棒棒鶏


忘れらない懐かしい味

棒棒鶏

“棒棒鶏” (bàng bàng jī)  辛   辛  
火を通した鶏肉を一口サイズに切り、大量のラー油をベースにし、各調味料で味付けをする冷菜。麻辣味。鶏肉はしっかり下ごしらえしてあるので、口当たりもよく弾力ありとても美味しいです。日本の棒棒鶏と全く別ものです。

伝統レシピで作る「老胡記棒棒鶏」

grm01_19_04

成都で創業して30年。 最初は「鹵菜」のお店としてスタートしました。おいしさの決め手は、 煮るときのタレ「鹵水」にありました。

grm01_19_03

このタレで煮込む具材、本当にいろいろあるのですが、基本的なものは、 砂肝、手羽先、スペアリブ、豚肉、豚のしっぽ、豚の耳、内臓系、豆腐、卵など。このお店では長い年月、 タレを継ぎ足しながら煮込んできました。そのおかげで、うまみがタレに蓄積され、圧倒的においしいタレができあがってきたというわけなのです。

このタレで、鶏肉を煮込んだもの、それがこのお店の看板名にもなっている棒棒鶏。 味がたっぷり染み込んだやわらかくて、それでいて食感がきちんとある鶏肉は、最後の仕上げに、鶏ガラスープと 特製ラー油をかけてくれます。口いっぱいに広がる唐辛子の香りと、舌がピリピリとしびれるこの感じ、 本場の味はやっぱり一段も二段も上手だなと感心してしまいます。

棒棒鶏

他にもう一店「廖記棒棒鶏」(liàojì bàngbàngjī)という有名なお店にも行ってみましたが、最終的には、このお店をチョイスしました。 それは、棒棒鶏をつけていただく特製ラー油の香りの豊かさかが勝っていたから。

チェーン展開していますが、おいしさは健在です。

食べ方

テイクアウト専門店。器に移しそのまま食べれます。

注文方法

一人前、大体20元の値段です。

棒棒鶏を20元分、購入する場合
「棒棒鸡,20元」   (bàng bàng jī , 2O yuán)

基本情報

価格、おすすめ 500g、48元。おすすめ:棒棒鶏。
住所 四川省成都市锦江区二环路东五段1号
住所(英語) sìchuānshěng chéngdūshì jǐnjiāngqū èrhuánlù dōngwǔduàn 1 hào
営業時間 9:00 ~ 19:00
環境 テイクアウトのみ。
その他 更新:2013/02/01

日本初の四川料理フェスティバル開催!

四川料理フェス

このたび開催される「四川フェス」は、近年本格的な味を求める市場の流れを受け、料理人、食材・調味料メーカー、四川料理の刺激的な味に魅了された美食家など、四川料理を愛する人々が集う、食を中心とした祭典となります。

また、四川料理以外にも、四川省伝統芸能「変面」などの舞台コンテンツや、ANAで行く四川省成都への直行便・エコノミークラスチケットをプレゼントする抽選会も開催。日本初の“痺れる”イベントとしてぜひご注目ください。

四川料理情報を発信する無料メルマガ

四川料理の仲間を募集

麻辣連盟 | 四川料理を愛する仲間たち

四川料理を愛し中華料理が大好き!麻辣党では普段日本で食べられている四川料理ではなく、本場の料理を皆で食べる食事会を中華料理店とコラボして、全国で開催します。食の好奇心に刺激され、まだ見ぬ大陸の味を日本で食しましょう!参加される方は入党ください!

麻辣連盟についてはこちらから

【出版】四川省・成都を中心にした食べ歩き旅行の決定版

SNSでも発信しています!

おいしい四川公式ページ

ツイッター開設しました

取材してきた四川料理画像を公開中

ご案内

人気記事まとめ

  1. 【jiubar(ジュウバー)】この春、神楽坂にオープンする新店が「四川フェス」にやってくる!
  2. 成都旅行が初めての方!絶対食べるべき5つの四川料理
  3. 一度は行ってみたい!本店「陳麻婆豆腐」100年以上の老舗
  4. 2万人以上の四川料理ファンが集まり全店舗完売!日本初の四川フェスは大成功!
  5. 中国では餃子が主食!一番ベストな餃子の食べ方とは?

おいしい四川運営者について

辛い料理と食べ歩きを愛している方に、日本にはない本場の料理を食べるチャンスを提供する「四川料理の専門家・麻辣連盟総裁」の中川正道です
お気軽に友達申請ください。申請時は一言お願いします!



自分の人生を生きる、ワクワクする仕事を

中川正道、1978年島根県生まれ。好きなことをするため、2012年に独立。0からWEBデザインを勉強し、現在はフリーのデザイナーとして世界中の企業・お店のサイトやロゴ等をてがける。毎日四川料理を作るほどの四川料理マニア。Allabout公認四川ガイド。

特技、デザインと中国語。三国志、水滸伝などの歴史小説好き。熱いアニメ「宇宙兄弟」が大好き。ビール党、自然派ワイン好き。 http://masamichi-design.com/