老舗四川料理「剣閣」


先日、東京板橋区高島平の四川料理「剣閣」の塩野料理長から熱いメッセージをいただきました。

 

東京といっても郊外で、求められる料理といえば、昔ながらの中華料理が多いですが、本場の料理、味を少しでもお客様に伝えられるように自分も頑張ります。

 

ありがとうございます!おいしい四川の運営もがんばります!

 

「四川飯店」「龍の子」などの有名店で修業した塩野シェフ

 

こちらの記事から転載:http://itabashi.keizai.biz/headline/22/

 

料理長の塩野大輔さんは「四川飯店」「龍の子」などの有名店で修業した後、2011年から実家である同店で料理長を務めている。四川料理の本場の味を再現しながら、日本ならではの味を作り出そうと試作を繰り返すことで新メニューも続々開発。年に1度は中国・四川省を訪れ、最新の四川料理や食材について勉強しながら創作のヒントを得ているという。

 

「四川料理というと辛いイメージが強いと思うが、本来は香りが四川料理の大きな特徴。四川料理のことを、もっと知ってほしい。そのためにも月に1度料理教室を開くなどして、お客さまとのコミュニケーションにも力を入れ始めた。長く営業しているせいか『老舗で高級』という印象を持っている方も多いが、坦々麺一つだけの注文でも遠慮せず気軽に利用してほしい。それにはやはり、店のことをもっと知ってもらうために自分から行動しないといけない。新しいことにも積極的にチャレンジしていく」と意気込みを見せる。

 

「剣閣」では8月31日まで39周年のイベントを実施中

 

醤猪舌(豚タンの特製ルー水煮) 辣ルー水でやわらかく煮て叉焼のように仕上げてあります。

醤猪舌(豚タンの特製ルー水煮) 辣ルー水でやわらかく煮て叉焼のように仕上げてあります。

 

8月31日まであと10日あります。お近くの方いらっしゃいましたら、ぜひ行ってみてください。

 

◆3,000円の利用ごとに1回抽選に参加でき、北京ダックや点心の食べ放題チケットなどが当たる!

◆四川料理ならではの辛いメニューを集めた「辛辛フェア」も実施中!

 

この辛辛フェアは少しずつ現地の料理を紹介していこうとという企画でスタート。

※1ヶ月毎に内容を変えて、10月半ば頃までやる予定。

 

辛辛フェアとは?

第一弾という形で5品を用意。

醤猪舌、干鍋鶏、麻辣牛肉豆花、重慶炒飯、とことん辛さと香りにこだわった辣香噴火湯麺

 

辣香噴火湯麺(激辛汁そば) 火鍋料をアクセントに加えて辛さを追及して作った辣油で辛いけど旨い麺です。

辣香噴火湯麺(激辛汁そば) 火鍋料をアクセントに加えて辛さを追及して作った辣油で辛いけど旨い麺です。

 

 

おいしい四川の読者の方へ

 

高島平から美味しい四川料理を発信出来るよう日々精進して頑張ってます。剣閣を宜しくお願いします。

by 剣閣スタッフ一同

 

基本情報

  • TEL・予約:03-3939-6750
  • 住所:東京都板橋区高島平7丁目32-5
  • 定休日:木曜日定休日
  • 営業時間 [月〜土]11:30~17:00 、17:00~21:30(L.O)、 [日・祝] 11:30~17:00、17:00〜21:00(L.O)

 

最後に

 

ここ最近、いろいろな方からメッセージをいただくようになりました。

特に料理人の方から熱いメッセージをいただきます。

 

「おもしろいです!参考になります!」と感想をもらうと

運営していてよかった、誰かのためになっているんだと

心がほっこりします。

 

サイトの感想、質問などいつでも受け付けていますので、

みなさんお気軽にご連絡ください。

 

 

日本初の四川料理フェスティバル開催!

四川料理フェス

このたび開催される「四川フェス」は、近年本格的な味を求める市場の流れを受け、料理人、食材・調味料メーカー、四川料理の刺激的な味に魅了された美食家など、四川料理を愛する人々が集う、食を中心とした祭典となります。

また、四川料理以外にも、四川省伝統芸能「変面」などの舞台コンテンツや、ANAで行く四川省成都への直行便・エコノミークラスチケットをプレゼントする抽選会も開催。日本初の“痺れる”イベントとしてぜひご注目ください。

四川料理情報を発信する無料メルマガ

四川料理の仲間を募集

麻辣連盟 | 四川料理を愛する仲間たち

四川料理を愛し中華料理が大好き!麻辣党では普段日本で食べられている四川料理ではなく、本場の料理を皆で食べる食事会を中華料理店とコラボして、全国で開催します。食の好奇心に刺激され、まだ見ぬ大陸の味を日本で食しましょう!参加される方は入党ください!

麻辣連盟についてはこちらから

【出版】四川省・成都を中心にした食べ歩き旅行の決定版

SNSでも発信しています!

おいしい四川公式ページ

ツイッター開設しました

取材してきた四川料理画像を公開中

ご案内

人気記事まとめ

  1. 【jiubar(ジュウバー)】この春、神楽坂にオープンする新店が「四川フェス」にやってくる!
  2. 成都旅行が初めての方!絶対食べるべき5つの四川料理
  3. 一度は行ってみたい!本店「陳麻婆豆腐」100年以上の老舗
  4. 2万人以上の四川料理ファンが集まり全店舗完売!日本初の四川フェスは大成功!
  5. 中国では餃子が主食!一番ベストな餃子の食べ方とは?

おいしい四川運営者について

辛い料理と食べ歩きを愛している方に、日本にはない本場の料理を食べるチャンスを提供する「四川料理の専門家・麻辣連盟総裁」の中川正道です
お気軽に友達申請ください。申請時は一言お願いします!



自分の人生を生きる、ワクワクする仕事を

中川正道、1978年島根県生まれ。好きなことをするため、2012年に独立。0からWEBデザインを勉強し、現在はフリーのデザイナーとして世界中の企業・お店のサイトやロゴ等をてがける。毎日四川料理を作るほどの四川料理マニア。Allabout公認四川ガイド。

特技、デザインと中国語。三国志、水滸伝などの歴史小説好き。熱いアニメ「宇宙兄弟」が大好き。ビール党、自然派ワイン好き。 http://masamichi-design.com/