成都グルメガイド


 

四川をめぐるガイドサービスをスタート

成都ガイドツアー

予約が取れない超人気店の火鍋屋。仲がいいオーナーに連絡して席を確保します

 

先日、おいしい四川・成都スタッフの何珂さんがガイドとなり、

青山、赤坂、軽井沢で人気中華料理店を展開されている「希須林」さまの一日ガイドをしました。

 

「希須林」さまが成都に来られたのは、これで2回目。

 

前回、はじめて成都に訪れた際に中川の著書「涙を流し口から火をふく、四川料理の旅」を参考に

回鍋肉発祥の地である「代木儿」に行き、大きな豚肉に葉にんにくのみのシンプルな回鍋肉に衝撃を受けた!

とのこと。

 

今回、成都にきた目的とは?

 

「希須林」さまより

現地でしか体感できないことを経験したい

前回、衝撃を受けた成都にて「今まで食べた事のない豚肉料理を食べたい!」。

それが一番の目的でしたが、豚肉料理以外にもはじめて食べる料理との出会い、あたたかい人との出会いがありました。

 

日本語マスター、何手先まで見通せる頭脳派ガイド

 

成都旅行ガイド

成都スタッフのカカさん(27歳)

今回ガイドをしてくれたのはおいしい四川・成都スタッフのカカさん(27歳)。

生まれも育ちも成都市内のど真ん中。そんな生粋の成都人のカカさんは高校卒業後、日本語を勉強しに日本へ渡り、日本大学文理学部を卒業。

勉強より囲碁をやっていました、と豪語するほどの囲碁好きで大学生時代は囲碁の日本代表として台湾遠征にも参加したほど。ちなみに四川の囲碁大会では優勝経験あり、敵なし。そんな囲碁の達人のカカさんが囲碁の次に好きなのが四川料理。

日本語はもちろんペラペラ、コミュニケーションに苦労することはありません。

しかも囲碁の達人なので、何手先まで見通せる頭脳派ガイドです。

 

ガイドプランの作り方

wechat

まずはご要望をきき、ガイドと微信(Wechat)で気軽にチャットしながら、一日の予定を決めます。

移動距離が多い場合は車を一日チャーター。成都市内のみを回る場合、タクシーで十分。

などなど、やりたいこと、食べたいものをヒアリングしながら、プランを作ります。

 

そして、今回はこんなガイドプランになりました。

 

成都周辺の名物料理を食べ歩く一日ツアー!

 

1.朝8時、専用車でホテルまで迎えに行きスタート!

 

2.肉まんやを朝からハシゴ

支店もなし、創業約30年の老舗「謝包子」で肉まんを食べる。

この店のこだわりは30年継ぎ足しつづけた老面。食感が違います!

謝包子

https://note.mu/meiweisichuan/n/nf0dcfdbfb671

 

次に成都名物の韓包子を食べに行きます。

肉まんの皮に中の肉汁が浸み込んでいるのがわかるでしょうか。これが韓包子です!

img_1325-300x2002x

 

3.卸市場の「五块石(ウークァイシー)」で買い物

成都調味料買い付け

市場での交渉、通訳を行い、好きなスパイス、食材を購入。五块石は成都最大の卸市場です。

卸なので、通常大量ロットでの販売のみなのですが、できるだけ小ロットで買えるように交渉します。

 

4.豆板醤の聖地「郫县(ピーシェン)」へ移動し、絶品モツを食べる

以前、カカさんのお父さんから「これはおいしいぞ!」とお土産でもらったことある「モツ」専門店。

お店は金香玉肥腸。なんと電気もなく、練炭で火をおこす、昔ながらのお店です。

成都食べ歩き

5.郫县博物館へ行き、年代物の豆板醤を購入

四川料理博物館にて

四川料理博物館へ。こちらでは博物館自家製の豆板醤が購入できます。

 

6.郫县から広漢市のはずれ連山鎮へ移動

中華名物にもなっている連山回鍋肉発祥のお店「代木儿」へ行き、連山回鍋肉を食べる。

連山回鍋肉を食べる

 

7.お茶を飲み、ゆっくりと休憩

食べたばっかりだときついのでゆっくり休憩します。

 

8.広漢市から車で10分の田園地帯にある天然田ウナギ専門店へ

成都食べ歩き

以前、中川が取材した際に店主に「四川料理の旅」を見せたら、喜んでいました!

田ウナギ

お店の中に入って、こんな感じで食べます

 

面倒くさがりの名物店主が作る天然田ウナギ(鳝鱼)専門店。

看板もなにもないので、地元の人しかまず知らないお店です。電話で今日はやっているかと予め確認しないと、行くことができないお店。こちらは知り合いの成都グルメ仲間一押しのお店で、今度「四川料理の達人マガジン」でレポートします。

ここは2016年5月に取材に行った中で、一番おいしかったお店です。

 

成都に戻ってきたら夜9時に。濃密な一日食べ歩きガイド完了!

