175°DENO担担麺


 

北海道の札幌で大繁盛している担担麺屋さんをご存知でしょうか?

 

食通の方は知っていらっしゃるかもしれませんが、

そのお店の名は「175°DENO担担麺」。

 

札幌を中心に3店舗をかまえ、

四川省の花椒を使った本格的な担担麺を提供する担担麺専門店です。

 

 

立ち上げたのはお店の名前にもなっている出野光浩さん。
出野さんとは2015年にfacebookで「本を買いました!これから成都へ行ってきます!」と
初めてメッセージをいただきました。

 

今回はそんなご縁もあり、北海道でも担担麺ブームが来るかもしれない?
そのブームの中心になっている「175°DENO担担麺」の魅力を出野さんに語っていただきました。

 

きっかけは23歳の時に食べた担担麺の味

 

17歳の時に飲食業界に初めて足を踏み入れ、

独立する29歳までに20店舗以上の繁盛店を経験。

 

23歳の時に東京の飲食店ベンチャー企業での配属先が

中華料理店になり、そこで初めて担担麺を食べ感動しました。

 

辛いもの、痺れるものが苦手だった私が、

中国人料理長が作る自家製ラー油のただ辛いだけじゃない旨味に惹かれ

このラー油をメインに使った小さな専門店で独立したい!

と強く思ったことがきっかけです。

 

その後、担担麺を究極までこだわったお店を開業するために、

様々な繁盛店の門を叩き、29歳の時に独立開業。

 

花椒農家から直接仕入れる高品質の花椒にこだわる

当店が究極までこだわるプロダクトアウトな商品であるがゆえ、

日本で仕入れられる香辛料には限界がありました。

 

日本で流通している花椒は成都の市場では中ランクの位置付けです。

 

その後より品質の良い花 椒を求め生産地をめぐり、

生産者さんから直接仕入れることで

流通リスクのない純粋な花椒を手に入れることができ、

日本のお客様に楽しんでもらえるようになりました。

 

飛びぬけておいしい味をどう広げるか

 

看板料理1品で勝負するお店で最も重要度の高いのは、

味が「飛び抜けて美味しい」ことです。

 

ただ、その飛び抜けて美味しい『味』をどう広げるかは、

サービス(人)、クレンリネス、value、エンターテイメント性、デザイン、立地

などの項目です。

 

その中でも最も重要視しているのが『味』と『人』の部分

『店員とお客様』という関係をいかにして

『人と人』との関係に繋げるかを重要視しております。

 

175°担担麺を開業して本当によかった!と感じる瞬間

 

175°DENO~担担麺~

いつも来店される常連さんを含め、行列ができ、

並んでお待ちいただいて食べていただいている

そんなシーンを見るたびに、鳥肌がたちます。

 

175°を開業して本当によかったな、より美味しい担担麺を作ろう

 

と感じるとともに感謝の気持ちでいっぱいです。

 

またスタッフや常連さんが新規のお客様に

175°担担麺愛の魅力を説明してくれている場面に出くわすことも多く、

担担麺という一つの商品を中心に、その地域や人が元気になっている事に大変幸せを感じます。

 

『しびれ』の魅力とは?

 

実は私自身、最初は花椒が苦手でした。

なので無理に取る必要はないと思います。

 

ただ人間の舌は成長するので、その成長に合わせて少しずつ増やしていくと、

花椒の『しびれ』の無限の魅力に虜になるはずです。

 

花椒はミカン科の植物で、高級な漢方として使用されていることから

消化器官の改善や美容の効果まで、健康によいとされています。

 

現在は効能が知られ始め、

世界的ニーズも高まり花椒の価格も高まっている

と生産者から聞いております。

 

出野さんにとって、四川料理とは何でしょうか?

 

『無限の魅力を持つ原石』です。

 

四川から日本に広まることで、

175°担担麺と同じく幸せになる人が増えるはずです。

 

175°は 使命感を持ち、175°のエッセンスを加え広めていきます。

 

アメリカ、台湾にも出店するとのことですが、今後の展開を教えてください。

 

2050年に世界3500店舗出店することを目標にしております。

 

ただ店舗数を増やすのではなく、一店舗一店舗満席で

地域に愛されるお店をつくる為に会社としての土台を作っていきます。

 

読者へのメッセージ

 

まだまだ経営者としても料理人としても未熟で、

四川料理に対する知識もまだまだですが、

 

担担麺づくりに対する気持ちには誰にも負けないと自負しております。

 

ぜひ一度175°DENO担担麺に来店して175°体験いただきたい。

 

そして、共鳴していただける方との輪を

『おいしい四川』を通して広げていきたいと思っています。

 

お会いする機会がありましたらぜひご挨拶させてください!

