麻辣グランプリ×金の太陽花椒プロジェクト 金の太陽花椒プロジェクト

コラボ企業

第一弾

三州製菓株式会社 三州製菓株式会社

第二弾

担々麺 担々麺
 情報は順次こちらで公開!

三州製菓株式会社logo

パスタスナック(麻辣花山椒味)

パスタスナック自体は上品な方向性だがこの麻辣味は異質で開発者の麻辣愛が感じられる商品であった。さらにパスタスナックは麻花という四川伝統のお菓子に酷似(麻花を狙って作ったのではない)審査員にも好評で第一回麻辣グランプリ受賞(お菓子部門)。
今回のコラボはそのパスタスナックに「追い花椒」となる金の太陽花椒の小袋付き。シビレをさらに追加させる。

オススメの食べ方

金の太陽花椒0.2gを袋に入れ、空気を含んだ状態で上の部分を押さえてシャカシャカする。フワッと香る爽やかな香り!シャープな痺れをお楽しみください!

金の太陽花椒®️とは?

中国No.1青花椒産地
金陽県産青花椒

金陽産の花椒は中国政府より
中国青花椒第一県」の称号を受領

さらに、金陽県は「中国の青花椒のふるさと
として認定されています。

中国青花椒第一県
金の太陽花椒
サンショウ属の分類
サンショウ属の分類

金の太陽花椒の
2つの特徴

基準合格

金陽県の農家は貧しさのため、農薬を買うお金がありませんでした。今ではその土壌、花椒畑が他の花椒との差別化となっています。※現在は減農薬で栽培。当社で検査した結果、日本の農薬ポジティブリスト制度基準をクリア。

山岳地帯

標高が高く、日照時間も長く、日差しが強く、栽培に適しており、1日干すだけで乾燥させることができる。一般的な場合、工場の機械で24時間乾燥させます。そんな土地から、青花椒のフレッシュな香りと味わいをお届けします。

青花椒

青花椒経済で貧困支援

イ族の女性

元々貧しい土地で産業も少なかった金陽県。2016年から政府からの貧困支援が入り金陽県は「青花椒高産高效林標準化模範基地」として発展。青花椒の栽培が軌道にのり、経済発展しています。

この成果は「涼山に輝く金の太陽」と称されました。

当社は、この成果をさらに日本へ持っていき、沢山のお客様にしびれる本当においしい花椒を食べてほしいと願いをこめて、「金の太陽花椒」と命名しました。

2020年9月に発売してから、
多くの方に好評をいただきました!

口コミ

※2022年4月8日時点

好評
楽天市場スパイスランキングの売り上げNo.1を獲得! 楽天市場スパイスランキングの売り上げNo.1
希望の光!「金の太陽花椒」最貧困地域脱却のチーム金陽県の挑戦
中国全土で最も貧しい貧困地区に指定されている街
リアアイコン
四川省涼山彝族自治州にある金陽県で作られている花椒が日本で新しいカタチとして、販売される。しかも多くの人たちが興味を持ってくれている。四川人のわたしたちにとったら、すごくうれしいこと!
貧困地区
渾身の現地レポート記事を読む