 

今回のガイドサービスについてはいかがでしたか?

夜食をたべる

「希須林」さま様より

満足度で言うと120点です。

ご夫婦でやっている看板も何もない田うなぎの専門店、郊外の細い路地にある家族で経営しているホルモン屋さんなど

ガイドさんなしでは行けない所ばかり連れてっ行っていただきました。

こんな所にこんなレストランがあるの?という驚きの連続。

日本で得れる情報はやはり限りがあります。

 

前回も「四川料理の旅」があったからこそ得られた情報があり、それをもとに散策できましたが、

今回は現地スタッフの何珂さんのおかげで前回よりも深く成都を知る事ができました。

 

次はどんな場所へ行ってみたいですか?

 

「希須林」さま様より

次回も豚肉料理を食べ歩きに行きたいと思っています。

今回時間がなく行けなかった李庄古鎮にある「何三白肉」は必ず行きたいです。

 

ガイドサービス内容

 

  • 食べ歩きプランの作成
  • 日本語での通訳
  • 市場での交渉、解説
  • 四川料理の解説
  • 車・専属ドライバーの手配

など

 

 

ご興味のある方はお気軽にご連絡ください

 

 

こちらのお問合せフォームからご連絡いただくか、

または中川までメールでご連絡ください。

 

nakagawa@meiweisichuan.jp

 

 

日本では味わえない、もっと刺激的なグルメを求めている方へ

四川料理フェス

 

3月に行った四川料理超食べ歩きツアーに参加されたお客様から「辛いもの好きで食べるの好きな人へ、自分で行くと出来ない体験ができます!」「食べることが好きな人なら、絶対120%満足ができる旅を保証します!」とコメントいただきました。

これまで見たことない景色、信じられないくらしびれる花椒、トラウマになるくらいの強烈な香り、四川料理の「頂」をみたかもしれない!と思える圧倒的な四川料理の体験をぎゅぎゅっと凝縮した旅になります。料理関係者の方にとっては収穫体験をし、新しい新鮮な花椒を現地価格で大量に購入できます。花椒農家の紹介も!

ちょっと早い夏休み、花椒を味わい尽くす旅、ぜひ、ご参加ください!

【限定10名】旬を旅する!しびれ極まる!取れたて香り抜群の最高品質の花椒を味わいつくす旅

四川料理情報を発信する無料メルマガ

四川料理の仲間を募集

四川フェス来場者2万人以上!四川フェス・スタンプラリー8月31日まで!

四川料理フェス

 

四川フェススタンプラリーとは四川フェスに出店していただいた12店舗の店舗へ実際へ行き、8月31日までに8店舗制覇した方に抽選で豪華賞品があたる四川フェスのスピンオフイベントです!

スタンプラリー専用用紙は四川フェス当日のパンフレット、または以下専用用紙をダウンロードし、印刷しご使用ください。

QUOカード5千円!陳麻婆豆腐セットが当たる!四川フェススタンプラリー

麻辣連盟 | 四川料理を愛する仲間たち

四川料理を愛し中華料理が大好き!麻辣党では普段日本で食べられている四川料理ではなく、本場の料理を皆で食べる食事会を中華料理店とコラボして、全国で開催します。食の好奇心に刺激され、まだ見ぬ大陸の味を日本で食しましょう!参加される方は入党ください!

麻辣連盟についてはこちらから

【出版】四川省・成都を中心にした食べ歩き旅行の決定版

SNSでも発信しています!

おいしい四川公式ページ

ツイッター開設しました

取材してきた四川料理画像を公開中

ご案内

人気記事まとめ

  1. 一度は行ってみたい!本店「陳麻婆豆腐」100年以上の老舗
  2. 成都旅行が初めての方!絶対食べるべき5つの四川料理
  3. 日本炒飯協会がオススメ!横浜で食べてほしいチャーハンベスト5
  4. 福岡で絶対に行きたい四川料理店「巴蜀」がリニューアル!
  5. 【jiubar(ジュウバー)】この春、神楽坂にオープンする新店が「四川フェス」にやってくる!

おいしい四川運営者について

辛い料理と食べ歩きを愛している方に、日本にはない本場の料理を食べるチャンスを提供する「四川料理の専門家・麻辣連盟総裁」の中川正道です
お気軽に友達申請ください。申請時は一言お願いします!



自分の人生を生きる、ワクワクする仕事を

中川正道、1978年島根県生まれ。好きなことをするため、2012年に独立。0からWEBデザインを勉強し、現在はフリーのデザイナーとして世界中の企業・お店のサイトやロゴ等をてがける。毎日四川料理を作るほどの四川料理マニア。Allabout公認四川ガイド。

特技、デザインと中国語。三国志、水滸伝などの歴史小説好き。熱いアニメ「宇宙兄弟」が大好き。ビール党、自然派ワイン好き。 http://masamichi-design.com/