 

175°DENO担担麺 お店情報

img_01

WEBサイト:http://www.175.co.jp/

facebook:https://www.facebook.com/denotantanmen

 

175°DENO担担麺(本店)
住所 〒060-0061 北海道 札幌市中央区南1条西6丁目20 KYビル1F
営業時間 月-金:11:30~15:00、17:30~21:00

土:11:30~15:30

電話番号 011-777-1177
175°DENO担担麺(駅前通店)
住所 〒060-0002 北海道 札幌市中央区 北2条西3丁目1-12 敷島ビル B1F
営業時間 月-金:11:30~15:00、17:30~21:00

土:11:30~15:30

電話番号 011-211-4157
175°DENO担担麺(札幌北口店)
住所 〒060-0007 北海道 札幌市北区 北7条西4丁目1-1 東カン札幌ビル1F
営業時間 火-土:10:30~22:00

日・祝:10:30~16:00

電話番号 011-769-0334

 

最後に

 

アメリカ、台湾などの海外進出、2050年に世界3500店舗出店…

 

素晴らしく大きな目標です!

こういう大きな目標を聞くとワクワクしてきて、応援したくなります。

 

一体どうやってこの目標を達成していくのか、

おいしい四川でも「175°DENO担担麺」を追いかけていく予定です。

 

 

日本初の四川料理フェスティバル開催!

四川料理フェス

このたび開催される「四川フェス」は、近年本格的な味を求める市場の流れを受け、料理人、食材・調味料メーカー、四川料理の刺激的な味に魅了された美食家など、四川料理を愛する人々が集う、食を中心とした祭典となります。

また、四川料理以外にも、四川省伝統芸能「変面」などの舞台コンテンツや、ANAで行く四川省成都への直行便・エコノミークラスチケットをプレゼントする抽選会も開催。日本初の“痺れる”イベントとしてぜひご注目ください。

四川料理情報を発信する無料メルマガ

四川料理の仲間を募集

麻辣連盟 | 四川料理を愛する仲間たち

四川料理を愛し中華料理が大好き!麻辣党では普段日本で食べられている四川料理ではなく、本場の料理を皆で食べる食事会を中華料理店とコラボして、全国で開催します。食の好奇心に刺激され、まだ見ぬ大陸の味を日本で食しましょう!参加される方は入党ください!

麻辣連盟についてはこちらから

【出版】四川省・成都を中心にした食べ歩き旅行の決定版

SNSでも発信しています!

おいしい四川公式ページ

ツイッター開設しました

取材してきた四川料理画像を公開中

ご案内

人気記事まとめ

  1. 【jiubar(ジュウバー)】この春、神楽坂にオープンする新店が「四川フェス」にやってくる!
  2. 成都旅行が初めての方!絶対食べるべき5つの四川料理
  3. 一度は行ってみたい!本店「陳麻婆豆腐」100年以上の老舗
  4. 2万人以上の四川料理ファンが集まり全店舗完売!日本初の四川フェスは大成功!
  5. 中国では餃子が主食!一番ベストな餃子の食べ方とは?

おいしい四川運営者について

辛い料理と食べ歩きを愛している方に、日本にはない本場の料理を食べるチャンスを提供する「四川料理の専門家・麻辣連盟総裁」の中川正道です
お気軽に友達申請ください。申請時は一言お願いします!



自分の人生を生きる、ワクワクする仕事を

中川正道、1978年島根県生まれ。好きなことをするため、2012年に独立。0からWEBデザインを勉強し、現在はフリーのデザイナーとして世界中の企業・お店のサイトやロゴ等をてがける。毎日四川料理を作るほどの四川料理マニア。Allabout公認四川ガイド。

特技、デザインと中国語。三国志、水滸伝などの歴史小説好き。熱いアニメ「宇宙兄弟」が大好き。ビール党、自然派ワイン好き。 http://masamichi-design.com/