上!日本初の四川料理の祭典、四川フェス2017

四川料理フェス

麻辣連盟 | 四川料理を愛する仲間たち

四川料理を愛し中華料理が大好き!麻辣党では普段日本で食べられている四川料理ではなく、本場の料理を皆で食べる食事会を中華料理店とコラボして、全国で開催します。食の好奇心に刺激され、まだ見ぬ大陸の味を日本で食しましょう!参加される方は入党ください!

麻辣連盟についてはこちらから

【出版】四川省・成都を中心にした食べ歩き旅行の決定版

涙を流し口から火をふく、四川料理の旅 (KanKanTrip)
中川 正道 張 勇
書肆侃侃房 (2014-08-25)
売り上げランキング: 30,730

SNSでも発信しています!

おいしい四川公式ページ

最新四川料理場はツイッターにて!

取材してきた四川料理画像を公開中

ご案内

人気記事まとめ

  1. 日本炒飯協会がオススメ!横浜で食べてほしいチャーハンベスト5
  2. 次世代の四川料理!麻辣刀削麺マニアおすすめの3店舗
  3. 成都旅行が初めての方!絶対食べるべき5つの四川料理
  4. 花椒でしびれまくるマー活!パクチーを超える次のブームへ
  5. 一度は行ってみたい!本店「陳麻婆豆腐」100年以上の老舗

おいしい四川運営者について

辛い料理と食べ歩きを愛している方に、日本にはない本場の料理を食べるチャンスを提供する「四川料理の専門家・麻辣連盟総裁」の中川正道です
お気軽に友達申請ください。申請時は一言お願いします! facebookを見る


世界を遊び場に仕事をつくる

中川正道、1978年島根県生まれ。四川師範大学にて留学。四年間四川省に滞在し、四川料理の魅力にはまる。2012年にドイツへ移住。0からWEBデザインを勉強し、フリーのデザイナーとしてドイツで起業。2017年に日本へ帰国。「人生の時を色どる体験をつくる」をテーマに妻の中川チカと時色 TOKiiRO 株式会社を設立。
四川料理マニアたちがつくる四川料理の祭典「四川フェス」主催。過去動員数累計20万人。四川料理、しびれ、麻辣、マー活ブームに火をつけ中華業界を盛り上げる。