花椒ツアー

四川フェスの協賛 | 一緒に盛り上がりませんか?

四川フェス


はじめに

四川料理フェスティバル、略して「四川フェス」とは

 

  • 日本の四川料理店が日本で愛されている四川料理や
  • まだ知られていない本場の四川料理を提供し
  • 一般の消費者が購入して体験し、
  • もっと多くの四川料理を知り、食文化にふれ、四川を好きになり、
  • 楽しみながら、中華料理業界全体が盛りあがる

 

消費者が主催するイベントです。


開催目的

中華料理が日本に伝わってから約70年。70年前伝わった中華料理は既に日本に浸透し、日本の食卓でも普通に食べられるようになりました。

 

次のステージは「中国大陸で食べられている伝統・人気料理も日本で普通に食べられるようになる」です。

 

そのために必要なのは以下の2点です。

 

  • 消費者の中華料理に対する知識を増やす(中華リテラシーの向上)。
  • 料理を提供する側とつながる場を作ります(イベント開催)。

 

この実現を中華料理で一番人気がある四川料理を軸に活動を行います。

 

日本では食べるラー油ブーム、パクチーブーム…と日本人の辛さと香りの免疫力は日に日に上がっています。今このタイミングは日本で四川料理、中華料理がさらに進化する時と確信しています。四川フェスは進化をうながす新しいブームの火付け役となり、大きなムーブメントとなります。

 

そして、この大きなムーブメントは中華料理界全体に活気をよび、新しい可能性を生みだします。その活気は料理の分野に限らず、中国人と日本人の民間レベルのコミュニケーションにも影響を及ぼすと信じています。

 

この一連の変革を麻辣革命と定義し、四川フェスを行う目的としています。


中野セントラルパークでのイベントイメージ

中野セントラルパークでのイベントイメージ


イベントの特徴

当イベントの実行委員会のメンバーは、料理人でもイベント会社の人間でもなくプロの「消費者」です。心から四川料理を愛する消費者が企画・運営に携わることで、四川料理をよく知る人も、麻婆豆腐しかイメージできない人両方に対して訴求するイベントの実現が可能となります。

 


後援いただいている団体

今回のフェスはコンセプトに賛同した多くの団体より後援、協賛を受けて居ります。ここでは、その一部をご紹介いたします。

共催(実行委員会)

おいしい四川、麻辣連盟、場創研究所、中野観光協会

後援

  • 四川省宣伝部・観光局(政府直属)
  • 日中環境協会
  • 東京商工会議所
  • 中野観光協会
  • 中野区商店街連合会
  • 公益社団法人中野法人会
  • 中野工業産業協会

イベント情報

  • 期間:2017 年4月2日(日)10:00~18:00
  • 会場:中野セントラルパーク・in なかのアンテナストリート ※四季の森公園
  • 動員予定:1万人
  • 主催:四川フェス実行委員会(おいしい四川、麻辣連盟、場創研究所)

img_map-1


会場情報

中野駅は、1日に約14万人が利用するプロモーション効果が高い駅です。会場へは改札口から徒歩5分。特に週末には中野セントラルパークへ多くの方が来場します。


来場者層

日本初の四川料理に特化いたイベントのため、辛いもの好き、四川料理好き、中華料理好き、シェフや料理店オーナー、グルメブロガー、出版・マスコミ関係者などの、四川料理を普及させる上で影響力を持つ層が多く来場する見込みです。

 

また2017年は日中友好45周年という節目でもありますが、特に大きなイベントは企画されていません。そのため、四川フェスは多くのマスコミに取り上げられる可能性があります。

 

2016年11月 中野セントラルパークで行われた羊フェスタ

2016年11月 中野セントラルパークで行われた大羊フェスタ

 


メディア対策について

今回、四川フェスの実行を取り仕切るのは2014年、2015年、2016年と毎年規模がどんどん大きくなってきたフェスタを運営してきた場創研究所(羊齧協会)です。場創研究所が運営してきた羊フェスタ、ならびに羊齧協会は、これまでに多くのメディアに取り上げられました。

NHK あさイチ/朝日新聞デジタル/毎日新聞夕刊/Yahoo!ニュース/るるぶ.com/中華料理専門WEBマガジン「80C(ハオチー)」/Dancyu /夕刊フジ / 東京FM Blue Ocean/日刊ゲンダイ/岩手日報/forza/Credo/Banq/DAGZA/フードリンクニュース/ ラジオ日本・峰竜太のミネスタ /小学館・女性インサイト(抜粋)

おいしい四川のコンテンツと場創研究所(羊齧協会)のノウハウを生かし、インパクトのあるイベントを仕掛け、多くのメディアに取り上げられることが予測されます。

 

現段階でNHK国際部、毎日新聞からの取材、雑誌・料理王国での中華特集などいくつか企画が上がってきております。また四川省大手新聞社、成都日報記者もこの盛大のイベント取材にはるばる成都からやってくるという話も来ています。

 

麻辣党

2016年11月の大羊フェスタで干鍋を提供し大盛況でした!


協賛希望内容

内容 詳細
サンプル配布 ・御社の商品を、四川フェス実行委員会スタッフが来場者に配布する。
・配布方法場所は四川フェス本部など視認性が高い場所で行います。
※商品はサンプルなど小さなものでお願い致します。
飲食スペースでの配布&販売 ・御社スタッフが飲食スペースで、商品のサンプリング・販売を行う方法です。
・来場者のフィードバックを直接得ることができます。
※ブースなどを設けるのではなく、飲食スペースなどを回り販売やPRをする方法
PRテント ・テントを一棟提供致しますので、空間を幅広く使ったプロモーションを行う
オフィシャルスポンサー ・御社名やロゴを、WEBサイト、ポスター、チラシ、SNS、会場内ののぼり、バナーなどで最大限のプロモーションを行います。
スタッフ派遣 ・四川フェス実行委員会スタッフを派遣し、御社のPRを行う

※物販として出店する場合は固定費料金(5万円)、売上手数料(20%)をいただきます。
※例:PRテント+オフィシャルスポンサー(50万~)

ここに掲載した内容以外にも、いくつかのプランをご用意しております。
御社の状況やご希望に応じて、柔軟に対応させて頂くことができますので、お気軽にご連絡ください。
四川フェス実行委員会:会長の中川が連絡させて頂きます!

 

中川:nakagawa@meiweisichuan.jp


協賛金の使途

同協賛金は、

  • ①参加者負担の軽減
  • ②出店者負担の軽減の

2点に活用します。

 

負債を抱えると今後の活動ができなくなるため、最低限赤字は回避する必要があります。

 

各種費用を出店料収益で賄おうとすると、一品900円、出店料20万円といった「四川料理をもっと多くの人に広めるためのイベント」とかけ離れた金額設定になってしまいます。出店いただく店舗の負担も大きくなります。

 

御社に協賛して頂ければ、「一品500円」「出店料5万円+売上の20%」までは抑えることが可能となり、御社以外からも協賛が集まれば、出店料を更にマイナスすることも検討しています。

 

今回は中野セントラルパーク四季の森公園で開催することになったため、多くの敷地面積があります。そのため、ステージの設営を検討しております。一定額の協賛金(50万円以上)が集まれば、音楽やパフォーマンスができるステージを設営し、さらに多くの顧客を呼ぶことが可能になります(推定3万人)

 


申し込みについて

お申し込みは下記のフォームよりお願い致します。

詳細資料をお送りいたします。

会社名・団体名・店舗名

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

WEBサイト(必須)

協賛希望内容(必須)

 

Close