傷心凉粉


 

成都の有名番組で傷心涼粉を動画で紹介!

福建省出身のレポーターが汗を流しながら、辛さにやられてもだえています(笑)。

※3:00 ~ 7:40まで。再生を押すと3:00から始まります。

 

※11:30~、後半の客家料理も面白いので、ぜひ、見てみてください。

 

四川客家の伝統料理

伤心凉粉

“傷心凉粉” (shāngxīn liángfěn)  辛   辛   辛   辛  
原料はエンドウ豆。調味料を十数個混ぜ合わせて作る四川客家料理名物。口当たりよくつるっと食べれますが、とんでもなく辛いです。

油燙鵝

“油燙鵝” (yóu tàng é)
かなり複雑な工程ですが、簡単に書くとガチョウを薫製にした後、漢方入り醤油ダレで煮込み、その後熱した油で油通しを行う料理。薫製の香りが素晴らしく、味は少し甘い感じ。食感は弾力があり、完璧。この辺一帯の有名な名物料理。

泣くほど傷つく味!客家が生んだ超激辛の小吃

傷心凉粉

 

「洛帯」(ルオダイ)といえば、「おいしい小吃がたくさんある!」と

みんな口をそろえて言うほど、「洛帯」地方にはいろいろな種類の「小吃」があります。

 

この街に暮している実に90%が客家と言われています。

 

彼らは明朝末期、清朝初期に広東、江西、湖南地域から 戦乱を逃れるため、四川へ移住してきました。

その中で四川文化と融合した独特の客家文化が育まれたのです。

 

そして今では、客家文化と「小吃」は切っても切り離せないほど、

彼らはいろいろな「小吃」をあみだしてきました。

 

その代表的なのが「傷心涼粉」(シャンシンリャンフェン)。

 

傷心凉粉

傷心とは中国語で傷つくという意味です。

 

この料理は特製の激辛唐辛子を使用し、

一旦食べると呼吸が止まりそうなぐらいの辛さが襲います。

 

そして新鮮でたっぷりかかった花椒が舌をしびれさせます。

その辛さは頭から煙がでてしまうかのようで、鼻水もでてきて最後には泣いてしまうほど。

 

だけどおいしいからまた食べてしまう、はたから見れば泣いているようみえるので「傷心涼粉」と名づけられました。

 

四川ではとても有名な名物なので、

ここへやってくる旅行者は食べてみよう!と挑戦しますが、

あまりの辛さにお手上げのよう。

 

油香凉粉

 

客家の人は、そんな人たち向けに、新しく辛さがマイルドな「油香涼粉」(ヨウシャンリャンフェン)。

こちらは胡麻の香りが香るやさしめの味。

 

四川客家の自慢の味を試しに、ちょっと足をのばして「洛帯」へ日帰り旅行。

きっとおいしく楽しいひとときが待っているはずです。

 

油燙鵝

洛帯名物の油燙鵝。傷心凉粉と一緒に注文してみてください。

 

食べ方

最初にソースをからめて、すすらず、噛み切るように食べます。服に飛ばないように気をつけてください。

注文方法

最初に注文をしてお金を払います。

傷心凉粉を注文する場合
「伤心凉粉、一份」   (シャンシンリャンフェン、イーフェン)

油香凉粉を注文する場合
「油香凉粉、一份」   (ヨウシャンリャンフェン、イーフェン)

基本情報

価格、おすすめ 凉粉一椀、7元。
おすすめ:傷心凉粉、油香凉粉、油燙鵝
住所 四川省成都市龙泉驿区洛带古镇老街
住所(英語) sìchuānshěng chéngdūshì lóngquán yìqū luòdài gǔzhèn lǎojiē
営業時間 9:00 ~ 19:00
環境 環境はいい、トイレもあり。
その他 更新:2013/02/01

新南バスターミナルから、洛帯古鎮へ。

日本初の四川料理フェスティバル開催!

四川料理フェス

このたび開催される「四川フェス」は、近年本格的な味を求める市場の流れを受け、料理人、食材・調味料メーカー、四川料理の刺激的な味に魅了された美食家など、四川料理を愛する人々が集う、食を中心とした祭典となります。

また、四川料理以外にも、四川省伝統芸能「変面」などの舞台コンテンツや、ANAで行く四川省成都への直行便・エコノミークラスチケットをプレゼントする抽選会も開催。日本初の“痺れる”イベントとしてぜひご注目ください。

四川料理情報を発信する無料メルマガ

四川料理の仲間を募集

麻辣連盟 | 四川料理を愛する仲間たち

四川料理を愛し中華料理が大好き!麻辣党では普段日本で食べられている四川料理ではなく、本場の料理を皆で食べる食事会を中華料理店とコラボして、全国で開催します。食の好奇心に刺激され、まだ見ぬ大陸の味を日本で食しましょう!参加される方は入党ください!

麻辣連盟についてはこちらから

【出版】四川省・成都を中心にした食べ歩き旅行の決定版

SNSでも発信しています!

おいしい四川公式ページ

ツイッター開設しました

取材してきた四川料理画像を公開中

ご案内

人気記事まとめ

  1. 【jiubar(ジュウバー)】この春、神楽坂にオープンする新店が「四川フェス」にやってくる!
  2. 成都旅行が初めての方!絶対食べるべき5つの四川料理
  3. 一度は行ってみたい!本店「陳麻婆豆腐」100年以上の老舗
  4. 2万人以上の四川料理ファンが集まり全店舗完売!日本初の四川フェスは大成功!
  5. 中国では餃子が主食!一番ベストな餃子の食べ方とは?

おいしい四川運営者について

辛い料理と食べ歩きを愛している方に、日本にはない本場の料理を食べるチャンスを提供する「四川料理の専門家・麻辣連盟総裁」の中川正道です
お気軽に友達申請ください。申請時は一言お願いします!



自分の人生を生きる、ワクワクする仕事を

中川正道、1978年島根県生まれ。好きなことをするため、2012年に独立。0からWEBデザインを勉強し、現在はフリーのデザイナーとして世界中の企業・お店のサイトやロゴ等をてがける。毎日四川料理を作るほどの四川料理マニア。Allabout公認四川ガイド。

特技、デザインと中国語。三国志、水滸伝などの歴史小説好き。熱いアニメ「宇宙兄弟」が大好き。ビール党、自然派ワイン好き。 http://masamichi-design.com/