凉糕
About me
中川正道。四川省公認の四川料理の専門家、麻辣連盟総裁、時色株式会社代表兼デザイナー。2002~2006年まで四川省に滞在、四川料理に魅了される。2012年に単身、四川省へ行き、四川の仲間たちと200店舗の四川料理店を食べ歩き「おいしい四川」サイトをリリース。2014年夏に日本初!四川料理食べ歩きガイドブック「涙を流して口から火をふく、四川料理の旅」を出版。2日間で6.5万人を動員した四川フェス主催。 これまでの活動が実を結び、2018年のマー活、花椒がブームに。「今年の一皿」ではしびれ料理が準グランプリになる。


【宜賓】葡萄井楊氏凉糕 | 宜賓で食べる、本場の夏スイーツ

凉糕

“葡萄井凉糕” プータオジンリャンガオ

原料は玄米、ゼリーのような食感が特徴で黒蜜を垂らして夏に食べるスイーツ。

諸葛孔明も食べたかも?

 葡萄井楊氏凉糕
成都では夏になると街の到る所で出てくるのが「涼面」(リャンメン)と「涼糕」(リャンガオ)。

涼糕というのは原料は玄米、ゼリーのような食感がおいしい 夏に食べられるスイーツ。

涼糕の正式な名前は長いのですが、「双河葡萄井凉糕」。

双河というのは四川省南部にある宜賓から少し南へ下った村の名前。

双河村 の葡萄井戸で作られた涼糕ということです。

葡萄井楊氏凉糕

 

宜賓の双河葡萄井凉糕の歴史は古く、

一説によると三国志で有名な三国時代からあったということ。

 

諸葛孔明が南蛮平定の時、孟獲を7回捕え7回釈放し、

降伏させたエピソードは有名ですが、まさにその場所です。

 

本当のおいしいモノをシャアするという熱い思いのもと、

旅行者はあまりこない宜賓まで足をのばしましたが、

そこから双河村まで凉糕を食べに行くのは日程的にも厳しい!

宜賓市内でおいしい場所がないか探した結果、見つけたのがこの店です。

 

優しい店主、楊さんに話をきくと「宜賓で店を出して6年、

商売も順調だよ」と話してくれました。

 

涼糕で一番需要なのは水、この店では毎日、

双河村で作られた涼糕をわざわざ宜賓まで運んできているとのこと。

 

竹筒凉糕

 

竹に入った涼糕をいただきましたが、これがびっくりするぐらいおいしい!

もしかして孟獲は涼糕につられて降伏したのでは?

と歴史と重ねておいしさを噛みしめるのでした。

 

食べ方

いろんな味がありますが、黒蜜をつけるのが定番

注文方法

一般的な凉糕と竹の筒に入った凉糕を頼む場合

「凉糕,一个」 (リャンガオ、イーガァ)
「竹筒凉糕,一个」 (ジュウトンリャンガオ、イーガァ)

基本情報

価格、おすすめ 各凉糕4~5元、竹筒凉糕9元
住所 四川省宜宾翠屏区合江街16号
住所(英語) sìchuānshěng yíbīnshì cuìbǐngqū hé jiāngjiē 16 hào
営業時間 7:00 ~ 22:30
環境 支店なし
その他 更新:2013/02/01

宜賓市内の中心なので、行きやすいです。移動は三輪車がおすすめ。

第六弾!四川料理超食べ歩きの集大成!田舎に眠る料理を探し出せ!

【令和元年10月22日祝日】10月13日(金)~10月23日(水)1000kmを駆け抜け、11の街へ行き名物料理を食べ歩く四日間。四川料理超食べ歩きの集大成!田舎に眠る料理を探し出せ!麻辣ブームの火付け役、四川料理の専門家とゆく過去最大18店舗を食べ歩く贅沢でグルメな旅!

第六弾!四川料理超食べ歩きの集大成!田舎に眠る料理を探し出せ!

四川料理を愛する仲間募集!四川料理情報を発信する無料メルマガ

四川料理の仲間を募集

【2日で10万人来場!】四川フェス2019 4.20~21

四川フェス2019

東京麻辣ストーリー~しびれる恋の行方

四川省成都からきた留学生「小桃(シャオタオ)」、麻婆豆腐好きの日本人大学生そう太。シャツにラー油がついた···から始まる四川料理恋愛ストーリー!

東京麻辣ストーリー

来場者6.5万人以上!中華一番!極、鈴木亜美さんと激辛コラボ

四川料理フェス

来場者2万人以上!日本初の四川料理の祭典、四川フェス2017

四川料理フェス

麻辣連盟 | 四川料理を愛する仲間たち

四川料理を愛し中華料理が大好き!麻辣党では普段日本で食べられている四川料理ではなく、本場の料理を皆で食べる食事会を中華料理店とコラボして、全国で開催します。食の好奇心に刺激され、まだ見ぬ大陸の味を日本で食しましょう!参加される方は入党ください!

麻辣連盟についてはこちらから

【出版】四川省・成都を中心にした食べ歩き旅行の決定版

涙を流し口から火をふく、四川料理の旅 (KanKanTrip)
中川 正道 張 勇
書肆侃侃房 (2014-08-25)
売り上げランキング: 30,730

SNSでも発信しています!

おいしい四川公式ページ

最新四川料理場はツイッターにて!

取材してきた四川料理画像を公開中

ご案内

人気記事まとめ

  1. 日本炒飯協会がオススメ!横浜で食べてほしいチャーハンベスト5
  2. 次世代の四川料理!麻辣刀削麺マニアおすすめの3店舗
  3. 成都旅行が初めての方!絶対食べるべき5つの四川料理
  4. 一度は行ってみたい!本店「陳麻婆豆腐」100年以上の老舗
  5. 花椒でしびれまくるマー活!パクチーを超える次のブームへ

おいしい四川運営者について

辛い料理と食べ歩きを愛している方に、日本にはない本場の料理を食べるチャンスを提供する「四川料理の専門家・麻辣連盟総裁」の中川正道です
お気軽に友達申請ください。申請時は一言お願いします! facebookを見る


世界を遊び場に仕事をつくる

中川正道、1978年島根県生まれ。四川師範大学にて留学。四年間四川省に滞在し、四川料理の魅力にはまる。2012年にドイツへ移住。0からWEBデザインを勉強し、フリーのデザイナーとしてドイツで起業。2017年に日本へ帰国。「人生の時を色どる体験をつくる」をテーマに妻の中川チカと時色 TOKiiRO 株式会社を設立。
四川料理マニアたちがつくる四川料理の祭典「四川フェス」主催。過去動員数累計20万人。四川料理、しびれ、麻辣、マー活ブームに火をつけ中華業界を盛り上げる。